辻谷耕史(声優)はガンダム以外にどんな役を演じた?代表作は?妻や子供は誰?

スポンサードリンク







2018年10月、声優の辻谷耕史さんが脳梗塞でお亡くなりになられていたことがわかりました。

辻谷耕史さんは

『ガンダムF91』のシーブック役

『ガンダム0080』のバーニィ役

など、多くの声を演じて知られる日本の人気声優さんのひとり。

ガンダムの主題歌を歌った守口博子さんも追悼のコメントを発表。

辻谷耕史さんの代表作は、「機動戦士ガンダムF91」の主役シーブック・アノー役。

もちろん、ガンダムの主演以外にもいくつもの代表作があります。

辻谷耕史さんの経歴(プロフィール)

辻谷耕史さんは1962年(昭37)4月26日東京・小平市生まれ。

1988年(昭63)年にアニメの声優を始め、

1989年「ガンダム0080」のバーナード・ワイズマン役、

1993年「無責任艦長タイラー」の主人公ジャスティ・ウエキ・タイラー少佐役、

2000年「犬夜叉」の弥勒役など、人気作品の中心的な役を数多く演じた。

洋画の吹き替えや、テレビのナレーション業も多数務めました。

近年では音響監督としても活躍。

落合博満氏の長男で声優の落合福嗣が主演するアニメ「グラゼニ」では、音響監督を務めるなど演出、プロデュース業に軸足を置き、精力的に活動していました。

しかし、2018年10月17日に自宅で突然倒れ、そのまま急逝(56歳没)

辻谷耕史の代表作まとめ

辻谷耕史さんの代表作は、「機動戦士ガンダムF91」の主役シーブック・アノー役。

もちろん、ガンダムの主演以外にもいくつもの代表作があります。

一部のみですがご紹介しますね。

「ガンダム0080」のバーナード・ワイズマン役(1989年)

「機動戦士ガンダムF91」の主役シーブック・アノー役(1991年)

「無責任艦長タイラー」主人公ジャスティ・ウエキ・タイラー少佐役(1993年)

「犬夜叉」 弥勒役(2000年)

『名探偵コナン』の赤木英雄(ヒデ)役

「グラン・ブルー完全版」のジャック・マイヨール役(洋画の吹き替)

TBS系「スーパーサッカー」(ナレーション)

この他にも多数の代表作があります。

辻谷耕史さんの妻や子供は?

辻谷耕史さんの妻は、声優の渡辺久美子さん。

結婚は今から6年前の2012年。

その時共演していたアニメにあやかり「犬夜叉婚」とも言われ声優ファンの間で話題になりました。

辻谷耕史さんが50歳、47歳のときの結婚(熟年婚)なので

おそらくお子さんはいらっしゃらないと思います。

まとめ

ガンダム以外にも多くの代表作をお持ちの辻谷耕史さん。

洋画吹き替えやナレーションでも活躍していたので、きっとお声を聞いたことのない方のほうが少ないかもしれません。

声優として多くの人を魅了し続けてきた辻谷耕史さん。

辻谷耕史さんの突然の訃報にネット上では

早すぎる

信じられない!

ウソでしょ・・

という悲しみの声が絶えることがありません。

ご冥福をお祈りします・・

スポンサードリンク