高山一実のトラペジウムの意味は?帯コメントの作家は誰?川村元気朝井リョウ絶賛!

スポンサードリンク







乃木坂46高山一実さんの小説家デビューが決定しました。

11月28日に著書「トラペジウム」(KADOKAWA)を発売。

グループ初の小説家が誕生することになります。

デビュー作の、

トラペジウム

とはどんな意味なのでしょう?

著名作家も絶賛の実力なのだそう。

高山一実さんのデビュー作

『トラペジウム』についてまとめました。

高山一実のトラペジウムの意味は何?

高山一実さんのデビュー作

『トラペジウム』は

雑誌「ダ・ヴィンチ」に16年5月号から今年9月号まで連載した、

アイドルを目指す少女の10年間を描いた青春小説。

単行本化にあたり、大幅に加筆修正したそうです。

『トラペジウム』の意味は

「不等辺四角形」=どの二つの辺も平行でない四角形

オリオン座の中にある四重星のこともトラベジウムと呼ぶのだそう。

現役トップアイドルが、

「アイドルを目指す、ある女の子の10年間」についてつづった本格長編小説ということで

アイドルを目指すまでの10年間のことを

「不等辺四角形」と表現しているのかもしれませんね。

著名人も絶賛!

高山一実さんのデビュー作

『トラペジウム』は

著名な作家のみなさんも絶賛しています。

芥川賞作家の中村文則氏は「これは一つの青春の終わりから、次の青春へ向かう物語」

羽田圭介氏も「読み始めてすぐ、油断ならない小説だと感じた。これをいきなり書けるのはすごい」などと帯にコメントを寄せています。

他に

君の名は。』プロデューサーで小説家、川村元気さん

「桐島、部活やめるってよ。」の朝井リョウさんも

「トラペジウム」の構想について高山一実さんから相談されたようで

「興味深い」と評価しています。

感想や評価は?

雑誌「ダ・ヴィンチ」での連載を読んだ方からの感想のコメントです。

高山一実のトラペジウムの意味は?帯コメントの作家は誰?川村元気朝井リョウ絶賛!まとめ

高山一実さんのデビュー作

『トラペジウム』は

著名な作家の方からも高く評価されている作品のようです。

現役のアイドルが書いた

アイドルを目指す女の子の10年の物語・・

リアリティがあって面白そうですね。

最後までお読みくださりありがとうございます。

スポンサードリンク