山崎翔一の父親は精神科の医師?裏アカウント発覚後も議員を辞職しない理由は?

10月28日の青森市議会議員選挙で初当選した山崎翔一氏が

11月5日に記者会見。

山崎翔一氏自身のツイッターで(匿名のアカウント)で

高齢者や性的マイノリティーの人をさげすむような書き込みをしていたことについて

「不快な思いをさせた」と謝罪し、議員は務める意向を示しました。

スポンサードリンク







山崎翔一(青森市議)の経歴は?

山崎翔一(やまざきしょういち)青森市議の経歴

生年月日:平成2年生まれ(1991年)

年齢:28歳

佃保育園

佃小学校

佃中学校

青森戸山高校

仙台河合塾

早稲田大学創造理工学部環境資源学科

ITエンジニア(フリーランス?との報道も)

山崎翔一(青森市議)は、私大最難関の早稲田大学を卒業していて

しかも理系の学部です。

学業成績はかなり優秀ということがわかりますね。

私立の最難関の理系に進むということは

それなりに教育にお金をかけることのできる裕福な家庭か

両親も高学歴なのかな?と思いました。

山崎翔一の父親は精神科の医師?

Twitterを見ていると

山崎翔一氏の父親は精神科の医師であるという書き込みがありました。

山崎翔一氏の父親は、精神障害専門医で病院の医院長らしいのです。

アルコール依存症やうつ病を担当しているという情報もあります。

また、山崎氏の父親が選挙告示前から、選挙活動をしていたのでは?という投稿もありました。

山崎翔一(青森市議)謝罪会見後も辞職しない?理由は?

山崎翔一(青森市議)は11月5日の記者会見で

11月26日に任期が始まる議員の職について

「『失望した』という声も多く受けたが、投稿で傷つけてしまった高齢者や性的マイノリティーの人たちについての知識を深め、

市政に反映させていきたい。

職務を全うすることで、支持者の思いに報いたい」と述べ、議員を務める意向を示しました。

山崎翔一の父親は精神科の医師?裏アカウント発覚後も議員を辞職しない理由は?まとめ

山崎翔一(青森市議)はの任期は4年間。

この間に、きちんと職務を果たして結果を出すことができるのでしょうか?

議員活動を続けるにしても

かなり厳しい目が向けられるでしょうね。

スポンサードリンク







2 件のコメント

  • 折角君の若さと行動力に投票したのに裏でこんなことをしているなんて、議員を辞退し、これからの4年間市民のため大分県のスパーボランテアのようにゴミ拾いなどのボランテァ活動することが市民に認められ次の選挙で議員になれると思います。でも私の一票を無駄にした貴方は許せません。

  • 今日現在まで辞職せずのうのうと任期を全うしようとは・・・呆れた奴。このまま議員で居るという事は青森市の汚点で人生を送ろうとしている事だね。悪い事は言いません、 今からでも辞職し立ち遅れている青森市行政のため、一市民として5年10年は活動し再出発しなさいね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です