新谷仁美が東日本女子駅伝で速すぎで半端ない!現役引退後復帰?プロフィールや記録も!

2018年11月11日に開催された

東日本女子駅伝で

東京チームのアンカーを務めた新谷仁美選手が速すぎる!飛ばしすぎて半端ないと話題です。

どんな選手なのでしょうか?

スポンサードリンク







新谷仁美が東日本女子駅伝で速すぎで半端ない!

2018年11月11日に開催された

東日本女子駅伝で

東京チームのアンカーを務めた新谷仁美選手が速すぎる!

半端ない速さで飛ばしてると話題になっています。

新谷仁美 プロフィール

生年月日:1988年2月26日

年齢:30歳

出身:岡山県総社市

経歴:総社東中学校→興譲館高校→豊田自動織機

高校時代2005年の世界ユースで3000mで3位

全国高校駅伝ではエース区間の第1区で日本人では初の3年連続で区間賞を獲得しています。

2005年『晴れの国おかやま国体』3000mで優勝

2007の東京マラソン優勝

2012年ロンドン五輪で10000mで9位

2013年モスクワ世界陸上5位

2014年25歳の若さで引退

2018年

4年ぶり現役復帰 東京五輪目指すことが明らかになりました。

新谷仁美 ベスト記録

1500m:4分22秒75(2005年6月 岡山県選手権)

3000m:9分08秒86(2005年6月 中国高校総体)

5000m:15分10秒20(2012年8月 ロンドンオリンピック)

10000m:30分56秒70 (2013年8月 世界陸上モスクワ大会)

ハーフマラソン :1時間11分41秒(2008年3月 まつえレディースハーフマラソン)

マラソン:2時間30分58秒(2009年3月 名古屋国際女子マラソン)

出典 Wikipedia

新谷仁美選手はどんな人?

テレビやメディアに露出する際はとてもテンションが高く、

「ジョブチューン」に出演した時は、「世界陸上は婚活が理由で出ました。

テレビに顔が映るように、2位で走っていた時は1位の選手の横に少しずれて走っていました」、「金メダルより彼氏が欲しい」などと発言し

「芸人よりもリアクションがすごい」と言われたのだそう。

元なでしこ丸山さんみたいな感じですね(笑)

明るいキャラクタ−でテレビに出演したら一気に人気になりそう!

東日本女子駅伝優勝 東京都 アンカー勝負を制したのは新谷仁美さん

新谷仁美さんがアンカー勝負を制して見事東京チームが優勝しましたね!

スポンサードリンク