読売グループが緊急幹部会議を開催?ナベツネ(渡辺恒雄)死去説で原監督が帰京?

スポンサードリンク







読売新聞グループ本社代表取締役主筆の渡邉恒雄氏の死亡説が昨晩からネット上に流れ、

Yahoo!のランキングでも「渡辺恒雄」がトレンドキーワードに入っていますね。

ナベツネ(渡辺恒雄)死去説の情報源は

ジャーナリストの菅野完氏の有料メルマガ?(昨夜に配信)とも言われています。

ジャーナリストの菅野完氏は、森友学園問題で有名になったお方ですね・・

しかも、

菅野氏によると、その情報は八割間違いなしとも・・

ジャーナリストの田中稔氏も11月17日に

〈昨晩、渡辺恒雄氏が亡くなったとみられる。読売は安倍総理の帰国まで公表したくないようでなかなか認めないが、各社、予定稿準備しているとの情報。〉

と投稿しました。

しかし新聞やテレビはいまだ一切ナベツネ(渡辺恒雄)死去説に触れてはいません。

16時半頃から夕方のニュースなどがテレビで報じられていますが・・

全く報道がありませんね。

そんな中で新たな動きがあったようです。

「読売本社で緊急のグループ幹部会議情報。」

話が広がり、各社、取材に動きはじめた。裏は取れていない。

一方で健在を裏付ける具体的な情報もない。各社、裏取り取材に走り回っているという状況」

とのことです・・

ナベツネ(渡辺恒雄氏) の死去説の真偽はどうなっているのでしょうか?

読売グループが緊急幹部会議を開催?

昨日、読売本社で緊急のグループ幹部会議がおこなわれたという情報があるのだそう。

そこから“ナベツネに何かあったのでは”という話が広がり、

各社が取材に動いているようです。

ただし、現在は緊急幹部会が開かれたという話以上の情報がなく、まだ裏は取れていないのだそう。

一方で健在を裏付ける具体的な情報も取れていません。

ナベツネ(渡辺恒雄氏) は高齢で体調が悪かった?

ナベツネ(渡辺恒雄氏)は92歳とかなりの高齢です。

今年8月中旬、自宅で転倒して頸椎の一部を骨折して入院。

8月20日に読売新聞社が入院の事実を公表。

容態については

「一時はもち直して一般病棟に移されたものの、18日になって容態が急変し、ふたたび集中治療室に入っている」

という関係者のコメントが

週刊誌に掲載されました。

その後も退院したという発表もなく、

ナベツネ(渡辺恒雄氏)は表に姿を見せていません。

しかも、ナベツネ(渡辺恒雄氏)といえば、

政界だけでなく巨人軍に大きな動きがあると必ず取材に応じ、コメントを出してたイメージが強いですよね。

しかし、2018年秋以降の高橋由伸監督の辞任、

原辰徳監督の就任に至る過程でも、コメントなどが発表されたという報道がありませんでしたね・・

やはり体調(容態)がかなり悪いのではないか・・と思われますね。

原監督が宮崎のキャンプから急に帰京した?

昨日(11月16日)になって、

読売ジャイアンツの原辰徳監督が秋季キャンプ地の宮崎県から選手たちを残して

「所用のため」

として一足先に帰京したという情報もあります。

「原監督が急に東京に帰ってきたということは、

やはりナベツネに何かあったのでは」

と憶測に拍車をかけているようですね。

読売グループが緊急幹部会議を開催?ナベツネ(渡辺恒雄)死去説で原監督が帰京?まとめ

読売グループが緊急幹部会議を開催ということで、

読売グループに重大な異変が起きているのは間違いないのでは?と言われています。

ただ、現段階では情報の真偽について判断できる状態ではなく、

ナベツネ(渡辺恒雄氏)の身に何があったのかについては

ネットの憶測やTwitterに拡散されている真偽がわからない情報ばかりです・・

夕方のニュースでも、

テレビはいまだ一切、ナベツネ(渡辺恒雄)死去説に触れていません。

また何か新たな情報が入り次第追記します。

スポンサードリンク