相馬崇史(筑波大)の身長体重や出身中学高校は?箱根5区でリベンジ!

スポンサードリンク







2019年の第95回箱根駅伝まであとわずか!

2019年はいつになく注目を集めているのが、関東学生連合チーム!

東学生連合チームは箱根駅伝に出場するチームの中で、

箱根駅伝予選会のタイムでは4位相当の実力のあるチームです。

関東学生連合チームは原則として

箱根駅伝予選会で出場権を得られなかった大学の中から、

予選会で個人成績が優秀な選手が選抜されて構成されたチームです。

今回は、関東学生連合の4区にエントリーされた長野県出身の相馬崇史選手(筑波大2年)についてご紹介します!

相馬崇史選手(筑波大)のプロフィール

相馬 崇史(そうま・たかし) 

筑波大体育専門学群・2年

生年月日:1998年4月17日

身長・体重:160センチ、47キロ

出身地:長野・松本市

出身高:佐久長聖

過去の箱根駅伝成績:不出場

抱負:前回は直前のけがにより欠場。リベンジの走りをしたいと思います

1万メートル自己ベスト記録:29分27秒77

相馬崇史選手(筑波大)は長野県松本市出身。

2018年の長野県市町村対抗駅伝では松本市の選手として力走しました。

相馬崇史選手(筑波大)ってどんな選手?箱根5区でリベンジ?

相馬崇史選手(筑波大)は、実は前回の箱根駅伝で1年生ながら関東学生連合の5区に予定されていました。

しかし、前回大会は故障で欠場。

2019年の箱根駅伝は相馬崇史選手(筑波大)にとって雪辱戦となります!

前回大会は東大の近藤秀一選手もインフルエンザで欠場をしてしまいましたよね。

2019年大会こそは!

近藤秀一選手と共に箱根を駆け抜けてほしいです。

相馬崇史選手(筑波大)は箱根駅伝予選会67位という成績で関東学生連合チームに選出されました。

相馬崇史選手(筑波大)の出身中学高校は?

相馬崇史選手(筑波大)の出身中学は、

信州大学附属松本中学校。

高校は佐久長聖高校に進学。

佐久長聖高校といえば・・

全国から超高校生級の選手が集まることで知られていますね。

マラソンの日本記録保持者である大迫傑選手も佐久長聖の出身です。

大迫選手も東京から佐久長聖に進学したのですよね。

また、同じ長野県出身の早稲田大学のスーパールーキーの中谷雄飛選手は

相馬崇史選手(筑波大)の1学年後輩になりますね!

箱根駅伝で佐久長聖高校時代のチームメイト、先輩後輩と再会するのも楽しみですね!

相馬崇史(筑波大)の身長体重や出身中学高校は?箱根5区でリベンジ!まとめ

相馬崇史選手(筑波大)は、実は前回の箱根駅伝で1年生ながら関東学生連合の5区に予定されていました。

しかし、前回大会は故障で欠場。

2019年の箱根駅伝は相馬崇史選手(筑波大)にとって雪辱戦となります!

出身高校はマラソン日本記録保持者である大迫傑選手をはじめ

数々の箱根ランナーを輩出した、全国的に有名な佐久長聖高校!

相馬崇史選手(筑波大)の箱根5区での、昨年のリベンジの走りに注目です!

スポンサードリンク