久野倫太郎(いだてん子役)の身長や年齢と家族は?演技経験なしでなぜ抜擢?

スポンサードリンク







2019年の大河ドラマ

「いだてん」

ついに第1話が放送されて

クドカンワールドが炸裂してましたね!

宮藤官九郎さん脚本のドラマって

キャスティングにも注目なんですが

2話に登場する、主人公金栗四三の子供時代の役を演じるのは

なんと・・!

演技経験ゼロの素人、久野倫太郎くんです。

久野倫太郎(いだてん子役)の身長や年齢と家族は?

いだてんの2話に登場する、子役の久野倫太郎(ひさのりんたろう)くん。

日本人初のオリンピック選手となった主人公、金栗四三の熊本での少年時代を演じます。

子役オーディションは全国に呼び掛けて1500人規模で行われ、

選ばれたのは地元の小学2年生、久野倫太郎くんでした。

久野倫太郎くんのプロフィールは以下の通りです。

久野倫太郎(ひさのりんたろう)

2010年11月21日生まれ 現在8歳

(撮影の時にはまだ7歳)

熊本県在住の小学校2年生

熊本県出身

身長は120cm

事務所はアクティブハカタに所属

特技は絵を描くこと・和太鼓

金栗四三(中村勘九郎)の子供時代を演じる子役は久野倫太郎くん。

ご家族やご兄弟については詳細な情報がありませんでしたが

おばあちゃんがいらっしゃるそうで

オーディションには祖母が応募したのだそう。

現在8歳のりんたろうくんのおばあちゃんだから、

おそらく60代くらいで大河ドラマ大好きな世代なのでは?と思います。

りんたろうくんというお名前もキュートですね。

年齢は現在8歳

小学校の2年生です。

ドラマ撮影は2018年春に行われているため当時は7歳。

久野倫太郎くんは、橋本環奈ちゃんと同じ”アクティブハカタ”という芸能事務所に所属しています。

久野倫太郎(いだてん子役)はなぜ演技経験ナシで金栗四三(中村勘九郎)の子供時代に抜擢されたの?

久野倫太郎くんは(いだてん子役)はなぜ演技経験ナシで

金栗四三(中村勘九郎)の子供時代に抜擢されたのでしょうか?

久野倫太郎くんは、いがぐり坊主の髪型がかわいいですよね!

金栗四三という歴史上の人物の子役時代を演じるので

あまりにも顔立ちが現代風だったり

ハーフのような目鼻立ちだと違和感がありますが・・

久野倫太郎くんは本当に昔の映像に出てくる日本の子供!って感じがしますよね。

演技経験がゼロの久野倫太郎くんですが

そんなところを含めて、チーフ演出さんが、久野倫太郎くんの魅力に惹かれ

金栗四三の子供時代の子役として抜擢された大きな理由みたいですよ!

オーディションには自分ではなく祖母が応募したという久野倫太郎くん。

オーディションの時に

「『自分の意思で来たの?』と聞いたら『違います』と答えた」とそう。

いだてんのチーフ演出を務める井上剛氏は久野倫太郎くんについて、

「主人公が持っている独特の田舎もんな感じというか、

何色にも染まっていない人がやっと最後に見つかった。

シロウトさんだけどまあいいか、と。

地元の子であったことも大きい」と

久野倫太郎くんを抜擢した理由を述べています。

久野倫太郎くんは撮影のときにはまだ7歳で漢字が読めないため台本も渡さず、

「こんなお話だよ」と導きながら撮影したそうです。

「山道をわざと暗い道へ誘ったら素で泣きだしたり、新鮮な部分に大人の俳優も刺激された」

のだそう。

台本がなくドキュメンタリーみたいな感じで撮影が進んだようですね。

そういえば、子役の自然な魅力を引き出すことに長けている映画監督の是枝裕和さんも

子役には台本を渡さない、と以前おっしゃっていました。

いきなり子役デビューとなった久野くんの存在は、

【熊本で健康のために走っていたらいきなりオリンピックに連れて行かれることになった】

主人公のキャラクターに重なるんですね!

久野倫太郎(いだてん子役)の身長や年齢と家族は?演技経験なしでなぜ抜擢?まとめ

1月13日に放送されるNHK大河ドラマ

「いだてん~東京オリムピック噺~」第2話で、

主人公金栗四三(中村勘九郎)の幼少期を演じる子役に、演技経験ゼロの8歳、

久野倫太郎くんが起用されました。

演技経験ゼロの久野倫太郎くんは

「何色にも染まっていない」

「ヘタな子が出てくる落差がいい」

という理由から大抜擢!

演技経験ゼロの8歳が演じる主人公金栗四三(中村勘九郎)の子供時代

どんな演技なのか・・

楽しみですね!

スポンサードリンク