古市憲寿の平成くん、さようならはなぜ安楽死がテーマ?芥川賞受賞の可能性も!

スポンサードリンク







“炎上”発言で知られる社会学者・古市憲寿氏の小説

「平成くん、さようなら」が、

第160回芥川賞の候補作に選出されたことで話題になっていますね!

ワイドナショーや

『とくダネ!』など

今やテレビで見ない日はない?!というほど人気者の

社会学者・古市憲寿さん。

芥川賞を受賞して「大先生」になられるのでしょうか?

古市憲寿の「平成くん、さようなら」は安楽死がテーマ?

古市氏にとって初めての小説『平成くん、さようなら』は、

安楽死をテーマにして、

生きることの意味を問い直す内容となっています。

主人公は、平成を象徴する人物としてメディアに取り上げられ、現代的な生活を送る『平成くん』。

『平成くん』合理的でクール、性的な接触を好まないという人物として描かれています。

ところがある日、平成の終わりと共に安楽死をしたいと恋人の“愛”に告げます。

この主人公『平成くん』は古市氏を擬人化したものでは?と言われていて

彼の思いや実体験がそのまま反映されているようです。

古市憲寿が初小説で「安楽死」に挑んだ理由は?

古市憲寿さんは初小説の「平成くん、さようなら」で

「安楽死」に挑んだ理由について

「なんで死を自分で決められないんだろう」という疑問があったと述べています。

「選択肢として自分で死を決められる時代」になってもいいのでは?

という思いから

「安楽死」をテーマに

初小説の「平成くん、さようなら」を書き上げたそうです。

古市憲寿さんの芥川賞受賞の可能性はあるの?

古市憲寿さんの初小説「平成くん、さようなら」

ですが・・

ズバリ!

芥川賞受賞の可能性は?!あるのでしょうか?

実は古市憲寿さんの芥川賞受賞の可能性はかなり高いといわれています。

権威のある芥川賞ですが、近年は出版不況の影響で売上重視の傾向を強めています。

2015年、第153回芥川賞にピース又吉直樹さんの『火花』が受賞し、

253万部(単行本のみ)を記録したことは記憶に新しいですよね?

つまり・・メディア露出している人が好まれているのではないかといわれています。

確かに、もしもテレビに多く出演して話題になっている古市憲寿さんが芥川賞を受賞すれば

「あの古市さんが小説?!」

「どんな小説なの?!テーマは安楽死?」など

大きな話題となり、本の売上もかなり伸びそうですね!

芥川賞の選出対象となる作家は、かつては「無名あるいは新人作家」に限られていたのだそう。

だが最近は、すでにキャリアを重ねている作家が受賞することも珍しくなく、新人の登竜門ではないようです。

古市憲寿の平成くん、さようならはなぜ安楽死がテーマ?芥川賞受賞の可能性も!まとめ

“炎上”発言で知られる社会学者・古市憲寿氏の小説

「平成くん、さようなら」が、

第160回芥川賞の候補作に選出されたことで話題に!

すでに芥川賞確実という声も多く

2015年、第153回芥川賞にピース又吉直樹さんの『火花』が受賞した時のように・・

古市憲寿氏が芥川賞を

本当に受賞すればかなり大きな話題になりそうですね!

スポンサードリンク