高山羽根子(芥川賞候補)の経歴や出身や大学は?居た場所の内容や感想も!

スポンサードリンク







2018年12月17日、日本文学振興会が選ぶ「第160回芥川龍之介賞」候補作品に、

高山羽根子さんの『居た場所』(「文藝」冬季号掲載)が選ばれました。

2019年1月16日に、選考結果が発表されます。

高山羽根子さん・・

おそらくペンネームだとは思うんですが

なんだかとってもユニークなお名前ですよね!

今回芥川賞の候補になったことで

高山羽根子さんのことをはじめて知った!

という方も多いのでは?

高山羽根子さんとはどんな作家なのでしょうか?

高山羽根子(芥川賞候補)の経歴や出身や大学は?

高山羽根子さんのお名前は

たかやまはねこ と読みます。

1975年生まれなので現在は43歳か44歳になられていますね。

高山羽根子さんの出身地は富山県です。

高山羽根子さんの出身大学を聞いてちょっとビックリ!

作家さんなのに美術大学を卒業しているんです。

高山羽根子さんは2001年(今から18年前に)

多摩美術大学美術学部絵画学科を卒業しています。

大学時代は日本画を専攻していたようです。

高山羽根子さんは25歳の時に大学を卒業しています。

高山羽根子(芥川賞候補)の作家としての経歴は?

高山羽根子さん(芥川賞候補)の作家としての経歴につては以下の通りです。

2001年に多摩美術大学美術学部絵画学科を卒業した高山羽根子さん。

デビューは2009年の時なので

30代になられてからの作家デビューで

2019年でちょうどデビュー10周年になるんですね!

2009年、「うどん キツネつきの」で第1回創元SF短編賞(選考委員:大森望・日下三蔵・山田正紀)佳作を受賞

アンソロジー『原色の想像力』(創元SF文庫)に収録されデビュー。

2014年、短編集『うどん キツネつきの』を刊行。

2015年、短編「おやすみラジオ」が第46回星雲賞(日本短編部門)参考候補作に選出される。

2015年短編集『うどん キツネつきの』が第36回日本SF大賞最終候補に選出される。

2016年、「太陽の側の島」で第2回林芙美子文学賞(選考委員:井上荒野・角田光代・川上未映子)大賞を受賞。

2019年、「居た場所」で第160回芥川龍之介賞候補。

芥川龍之介賞候補作、高山羽根子さんの『居た場所』はどんな作品?

「芥川龍之介賞」候補作、高山羽根子さんの『居た場所』は、

かつて実習留学生としてやってきた私の妻・小翠(シャオツイ)が主要な登場人物。

表示されない海沿いの街の地図を片手に

「私」と彼女の旅が始まる。

記憶と存在の不確かさを描き出す・・

というストーリーです。

すでに高山羽根子さんの『居た場所』を読んだという方からの感想を調べてみました。

高山羽根子(芥川賞候補)の経歴や出身や大学は?居た場所の内容や感想も!まとめ

美大(多摩美術大学)を卒業し作家としてデビューした高山羽根子さん。

高山羽根子さんの『居た場所』は芥川賞に選ばれるのでしょうか?

発表が楽しみですね!

スポンサードリンク