バンクシーの絵が発見されたのは東京のどこの駅?撤去で小池百合子都知事が炎上?

スポンサードリンク







世界各地に神出鬼没に現れ、

壁や路上に社会風刺的な絵を残す英国の覆面アーティスト

バンクシーの筆致とよく似た絵が東京都内で見つかったことが話題になってますね!

本当に本当にあのバンクシーの作品なんでしょうか?!

バンクシーは覆面画家として活動されているので

正体は明らかになっていません。

もしかしたら本当に日本に来て・・

なんて妄想してしまいますよね?

都はすでに防潮扉を撤去して絵を保存、今後、鑑定作業を進めるということで

バンクシーの絵が発見された場所に行っても実物は見ることができないのですが・・

都内の駅で発見されたというのでどこの駅なのかも気になりました。

また・・

公共物への落書きに対しての

小池都知事のTwitterに関しては批判的な意見も多く

炎上も・・

本当にバンクシーの絵なのかどうか

まだ真相は闇の中らしいです。

バンクシーの絵が発見されたのは東京のどこの駅?

世界各地に神出鬼没に現れ、壁や路上に社会風刺的な絵を残す英国の覆面アーティスト、

バンクシーの筆致とよく似た絵が東京都内で見つかったことがわかりました。

東京臨海新交通臨海線「ゆりかもめ」の日の出駅(港区)近くにある、都所有の防潮扉に描かれていたそうです。

日の出駅は、東京都港区海岸二丁目にある東京臨海新交通臨海線の駅です。

都はすでに防潮扉を撤去して絵を保存、今後、鑑定作業を進めています。

絵は縦1メートル、横50センチほどのスペースで見つかり、

傘を差したネズミが空を見上げるようなポーズを取っています。

都によると、防潮扉に絵が描かれていることは、約10年前から職員が把握していたそうです。

10年前・・

2009年頃ですね。

昨年12月末に都民から

「バンクシーの作品に似ている」との情報提供があり、

1月16日に保存のため防潮扉を撤去し保存。

SNS(上などでバンクシー本人による“犯行声明”は確認されていないそうです。

バンクシーの絵の撤去とTwitterで小池百合子都知事が炎上?

「あのバンクシーの作品かもしれないカワイイねずみの絵が都内にありました! 東京への贈り物かも? カバンを持っているようです」

という小池百合子東京都知事のTwitterのコメントに関しては・・・

【器物破損行為を東京都が肯定したことになる】

という批判的な声が相次ぎ炎上してしまってるようです。

器物破損を許すことにもなりかねないですし、

落書き行為は平等に器物破損行為ですからね・・

小池百合子都知事はバンクシーらしき落書きと記念撮影してご機嫌のようですが、、

そもそも公共のものに落書きしたことを都知事が認めているということは、

「街に落書きをする」という器物破損行為を東京都が肯定しているようなものですよね。

しかも、バンクシーの落書きが

バンクシー自身によるものなのかもまだわかってないですしね。

落書きがバンクシーの作品である可能性もあるの?

英国の覆面アーティスト、バンクシー(Banksy)の作品とおぼしいネズミの絵が都内のゆりかもめ

「日の出駅」付近で見つかり、

都は今後作品が本物かどうか調査する意向を示しています。

都は本当にバンクシーの作品か見極めたい意向なのですが、

国内に鑑定できる専門家がいるのかどうかもわからないといい、今後調査方法について話し合う予定だそうです。

都職員によると、日の出駅近くにある防潮扉の一部に傘を持ったネズミがスプレーで描かれているのが発見され、

バンクシーの作品である可能性もあるそうです!

Twitterで、バンクシーの絵が【本物】だと思うという方の投稿を探していたらこんな書き込みも発見!

バンクシーの絵が発見されたのは東京のどこの駅?撤去で小池百合子都知事が炎上?まとめ

東京への贈り物かも?

と東京都知事の小池百合子さんがTwitterで思わず一緒に写真撮影した

英国の覆面アーティスト、バンクシー(Banksy)の作品とおぼしいネズミの絵。

都知事が【贈り物】って言ってるくらだから

落書きじゃなく、本当にバンクシーが書いたと思いたくなってしまいます。

都は今後作品が本物かどうか調査する意向を示しているので

今後何か発表があるかもしれません!

ただし、扉を取り外す作業を行い、現在は倉庫に保管されてしまっていますので

ゆりかもめの日の出駅付近にいっても実物は見ることができませんのでご注意を!

スポンサードリンク