尾畠春夫さんの現在地や徒歩での大分到着はいつ?1日の移動距離や今後の活動は?

スポンサードリンク







2018年の8月に山口県で行方不明の男児を救出した大分県日出町の

“スーパーボランティア”尾畠春夫さんが

東京都練馬区の貫井中学校で講演をしました。

1月18日(金曜日)に練馬区で公演した尾畠春夫さんは

1月18日は都内に宿泊して

その後は大分の自宅までのおよそ1320kmの道のりを

【徒歩】で

帰宅するそうです。

しかも、これからの行程は全て野宿と・・

79歳という年齢を考えると

本当に大丈夫なの?!

って思っちゃうのですが・・

“スーパーボランティア”尾畠春夫さんですからね・・

きっと無事に大分まで到着してくれると思いますが

無理をしないでほしいとも思ってしまいます。

東京から大分までの1320キロを徒歩で帰宅するという尾畠春夫さん。

1月19日(土曜日)に東京を出発し

現在地はどこなのか・・

気になりました。

大分に帰宅するのはいつ頃なんでしょう?

今後のボランティア活動についても語られている尾畠春夫さん。

改めて・・

すごい方ですよね〜。

尾畠春夫さんの1日の徒歩での移動距離は?

東京から大分までの1320キロを徒歩で帰宅するという尾畠春夫さん。

1月19日(土曜日)に東京を出発し

現在地は・・

1月21日(月曜日)の午前10時頃には

神奈川県の大和市にいらっしゃるとのことでした。

前日は横浜で野宿をし、

今後は箱根方面に向かわれるのでしょうね。

1月21日月曜日の午後13時頃に

神奈川県の座間市を西に大分へと向かっているようですね。

およそ1日に15kmほどのペースで移動されているらしいです。

人間が1時間に歩ける距離は一般的には時速4kmと言われています。

ただしこれは坂道や信号などを一切無視した距離のみでの計算です。

尾畠春夫さんの場合は、高齢ということもりますしお荷物もあるので

もう少しスローペースになるかもしれませんね。

時速3kmとした場合、尾畠春夫さんは1日に約5時間歩いていると言う感じでしょうか?

とはいっても

途中でお食事されたり休憩されたりもあるでしょうし

テレビの取材や

有名人なので一般の方や小さなお子さんから話しかけられたりして立ち止まることもあるでしょうね。

尾畠春夫さんの現在地は厚木市(1月22日時点)

1月22日お昼頃に、尾畠春夫さんは神奈川県の厚木市を歩いていらっしゃるそうです。

テレ朝『グッド!モーニング』が密着取材をしているみたいですね。

尾畠春夫さんが大分に徒歩で帰宅する到着見込みはいつ?

新たな目標は旅だと語る79歳の

“スーパーボランティア”尾畠春夫さん。

手作りの旗に書き込んだ

「世界のこどもたちの幸福をねがう旅79歳と3ケ月の挑戦」の文字。

大分の自宅までのおよそ1320キロを30日かけて徒歩で帰宅するそうです。

出典 https://www.sponichi.co.jp/society/news/2019/01/19/kiji/20190119s00042000017000c.html

でも・・

1320kmを30日となると

1日に42〜44キロほど歩かないと30日では到着しません。

おそらく徒歩で大分の自宅に帰宅するまで30日以上はかかるのではないでしょうか?

現在の尾畠春夫さんのペースは1日約15km

もしそのペースのままで歩き続けた場合

大分に到着するのは約88日(3ヶ月後)

4月中旬頃になります。

私は1月19日の土曜日の夕方のニュースで

東京から大分まで徒歩で帰宅するという

“スーパーボランティア”尾畠春夫さんの密着取材を見たのですが

その時には

「3月の帰宅を目指す」と語られていたので

今後だんだんと1日の移動距離を長くして、3月中には帰宅されるのではないかと思います!

どうか無事に到着しますように!

スーパーボランティア”尾畠春夫さんの今後の活動は?

尾畠春夫さんは徒歩で大分に到着した後

休むことなく、

【太平洋戦争末期の沖縄戦で多くの人が亡くなったガマ(洞窟)で遺骨収集を行う】

予定だそうです。

「同じ日本人で70年以上眠り続けている。その人たちの遺骨を出してあげたい。長年の夢だった」

と語られています。

2019年もボランティア活動を精力的にされていくのですね。

尾畠さん、東京から大分1320キロ徒歩帰宅に関するネット上の意見は?

大分県日出町の“スーパーボランティア”尾畠春夫さん

まさか本州の東京から1000km以上離れた大分に

【徒歩】で帰るなんて・・

精神力も肉体的にもスゴいとしかいえませんが

ネット上ではどんな意見があるのでしょうか?

尾畠春夫さんの現在地や徒歩での大分到着はいつ?1日の移動距離や今後の活動は?まとめ

東京から大分まで【徒歩】で帰宅する79歳の尾畠春夫さん。

1月21日現在は神奈川県大和市あたりを移動中で

1日の移動距離は15kmペースです。

おそらく3月には大分に到着するのではないでしょうか?

しかも、大分に着いたら休むことなく

次のボランティア活動へ・・

【太平洋戦争末期の沖縄戦で多くの人が亡くなったガマ(洞窟)で遺骨収集を行う】

予定だそうです。

どうか無事に大分に到着しますように。

スポンサードリンク







3 件のコメント

  • 小畑さん頑張っていますね、私も国道をひたすら走り東京から神戸まで車ですけど帰ったことありますけどなかなか野宿となるとほんと心配ですね最近歩道に突っ込む事故が多いしクルマでも野宿していると冬は寒いいし不審者扱いされる渋谷の様な街では道端に腰を下ろして休むのもとがめられるし意外とトイレの出来る場所がないので困ると思いますが頑張って欲しいです、出来ればこの季節なので旅館などに泊まって欲しいですね、朝方は気温がマイナスになるぐらい冷えますから心配です!見かけた方はアドバイスしてあげて欲しいです。ちなみに妻は大分出身です、

  • 野次馬のバカどもが小畑さんの計画をじゃました、写真撮ったり抱き着いたりサインをねだったり、どうして邪魔している事がわからないのか、離れたところからガンバレーだけの声援でいいじゃん、なんて身勝手な野次馬ども。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です