ランパノ・ジェリコ・モリ(茨城大生殺害)の顔画像と勤務先は?結婚し子供も?

茨城県美浦村で2004年1月、

茨城大の女子学生が殺害された事件で、

殺人容疑などで国際手配中のフィリピン国籍の男(33)=当時18歳少年=を、

茨城県警が24日にも逮捕する方針を固めたことが分かりました。

主犯格とみられるランパノ・ジェリコ・モリ被告(37)は17年9月に逮捕、起訴され、

一、二審で無期懲役の判決を受けています。

事件発生から31日で15年。

容疑者3人のうち2人目の逮捕で、県警の捜査は新たな局面を迎えます。

事件当時、被害者の住んでいた阿見町に隣接する土浦市に居住し、

遺体発見現場近くの工場に勤めていた経歴のあるランパノ容疑者。

事件後には結婚し、

フィリピン人の妻や3人の子供もいるそうです・

ランパノ・ジェリコ・モリ(茨城大生殺害)の顔画像と勤務先は?

茨城県美浦(みほ)村で2004年、

茨城大農学部2年の女子学生の遺体が見つかった事件はで

茨城県警は強姦(ごうかん)致死と殺人の容疑で、

フィリピン国籍のランパノ・ジェリコ・モリ容疑者を逮捕し、

共犯として男2人を国際手配しました。

ランパノ・ジェリコ・モリ容疑者は現在37歳です。

2004年の事件後に出入国を繰り返し、

7年ほど前に家族で岐阜県瑞穂市に移り住んできたそうです。

平日は自宅近くの自動車部品メーカーの工場で勤務し、

2017年9月に逮捕されるまでは

部品洗浄などの仕事に従事していました。

ランパノ・ジェリコ・モリ容疑者の勤務先の具体的な会社名まではわかりませんでしたが・・

岐阜県瑞浪市の自動車部品メーカーの工場といえば・・

きっと地元の人は

ああ、あの工場・・というイメージがあるかもしれませんね。

外国人労働者の多い自動車部品メーカーの工場だったかもしれません。

ランパノ・ジェリコ・モリ(茨城大生殺害)は結婚して子供もいる?

ランパノ・ジェリコ・モリ容疑者は、

休日にはフィリピン人の妻や3人の子供らとバーベキューをするなど、

「優しいお父さん」という印象を持っていた隣人も多かったそうです。

2010年頃に家族で岐阜県瑞穂市に移り住んできたということは・・

茨城大生殺害事件を起こしてからも何食わぬ顔で暮らし

結婚し、子供3人という家庭を築いていたと言うことでしょうか?

亡くなられた茨城大学の大学生はまだ若干21歳でした。

被害者の未来が断たれたということを思うと・・

許せない気持ちになりますね。

ランパノ・ジェリコ・モリ(茨城大生殺害)の顔画像と勤務先は?結婚し子供も?まとめ

茨城女子大生殺害事件の犯人である

ランパノ・ジェリコ・モリ容疑者。

遺体に付着していた複数の男のDNA型が、ランパノ容疑者らのものと一致。

これが決め手となり、2017年に、殺人と強姦致死の容疑で逮捕されています。

そして、ランパノ・ジェリコ・モリ容疑者と共犯だった

国際手配中のフィリピン国籍の男(33)=当時18歳少年=を、

茨城県警が1月24日にも逮捕する方針を固めたことがわかりました。

容疑者3人のうち2人目の逮捕ということになりますが

残る1人はどこに逃亡しているのでしょうか・・

日本の警察は優秀なので必ず容疑者全員を逮捕してくれると思います。