セラピー犬ベイリーとは?ファシリティドッグ引退後の現在は?後任犬はアニー!

1月27日放送の

NHKスペシャル「ベイリーとゆいちゃん」に登場する

神奈川県立こども医療センターに常駐するセラピー犬、ベイリー。

長期入院で気分が沈みがちな子どもに寄り添い心をいやしたり、

手術室に行くのを嫌がる子どもに付き添ったり・・・

ベイリーが関わった患者は9年間で実に3000人以上。

「ベイリー」のことを以前から知っている方は

ベイリーってファシリティドッグだったよね?!

ファシリティドッグとセラピー犬は違うよね?!

と思われていると思います。

ファシリティドッグとは、

【病院などに常駐して入院中の患者その家族に安らぎを与える役割を担う犬】のことです。

1月27日のNHKスペシャルでは

ベイリーの引退までの日々に密着しています。

ベイリーは2018年10月の10歳の誕生日を機に、

9年間の勤めを終えて引退し

【名誉ファシリティドッグ】

として病院内ボランティア団体での活動に移行し、

徐々に病棟業務を後任犬のアニー(2歳のメス)に引き継いでいるとのことでした。

神奈川県立こども医療センターに着任し、病院スタッフの一員として

ハンドラー森田優子さんと一緒に大勢の子どもたちを笑顔にしてきたベイリー。

森田優子さん(ベイリーのハンドラー)の経歴や出身大学は?結婚や家族は?

そんなベイリーが

セラピー犬ベイリーとして、

『NHKスペシャル』で「ベイリーとゆいちゃん」に出演。

セラピー犬ベイリーとは?

ファシリティドッグ引退後の現在は?

後任犬であるアニーについてまとめました。

セラピー犬ベイリーとは?

病気で入院する子供のベッドで添い寝したり、

時には、検察室や手術室まで付き添ったり…

そういった役割を持ち、小児病院に「常勤」していた犬が

ファシリティドッグのベイリーです。

2010年に日本で初めて、静岡県立こども病院でファシリティドッグの試みが始まり

その第1号となったのが、「ベイリー」。

ベイリーは、静岡から活動の場を神奈川県立こども医療センターに移した後、

昨年10月にその任務を終え、惜しまれながら引退。

これまでに、ベイリーが励ましてきた子供たちはのべ2万3000人を超えます。

ベイリーは、オーストラリア生まれのゴールデンレトリーバーのオス。

ハワイで医療施設で働くための特別な訓練を受け、日本にやって来ました。

ベイリーに指示を与える「ハンドラー」は、森田優子さんという女性で、

臨床経験のある看護師(医療従事者)でもあります。

森田優子さん(ベイリーのハンドラー)の経歴や出身大学は?結婚や家族は?

実際にファシリティドッグが常勤する静岡県立こども病院と

神奈川県立こども医療センターに入院中の子どもたち

”こどもカメラマン”と

写真家の桐島ローランドさんが撮影した

愛溢れるファシリティドッグとハンドラーたちの写真集も発売されています。

ファシリティドッグたちの素顔と愛くるしい表情満載の写真集です。

ファシリティドッグの活動を支援するには、寄付などの方法以外にも

この写真集の購入を通じても活動を支援できるようです。

ファシリティドッグの活動を支援するための寄付についてはこちら

シャイン・オン!キッズへ寄付していただく方法

セラピー犬とファシリティドッグは違う?違いは何?

ファシリティドッグとセラピードッグの違いとして

次のことがあげられます。

セラピー犬は常勤ではない

ファシリティドッグは、1つの病院に毎日出勤する常勤のフルタイムワーカーである

セラピードッグは家庭犬であることがほとんどである

ファシリティドッグは専門的なトレーニングを受けた使役犬である

セラピードッグはハンドラー=飼い主であることがほとんど

ファシリティドッグのハンドラーは臨床経験のある医療従事者

セラピードッグの役割は人を癒すことが目的

ファシリティドッグは癒しに限らず、医療行為に関わる部分に踏み込こんでいる。

ファシリティドッグになるためには、

子犬の頃から適性を厳しく検査し、

専門のトレーニングをして訓練する必要があります。

ベイリーの場合は、アメリカの専門施設で訓練を受けています。

ファシリティドッグ専門の訓練所はまだ日本にはありません。

病院は、人間、特に小さなお子さんにとっても、

もちろん犬にとっても大きなストレスのかかる場所です。

ストレスの多い環境に耐えられるファシリティドッグを育てるには、

信頼性の高い犬を選び出す必要があるため

血統や気質なども大変重要となってくるようです。

ベイリーのファシリティドッグ引退後の現在は?

ファシリティドッグとして9年間の務めを終えたベイリー。

すでに10歳と高齢のため、

2018年10月16日にファシリティドッグの活動を引退しました。

ベイリーは2019年1月現在で、11歳。

犬の11歳というとかなり高齢の部類に入りますね。

人間でいうと80歳くらいでしょうか?

犬は10歳を目安に身体機能の低下が顕著になるとされています。

引退後はハンドラーの森田優子さんと共に暮らしながら、

体力的に無理ない範囲で「ボランティア」として

病院内の図書館などで子供たちと触れ合うとのことです。

森田優子さん(ベイリーのハンドラー)の経歴や出身大学は?結婚や家族は?

ベイリー(名誉ファシリティドッグ)の後任犬はアニー!

ベイリーは10歳の誕生日を機に、

徐々に病棟業務を後任犬のアニー(2歳・メス)に引き継ついでいるとのことです。

アニーは日本で初めての、メスのファシリティドッグ。

ベイリー(名誉ファシリティドッグ)の後任犬、アニーは

2017年9月に神奈川県立こども医療センターに着任。

まだ若いアニーはちょっとやんちゃな性格?!

でも【勤務中】は、ベイリーを見習い、

とても落ち着いてお仕事しているみたいです。

ベイリー(名誉ファシリティドッグ)の後任犬、アニーは。

人に喜びを感じてもらうことにモチベーションを見出しているようで

ファシリティドッグとしての才能を十分に開花させつつあるようです。

スタッフの育成が問題となる医療現場ですが、

アニーの働きっぷりには、病院長も太鼓判を押しているようで

ベイリーも安心して

後任犬のアニーにファシリティドッグのお仕事を任せられているみたい。

とても賢い、ベイリーとアニー

ベイリーもアニーもファシリティドッグとして優秀にお仕事しているのは、

ハンドラー森田優子さんの努力による影響や

病院スタッフや患者さんや家族による理解が大きいのでしょうね。

森田優子さん(ベイリーのハンドラー)の経歴や出身大学は?結婚や家族は?

セラピー犬ベイリーとは?ファシリティドッグ引退後の現在は?後任犬はアニー!まとめ

病気と闘う子どもを元気づけるファシリティドッグとして

神奈川県立こども医療センターで活躍してきた「ベイリー」

2018年の10月にファシリティドッグとしては引退し、

現在は後任のアニーがファシリティドッグとして勤務。

ベイリーは名誉ファシリティドッグとして、

病院内ボランティア団体での活動に移行しているようです。

ベイリーにも無理のない範囲で活動してもらい

セラピー犬やファシリティドッグの存在が、

もっと広く知られようになってほしいなってほしいと思います。

森田優子さん(ベイリーのハンドラー)の経歴や出身大学は?結婚や家族は?

実際にファシリティドッグが常勤する静岡県立こども病院と

神奈川県立こども医療センターに入院中の子どもたち

”こどもカメラマン”と

写真家の桐島ローランドさんが撮影した

愛溢れるファシリティドッグとハンドラーたちの写真集も発売されています。

ファシリティドッグたちの素顔と愛くるしい表情満載の写真集です。

ファシリティドッグの活動を支援するには、寄付などの方法以外にも

この写真集の購入を通じても活動を支援できるようです。

ファシリティドッグの活動を支援するための寄付についてはこちら

シャイン・オン!キッズへ寄付していただく方法

4 件のコメント

  • 放送見て泣いた。
    人には出来ない何かを患者に施すことが出来るベイリーはすごい。
    きっちり仕事している姿はプロフェッショナルそのもので、ゆいちゃんの描いたにっこり笑うベイリーの絵がすべてを物語ってた。

  • 私もベイリーと森田さんそして結ちゃんとの絆の強さを見ることができて、とても感激させてもらいました。
    ベイリーの写真展を以前静岡で見ていたので、今回の放送をとても楽しみにしていました。
    ベイリーの病院にいる子供に対しての優しさ、ベイリーを見つめて、優しい眼差しになる子供達を見ていて、心が詰まり、涙涙でした。心が洗われる素敵な番組でした。
    ベイリー長い間、たくさんの子供達を癒してくれて、本当にありがとう。ご苦労様でした。後はゆっくり過ごして欲しいです。そして、病院にいる子供達一日でも早く治る事をお祈りしています。

  • とても感動しました。虐待死する子供のニュースでとても心が沈んでいた中観たのですが、人間以上の行動ができているのではないかと思いました。ゆいちゃんも幸せそうで、駆け寄るベイリーもとても嬉しそうで。老犬ですしとても心配ですが、短い命ですので、余生はゆっくりと幸せに過ごしてほしいです。

  • 私の孫の名前はゆずとゆいです。同じ名前で病で苦しむ2人をベイリーは優しく寄り添ってくれていました。確かにベイリーは病気の幼い子供たちの痛みをわかっているかのようでしたね。我が家にもゴールデンレトリバーのモコという女の子がいます。ベイリーより少し若い9歳です。ベイリーもファシリティドッグという職務を全うするためにハンドラーの森田さんがストレスゼロを目指して日々可愛がってました。ベイリーも病院で過ごして楽しく過ごしたけどやはりそれなりに疲れていると思うのでこれから森田さんとこれまで以上に楽しく過ごして下さい。森田さんもベイリーも体のケアをしっかりしてください。まだ森田さんにはアニーのお世話もあるようですが、ハンドラーとしての活躍と期待しています。ありがとう!!!!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です