広島中央警察署で8572万円盗んだ犯人は誰?私費で補填する幹部職員の役職は?

スポンサードリンク







2017年5月、広島中央署の金庫から、

詐欺事件の証拠品である現金8,572万円が盗まれるという事件がありましたよね?!

警察署の中で起きた盗難事件・・

もちろん、警察内部の人間の犯行以外ありえない(はず)

犯人もすぐ見つかるんじゃない?!と思ってたのですが

事件からすでに2年近い時間が流れていたとは・・!

広島県警は内部犯行とみて、

これまでに警察官や職員およそ600人から話しを聞くなど、

任意で調べを進めているが、容疑者の絞り込みなどには至っていないそうです・・

まだ見つけられないの?!と思ってしまうんですが

広島中央警察署で8572万円が盗まれた事件に新たな展開が?!

広島中央警察署の金庫から現金8,572万円が盗まれた事件で、

広島県警は、幹部職員で現金を集め、

被害金を補てんする準備をしていることがわかったそうなんです。

私費で補填するんですね。

う〜ん・・

8,572万円ってメッチャ大金じゃないですか!!!

広島県警の幹部職員なら

それなりに年収も高いと思いますが・・

本人は仕方ないとしても

ご家族の事情などを考えると

私費で補填するというのは大丈夫?!と思ってしまいました。

広島中央警察署で8572万円盗んだ犯人は誰?

おととし5月、広島市の広島中央警察署で、

会計課の金庫に保管されていた証拠品の現金8572万円が盗まれているのが見つかった事件。

警察が内部の犯行とみて捜査していますが、

発覚から1年半以上たったいまも未解決のままです。

つまり、広島市の広島中央警察署の金庫から

8572万円を盗んだ犯人はいまだに見つかってない・・

ということでした。

ええ・・・!

まだ犯人みつからないのか><とかなりビックリ。

盗まれた現金は、詐欺事件の証拠品として押収されたもので、

現在、行われている刑事裁判で詐欺の被害金と認められれば、

被害者に返還されることになるものだったのですが・・

盗まれた現金は、2019年2月5日時点でも、いまだに見つかっていないのです。

広島県警幹部職員が私費で警察署から盗まれた8572万円を補填するのはなぜ?

おととし広島市の警察署で、証拠品の現金8572万円余りが盗まれているのが見つかった事件で、

広島県警察本部は盗まれた現金を警察内部で集めて補填(ほてん)する方針を固めました。

盗まれた現金がいまだに見つかっていないことから、

広島県警は警察内部で現金を集めて補填する方針を固めたそうです。

幹部はポストに応じて金額を設定するなど具体的な方法を検討しているということです。

なぜ、広島県警の幹部職員が

警察署から盗まれた8572万円を私費で補填するのかというと・・

広島県警は税金による穴埋めは理解が得られないと判断したものとみられます。

私費で警察署から盗まれた8572万円を補填する幹部職員の役職は?

2月5日に開かれた県議会の委員会で、

広島県警察本部の宮尾豪範総務部長は

「警察施設内で発生したことなどを重く受け止め、

さまざまな可能性を見据え、

その対応のための準備を進めている」

と述べました。

広島県警は、盗まれた現金が今後被害者への返還に充てられる可能性があるものの、

税金による補てんは県民の理解を得られないと判断し、

所属長以上の警視正や警視から現金を集めるなどして、

被害金を補てんする方向で調整を進めているそうです。

「盗難8,572万円」 を広島県警幹部職員らが私費で補てん?ネットの意見は?

「盗難8,572万円」 を広島県警幹部職員らが私費で補てんすることに対して、

ネット上の意見はどんなものがあるのでしょうか?

私費で補填して解決することより、、

犯人をなぜ見つけられなかったのかということの方が気になるのですが・・

広島中央警察署で8572万円盗んだ犯人は誰?私費で補填する幹部職員の役職は?まとめ

おととし広島市の警察署で、証拠品の現金8572万円余りが盗まれているのが見つかった事件で、

広島県警察本部は盗まれた現金を警察内部で集めて補填(ほてん)する方針を固めました。

なぜ、広島県警の幹部職員が

警察署から盗まれた8572万円を私費で補填するのかというと・・

広島県警は税金による穴埋めは県民からの理解が得られないと判断したものとみられます。

私費で8572万円を補填する幹部職員の役職は、

所属長以上の警視正や警視。

幹部職員から現金を集めるなどして、

被害金を補てんする方向で調整を進めているそうです。

スポンサードリンク