山元健輔(兵庫県加古川市)の職業や妻は?子供全員が児相に一時保護されていた?

毎日のように児童虐待の信じられないようなニュースが報道されていますが、

兵庫県加古川市で

小学4年の三男にオイル缶を投げつけるなどしたとした父親が

兵庫県警加古川署に

逮捕されました。

逮捕された山元健輔容疑者には

オイル缶を投げつけるなどしたとした三男の他に

成人した長男、

中学生の次男もいて

3人の息子と妻と一緒に暮らしているとのことです。

ほかの家族も「日ごろから暴力をふるわれていた」と訴えているということで、

警察が詳しい状況を調べています。

山元健輔容疑者とはどんな人物なのでしょう?

なぜ、小学4年の三男にオイル缶を投げつけるなどしたとしたのでしょうか?

山元健輔(兵庫県加古川市)の職業や子供の年齢は?

小学4年の三男(10)の腹部を殴るなどしたとして

兵庫県警加古川署は5日、

加古川市の建設業、山元健輔容疑者(44)を逮捕しました。

山元健輔容疑者についてわかっていることをまとめました。

氏名 山元 健輔

年齢:44歳

住所 兵庫県加古川市

職業:自営業(自称建設業)

山元健輔容疑者の家族は

本人

成人している長男

中学生の次男

小学校4年生の長男と

3人の息子さんがいます。

山元健輔容疑者の逮捕容疑は?

小学4年の三男にオイル缶を投げつけるなどしたとして、

兵庫県警加古川署は兵庫県加古川市の建設業、山元健輔容疑者を逮捕しました。

山元健輔容疑者は

1月31日午後10時ごろ、

自宅で三男の左脇腹を複数回殴り、

ライターのオイル缶や水筒を頭に投げつけるなどした疑いがもたれています。

山元健輔容疑者は容疑を認め、

「宿題が終わらないのに腹が立った」

と供述しているそうです。

山元容疑者の長男と次男と三男は児童相談所に一時保護されていた?

山元容疑者は妻と息子3人の5人家族。

2月4日、三男が父親から暴行を受けたことを担任に告げ、

学校が加古市に通報。

2月5日、加古川は児童虐待と判断して児童相談所(兵庫県中央こども家庭センター)に通告。

児童相談所(兵庫県中央こども家庭センター)は

中学生の次男と三男の一時保護を決め、加古川署に通報。

成人した長男もかつて児童相談所にに一時保護されており、

妻は「夫が怖くて止められなかった」と話しているとことです。

山元健輔(兵庫県加古川市)の職業や妻は?子供全員が児相に一時保護されていた?まとめ

最近の児童虐待のニュースが非常に多く、

特に連日のように報道されている

千葉県野田市で小学校4年生の女の子がなくなられていた事件は

児童相談所や、市の教育委員会のあまりにもひどい対応に

抗議の電話などが殺到しているようです。

兵庫県加古川市でも小学校4年生の男の子が父親に

左脇腹を複数回殴られたり、

ライターのオイル缶や水筒を頭に投げつけるなどされる事件がありました。

親から暴行を受けたことを聞いた小学校が警察に通報し

児童相談所は中学生の次男と三男の一時保護を決めたそうです。

また、成人した長男もかつて児相に一時保護されていたこともわかりました。

被害者の小学校4年生の男の子の母親は、

「夫が怖くて止められなかった」と話しているという点は

野田市の事件と共通しています。

野田市でなくなった栗原心愛ちゃんも

児童相談所が保護してくれていれば、、とどうしても考えてしまいます。