姫路市立水族館でペンギンがなくなった原因はイワシ?残った3羽と展示再開はいつ?

兵庫県の姫路市立水族館で先月、

飼育していたフンボルトペンギンが大量に死亡した問題で

姫路市立水族館は病理検査の結果、死因は「全身性うっ血」だったと発表しました。

姫路市立水族館でペンギンが突然亡くなった原因は

餌のイワシに大量の塩がしみこんでいたことだったようです。

11羽のペンギンのうち

8羽が亡くなってしまいましたが

3羽のペンギンが残っています。

3羽のペンギンは大丈夫なのでしょうか?

姫路市立水族館のフンボルトペンギンの展示再開はいつなのでしょう?

水族館は、イワシに大量の塩をまぶした理由をどう説明してるのでしょうか?

姫路市立水族館でペンギンがなくなった原因はイワシ?

兵庫県姫路市の市立水族館で先月、8羽のペンギンがけいれんなどの症状を起こして死んだ問題は、

誤って大量の塩がしみこんだイワシを餌として与えていたことが原因だと分かりました。

姫路市の市立水族館では、先月24日から翌日にかけて、

飼育しているフンボルトペンギン、11羽のうち、8羽にけいれんやおう吐などの症状が出て、死にました。

姫路市立水族館はえさ用の生イワシを入手し、

海水につけると、生アジと違って身がばらけてしまうため、

塩を振りかけて与えたところ、

イワシを食べたペンギンが大量に突然死してしまったようです。

水族館は与えた餌に問題があるとみて、民間の研究機関に調査を依頼していました。

調査結果によると、死んだペンギンにはいずれも、塩分を過剰に摂取したことによる循環器障害が起きていたということです。

また、餌として与えたイワシには、大量の塩がしみこんでいたということです。

なぜペンギンに塩をまぶしたイワシを餌として与えたの?

姫路市立水族館で先月、飼育していたフンボルトペンギン11羽のうち8羽が死んだ問題は

塩をまぶしたイワシを餌としてペンギンに与える際、

塩抜きが不十分だったことが原因とみられ、

塩化ナトリウムの過剰摂取によって血液の循環障害をひきおこした可能性があるそうです。

姫路市立水族館の籭(とうし)善之館長は

ペンギンに栄養をつけようと塩をたくさん振りかけたイワシを与えてしまったのが原因だ。

このような事態を引き起こし、誠に申し訳ない」と

話しています。

姫路市立水族館で残ったペンギン3羽と展示再開はいつ?

兵庫県姫路市立水族館(姫路市西延末)で

飼育していたペンギン11羽のうち8羽が相次いで死に、

水族館は12日、塩分の与えすぎが死因とみられる、と発表。

1月24日にえさ用の生イワシを入手し、

海水につけると、生アジと違って身がばらけてしまうため、

塩を振りかけて与えたところ、

1月24日夕から25日までに計8羽が突然死してしまいました。

残ったペンギン3羽が回復したとして、2月13日から展示を再開するそうです。

姫路市立水族館のペンギンの突然死は塩分の過剰摂取が原因だった!ネットの意見は?

兵庫県姫路市立水族館で1月下旬、フンボルトペンギン11羽のうち8羽が突然死。

ペンギンの死因は

「餌のイワシに塩分補給のため塩をまぶしたことで、塩分の過剰摂取になったと考えられる」と発表されました。

ペンギンがかわいそうです・・

姫路市立水族館でペンギンが突然大量死したことに対して

ネット上ではどんな意見があるのでしょうか?

姫路市立水族館でペンギンがなくなった原因はイワシ?なぜ大量の塩分を与えたの?まとめ

兵庫県姫路市の市立水族館で先月、8羽のペンギンがけいれんなどの症状を起こして死んだ問題は、

誤って大量の塩がしみこんだイワシを餌として与えていたことが原因だと分かりました。

姫路市立水族館は、残った3羽が回復したとして、13日から展示を再開するそうです。

水族館には献花台なども設けられているようです。

亡くなってしまったペンギンたちがとてもかわいそうです。