尾畠春夫さんの現在地は今どこ?2月22日は磐田浜松方面を歩く?静岡横断も終盤へ?

「スーパーボランティア」こと尾畠春夫さん(79歳)が

東京都内から自宅のある大分県日出(ひじ)町まで

「世界のこどもたちの幸福をねがう旅」と題して

1000キロ以上にわたる徒歩での帰宅に挑戦しています。

2018年夏に山口県で行方不明の男の子を発見して、

「スーパーボランティア」として

一躍時の人になった尾畠春夫さん、79歳。

尾畠春夫 魂の生き方 [ 尾畠春夫 ]

尾畠春夫さんは、2019年1月18日に東京都内の小学校での講演を終え、

1月19日から大分の自宅まで徒歩での旅路に出ました。

2月19日で尾畠春夫さんが旅を始められて1ヶ月となりました。

1月30日に静岡県入りしている尾畠さん。

尾畠さんは今静岡県のどのあたりを通過されているのだろう?

と思っている方も多いのではないでしょうか?

2月22日現在、

スーパーボランティア尾畠春夫さんは静岡県のどのあたりにいらっしゃるのでしょうか?

スポンサードリンク







尾畠春夫さんの現在地は今どこ?2月22日は磐田へ?

2月21日中に、

スーパーボランティア尾畠春夫さんは掛川市を横断し

袋井市に入られたとのことです。

2月21日は午後17時頃までの間に

尾畠春夫さんは18kmほどすすめたそうです。

1日の移動距離が18kmというのは

尾畠春夫さんが1月19日に東京都大田区梅屋敷を出発されて

一番長い距離ということです。

スーパーボランティア尾畠春夫さんは2月21日中に磐田市での目撃情報が見られなかったので

おそらく2月22日は「袋井市」からの出発になると思われます。

ずっと東海道(国道1号線)沿いに静岡を横断されている尾畠春夫さん。

2月22日はまず磐田市を目指し、

天竜川を渡っていよいよ浜松市内に入られるかもしれません。

袋井市(袋井駅周辺)から天竜川を渡って浜松市内に入られるまでは約16km

スーパーボランティア尾畠春夫さんは

2月22日中に浜松市内に入ることができるのでしょうか?

尾畠春夫さんの現在地についてはまたわかり次第追記していきます。

追記

スーパーボランティア尾畠春夫さんは

2月22日の日没までに

静岡県磐田市を横断し、磐田市と浜松市の境にある、

天竜川付近まで進まれたようです。

スーパーボランティア尾畠春夫さんが

すでに天竜川を渡られた!という目撃情報もありますので

2月22日に浜松市内に入られているかもしれません。

スーパーボランティア尾畠春夫さんは

このあと浜松市内で一夜を過ごされ

いよいよ愛知県入りに向けて、西へと進まれるようです。

スーパーボランティア尾畠春夫さんは日中かなりのハイペースで移動されていて

夜はゆっくりとお休みになりたいと思いますので

もしも尾畠春夫さんの宿泊先などがわかっても

尾畠さんがお休みになっているところを訪ねたりはしない方が良いと思います・・

(先日深夜にお休み中の尾畠さんを訪ねて来た方がいたという情報がありました・・)

スーパーボランティア尾畠春夫さん!静岡県横断に向けて磐田浜松でペースアップ?

1月30日に静岡県入りしている尾畠さん。

2月22日の時点で、静岡県入り23日目となります。

静岡県に入られてから、「スーパーボランティア」尾畠春夫さんを一目見ようと、

尾畠さんが歩く沿道には多くの人が押し寄せ

写真撮影やサインなどに応じ続けているため

1日のうち半日ほどギャラリーの対応に費やしてしまったり・・

尾畠さんの心身に疲労が見られているということです・・

尾畠さんのもとに寄せられる差し入れの数もかなり多く

リヤカーの荷物がどんどん増え、

「差し入れ」もかなりの尾畠さんの負担になっている模様・・

スーパーボランティア尾畠春夫さんが

東京都大田区梅屋敷を出発された時点では

1日15kmほどのペースで進まれていたので

静岡県いりしてから1日に進める距離が3分の1程度まで落ちてしまっていることになります・・

東京を出発した当初の尾畠春夫さんは

「3月頃までに大分の自宅に到着できれば」と話していましたが・・

今のペースだとかなり厳しいですね。

もしもこのままのペースで進まれた場合

東京から約1320kmも離れた大分県日出町まで徒歩での移動にかかる日数は

約180日(半年!)

1月18日から半年となると6月18日・・

せめて梅雨入り前までには・・

尾畠春夫さんが大分の自宅にたどり着いてほしいと思います。

しかし・・!

2月21日はスーパーボランティア尾畠春夫さんは1日に18kmほど進まれ

ペースを取り戻しつつあります

尾畠春夫さんの静岡横断の旅も残すところあと50kmほど・・

もし今日、明日と1日15〜18kmほどのペースで進むことができれば

週末には愛知県境が見えてくるかもしれませんね!

尾畠春夫さんの現在地は今どこ?2月22日は磐田浜松方面を歩く?静岡横断も終盤へ?まとめ

徒歩で東京から大分まで1320kmに及ぶ旅に挑戦されている

スーパーボランティア尾畠春夫さん、

2月21日は旅をはじめてから最長の18kmという距離を進まれ増

静岡県袋井市へと入られました。

尾畠春夫さんは島田市から掛川市に向かうあたりでは

多くの人に囲まれたり

雨の影響やリヤカーの故障などもあり、なかなか前に進めずにいたようです・・

本音の部分では

尾畠春夫さんもペースをあげたいと思っているはず・・

私も静岡出身なので

地元を尾畠さんが歩いているのは本当にうれしいのですが・・

もし本当に尾畠さんを近くで見つけても

そっと見守る、

声援を送る、

差し入れなどをプレゼントする時には手短に、

手紙などかさばらないようにして荷物を増やさないようにするなど・・

一人一人が尾畠さんの旅がスムーズに進むように配慮することが必要なのだと思っています・・

追記

スーパーボランティア尾畠春夫さんは

2月22日の日没までに

静岡県磐田市を横断し、磐田市と浜松市の境にある、

天竜川付近まで進まれたようです。

スーパーボランティア尾畠春夫さんが

すでに天竜川を渡られた!という目撃情報もありますので

2月22日に浜松市内に入られているかもしれません。

尾畠さんの旅が無事に進まれますように・・

2 件のコメント

  • 続報します‼
    一昨日浜名湖の手前まで踏破したけど、そこで忽然と目撃情報が途絶えました。
    今日のTVニュースによると、道中での各地での人達の歓迎フィーバーが想定外の過熱振りで、あちこちで交通渋滞なども生じ、警察が交通整理に出動するありさまだったようです。今後無理して徒歩旅行を続けると事故を起こすかもとの懸念が濃厚になったため、やむを得なく中断して、一昨日の深夜に秘密裏に、九州から娘さんに大きめの車で向かえにきてもらい、リヤカーごと乗せてもらって、一路大分に向かって、今日既に自宅に戻ったそうです。
    結果はさておき、とにかくご無事だったので、何よりです❗
    同氏のご尊顔を直接拝することができたので、小生としては、兎に角ひとまず安心と云うところです‼

  • ここに掲載されている、かのかんのツイートが問題視されていますね。
    部外者なのに、役場や警察に連絡したそう。
    警察への不必要な連絡は、犯罪になります。

    https://youtu.be/uuHX90aQ3dk