尾畠春夫さんは今どこ?高須先生も心配し無事が確認される?2/26現在地と目撃情報は?

「スーパーボランティア」こと尾畠春夫さん(79歳)が

東京都内から自宅のある大分県日出(ひじ)町まで

「世界のこどもたちの幸福をねがう旅」と題して

1000キロ以上にわたる徒歩での帰宅に挑戦しています。

2018年夏に山口県で行方不明の男の子を発見して、

「スーパーボランティア」として

一躍時の人になった尾畠春夫さん、79歳。

尾畠春夫 魂の生き方 [ 尾畠春夫 ]

尾畠春夫さんは、2019年1月18日に東京都内の小学校での講演を終え、

1月19日から大分の自宅まで徒歩での旅路に出ました。

2月19日で尾畠春夫さんが旅を始められて1ヶ月となりました。

1月30日に静岡県入りしている尾畠さん。

尾畠さんは今静岡県のどのあたりを通過されているのだろう?

と思っている方も多いのではないでしょうか?

2月26日現在、

スーパーボランティア尾畠春夫さんは静岡県のどのあたりにいらっしゃるのでしょうか?

追記

スーパーボランティア尾畠春夫さんは、

2月26日午後17時頃には、大分のご自宅に帰宅されていることがわかりました。

尾畠春夫さんが徒歩での旅を断念?現在は大分の自宅に?静岡県から家族の車で帰宅?

スーパーボランティア尾畠春夫さんは、

お迎えにこられた娘さん夫婦の車で、2月24日に大分に帰ったそうです。

【自分のせいでトラブルを招きたくない】

という思いから

旅を続けられることを断念されたということです。

まずは尾畠さんが無事だったことに本当にホッとしました。

約40日に及ぶ旅をおえられた尾畠さん、

本当にお疲れさまでした。

スポンサードリンク







尾畠春夫さんは今どこ?2月23日夕方以降の進路が不明?

2月23日(土曜日)の夕方頃に、

静岡県浜松市南区増楽町にある可美公園で

スーパーボランティア尾畠春夫さんが目撃されていました。

しかし・・

2月24日日曜日に

スーパボランティア尾畠春夫さんの目撃情報がなく・・・

SNS上ではスーパボランティア尾畠春夫さんの行方を心配する声が多く投稿されていました。

尾畠春夫さんが徒歩での旅を断念?現在は大分の自宅に?静岡県から家族の車で帰宅?

スーパーボランティア尾畠さんを尾高須先生も心配し無事が確認される?

2月23日土曜日の目撃情報を最後に

静岡県内や愛知県でスーパーボランティア尾畠春夫さんの姿が目撃されておらず・・

スーパーボランティア尾畠さんのことを多くの方が心配されていました。

医師の高須克弥先生もTwitterでスーパーボランティア尾畠さんを心配なさっています。

2月26日午前6時頃、高須先生が尾畠さんについて

【行方不明と聞いて尊敬している尾畠春夫さんのことが心配。
ヘリコプターで捜索救助にいこうとしてた。
無事と聞いて安心。嬉しい。】

とツイートしているので

尾畠さんが無事であることは確認ができているようです。

高須先生はおそらくこちらのツイートをみて、

スーパーボランティア尾畠さんのご無事を確認なさったのだと思うのですが・・・

このツイートが投稿されたのが2月25日ですが

実際に写真が撮影された日時については不明です。

また、この写真の場所は「静岡県浜松市南区中田島町」なのですが・・

静岡県浜松市南区中田島町は

尾畠春夫さんが2月23日土曜日の夕方に目撃された可美公園よりも東に位置していて

尾畠春夫さんの進路を考えると逆に位置しています。

もしかしたら、尾畠春夫さんの最新の目撃情報は

静岡県浜松市南区中田島町ではない可能性も考えられるかもしれません。

スーパボランティア尾畠春夫さんは現在無事であるようですが

ご本人の意向で居場所などは特定されていないようです・・

尾畠春夫さんが徒歩での旅を断念?現在は大分の自宅に?静岡県から家族の車で帰宅?

尾畠春夫さんは今どこ?高須先生も心配し無事が確認される?2/26現在地と目撃情報は?まとめ

2月23日には静岡県の浜松市を西に進まれ

2月23日の夕方頃可美公園で目撃されたのを最後に、

2月24日は、静岡県浜松市を歩いていたという目撃情報がない

スーパボランティア尾畠春夫さん・・

スーパボランティア尾畠春夫さんは現在無事であるようですが

ご本人の意向で居場所などは特定されていないようです・・

追記

スーパーボランティア尾畠春夫さんは、

2月26日午後17時頃には、大分のご自宅に帰宅されていることがわかりました。

尾畠春夫さんが徒歩での旅を断念?現在は大分の自宅に?静岡県から家族の車で帰宅?

お迎えにこられた娘さん夫婦の車で24日に大分に帰ったそうです。

【自分のせいでトラブルを招きたくない】

という思いから

旅を続けられることを断念されたということです。

まずは尾畠さんが無事だったことに本当にホッとしました。

約40日に及ぶ旅をおえられた尾畠さん、

本当にお疲れさまでした。

スポンサードリンク