尾畠春夫さんが徒歩での旅を断念?現在は大分の自宅に?静岡県から家族の車で帰宅?

「スーパーボランティア」こと尾畠春夫さん(79歳)が

東京都内から自宅のある大分県日出(ひじ)町まで

「世界のこどもたちの幸福をねがう旅」と題して

1000キロ以上にわたる徒歩での帰宅に挑戦しています。

2018年夏に山口県で行方不明の男の子を発見して、

「スーパーボランティア」として

一躍時の人になった尾畠春夫さん、79歳。

尾畠春夫 魂の生き方 [ 尾畠春夫 ]

尾畠春夫さんは、2019年1月18日に東京都内の小学校での講演を終え、

1月19日から大分の自宅まで徒歩での旅路に出ました。

2月19日で尾畠春夫さんが旅を始められて1ヶ月となりました。

1月30日に静岡県入りしている尾畠さん。

尾畠さんは今静岡県のどのあたりを通過されているのだろう?

と思っている方も多いのではないでしょうか?

2月26日現在のスーパーボランティア尾畠春夫さんは

東京から大分への徒歩での旅を途中で断念し

すでに大分の自宅に帰宅していらっしゃるという報道があるようです。

スーパボランティア尾畠春夫さんが旅を断念?現在はすでに大分の自宅?

「世界のこどもたちの幸福をねがう旅」と題して

東京から大分まで、

1000キロ以上にわたる徒歩での帰宅に挑戦していた

スーパーボランティア尾畠春夫さん、

1ヶ月ほど徒歩で東京、神奈川、静岡を進まれておりましたが・・

2月26日現在

旅を断念され大分の自宅に帰宅されていると報道されておりました。

スーパーボランティア尾畠春夫さんは、

一時期行方がまったくわからず・・

2月26日には高須医師など著名な方も

スーパーボランティア尾畠春夫さんの消息を心配されておりました。

尾畠さんは2月26日現在、大分のご自宅で無事でいらっしゃるということなので

まずは尾畠さんが無事だったことに本当にホッとしました。

スーパーボランティア尾畠春夫さんは家族の車で大分へと帰宅?

スーパーボランティア尾畠春夫さんは

2月23日には静岡県浜松市南区周辺にいらっしゃいましたが、

お迎えに来られたご家族の車で大分へと帰宅されたそうです。

尾畠春夫さんが徒歩での旅を断念された理由は?

スーパーボランティア尾畠春夫さんが

東京から大分までの徒歩での旅を断念された理由は

ご自身の判断だったようです・・

尾畠さんは

「歩道にも車道にも車を止める人がいて、

人も歩けない自転車も通れない状態となり“これは異常事態”だなと」とし、

「私は来てくれた人が悪いとか、なんだかんだじゃないんです。

総合的に見て“交通事故になるな”と思ったから。

人の命にはかえられないから。

幼い子ども、高齢者の命にしても。

もう、今回はこれで打ち切ろうと思いやめました」

と旅を途中で断念した理由を

フジテレビ系「プライムニュース イブニング」で語られています。

スーパーボランティア尾畠春夫さんが歩かれていた先週末の浜松市内では

多くの人が尾畠春夫さんの姿を見ようと沿道に押し寄せたり

国道が渋滞するなどしていたようです。

また、尾畠春夫さんご自身も

大勢のギャラリーへのサイン、写真撮影に応じていいたことで

心身に疲労が見られたほか

半日ほどギャラリーへの対応で前に進めなかったり

差し入れがあまりにも多すぎてリヤカーの重量が70kg以上になるなど

旅を続けることが困難な状況であると判断されたのかもしません・・

【自分のせいでトラブルを招きたくない】

という思いから

旅を続けられることを断念されたということです。

尾畠春夫さんが旅を断念?現在は大分の自宅?静岡県から家族の車で帰宅?まとめ

「世界のこどもたちの幸福をねがう旅」と題して

東京から大分まで、

1000キロ以上にわたる徒歩での帰宅に挑戦していた

スーパーボランティア尾畠春夫さん、

1ヶ月ほど徒歩で東京、神奈川、静岡を進まれておりましたが・・

ご自身の判断で徒歩での帰宅を断念されたとのこと・・

静岡県浜松市までお迎えにこられた娘さんの車で大分まで帰宅したそうです。

尾畠さんは2月26日現在、大分のご自宅で無事でいらっしゃるということです。

まずは尾畠さんが無事だったことに本当にホッとしました。

スーパーボランティア尾畠春夫さん、

本当にお疲れさまでした。

1 個のコメント

  • 少々残念ではありましたが、結果的には実に賢明な判断をされたと思いました。
    それから、いつも一人きりで発言、行動されているイメージがありましたから、身内の方が大分まで車で送ってくれたというのは想定外だったのと同時に、尾畠さんの身を案じているご家族がちゃんといらっしゃるという事実にある種の安堵もいたしました。
    何はともあれ、無事のご帰還良かったです(*^o^*)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です