大山照羅(大山倍達さん孫)の母親や経歴は?韓国名や本名は?現在は仮想通貨に参入?

スポンサードリンク







世界120ヵ国に公認道場を持ち、かつて1200万人の門弟を誇った、

世界最大の武道団体として知られる極真会館の総裁であり

ゴッドハンドの呼び名で知られ、

牛を一撃で倒すなど数多の伝説を残した故・大山倍達(ますたつ)氏

そんな大山倍達(ますたつ)氏のお孫さんが

逮捕されていたことがわかりました。

大山倍達さんの孫は

大山照羅(おおやまあきら)というお名前です。

どんな人物なのでしょうか?

スポンサードリンク







大山照羅(大山倍達さん孫)のプロフィール?

大山 照羅(おおやま あきら)

1997年3月24日生まれ

東京都豊島区出身。

21歳

職業 実業家

一般社団法人国際空手道連盟大山倍達極真会館(極真会館 宗家)の理事

MAS大山コイン最高統括責任者。

大山照羅(大山倍達さん孫)の母親や経歴は?

大山照羅氏は、

伝説の空手家といわれていた大山倍達さんの孫です。

大山倍達氏には3人の娘がいます。

長女が大山留壱琴さん(おおやまるいこ)さん

大山グレース恵喜さん次女が

三女が、大山喜久子(きくこ)さんです。

大山喜久子(きくこ)さんは現在

極真会館宗家総本部の代表を務めています。

喜久子氏の息子、つまり倍達氏の孫であるのが大山照羅氏です。

大山照羅氏は東京都豊島区出身で高校を中退、

その後自身のアパレル会社を立ち上げるなど

表向きは実業家としての顔も持ち合わせていたそうです。

しかしながら、実直に仕事をこなしていた様子はなく、

夜な夜な繁華街に繰り出し豪遊していたという情報も・・

大山照羅(大山倍達さん孫)は韓国名や本名は?

大山照羅氏(大山倍達さん孫)は韓国籍で

韓国名は崔元鍚(チェ・ウォンソク)といいます。

大山照羅氏の祖父である大山倍達さんは1923年に

父・崔承玄(チェ・スンヒョン、최승현)と

母・金芙蓉(キム・ブヨン、김부용)との間に、

6男 1女の第4子として当時日本領であった朝鮮全羅北道金堤市で生まれています。

大山照羅氏の祖父である大山倍達さんは

1948年に大韓民国が建国された後は韓国籍となりましたが、

1968年(昭和43年)に日本国籍を取得しています。

大山照羅(大山倍達さん孫)の現在は仮装通貨に参入?

伝説の空手家、大山倍達さんの孫である大山照羅氏は、

一般社団法人国際空手道連盟大山倍達極真会館(極真会館 宗家)の理事であり

MAS大山コイン最高統括責任者でもあります。

2018年、極真空手の創始者・大山倍達氏の名前を冠した

仮想通貨「MAS OYAMA COIN」(マスコイン)が新たに誕生しています。

プロジェクトの責任者は倍達氏の孫・大山照羅(あきら)氏で、

国内外にある道場の月謝支払いなどに使える決済通貨を目指しています。

新規仮想通貨公開(ICO)は2018年5月で、総発行枚数は5億枚。

公式サイト上では

「大山倍達の名前を一生涯残し、様々な格闘技と極真空手を結び付けてく思いで製作に至りました」

などと説明されています。

大山照羅(大山倍達さん孫)の母親や経歴と韓国名や本名は?現在は仮想通貨に参入?まとめ

牛を一撃で倒すなど数多の伝説を残した故・大山倍達(ますたつ)氏

そんな大山倍達(ますたつ)氏のお孫さんが

逮捕されていたことがわかりました。

大山倍達さんの孫は

大山照羅(おおやまあきら)というお名前です。

【極真空手創始者「大山倍達」の孫として生まれ、自分の祖父の偉大さを常日頃感じております。】

とMas Oyama Coinの公式サイトで述べていた大山照羅氏・・

あの伝説の空手家の孫なのに・・ととても残念に感じますね・・

スポンサードリンク