辺真一(ピョンジンイル)の生い立ちや家族(妻と子供)?日韓ハーフで大学や経歴は?

スポンサードリンク







2回目の米朝首脳会談から一夜が明け、

日本のメディアでも米朝首脳会談の様子が詳細に伝えられていますね。

北朝鮮の国営メディアは、

「生産的な対話を継続することになった」と伝え、

アメリカと協議を続けていく姿勢を強調しました。

一方で、米朝の間では、非核化の措置とその見返りをめぐって立場の違いが鮮明になり、

今後の交渉は難航することが予想されます。

2回目の米朝首脳会談に関するニュースで

情報番組などに数多く出演している、辺真一さん。

辺真一さんの一番有名な肩書きというと

「コリア・レポート」編集長ですよね。

テレビ・ラジオのコメンテーターとして、

また韓国・朝鮮問題のジャーナリストとして、

そして「コリア・レポート」編集長など、各メディアで幅広くご活躍している辺真一さん。

辺真一さんご自身の生い立ちや経歴、

大学時代などのエピソードや

辺真一さんのご家族について気になったことをまとめました。

辺真一(ピョンジンイル)のプロフィール!在日コリアン二世でハーフ?

辺真一(ピョン ジンイル)

1947年4月12日生まれ

71歳

東京都出身

コリアレポート編集長

韓国・朝鮮問題のジャーナリスト

コメンテーター

明治学院大学卒業

実母が韓国人ではなく、

秋田出身の日本人であることを50歳になって知ったという辺真一(ピョン ジンイル)さん。

両親は 韓国・済州島出身、

産みの母親は日本人なので

辺真一(ピョン ジンイル)はハーフということになります。

辺真一(ピョンジンイル)の生い立ちは?

辺真一(ピョンジンイル)さんは1947年、東京生まれ、

物心ついた時に住んでいたのは東京都荒川区の三河島。

幼少期はとにかく貧しく、

在日朝鮮人が20~30世帯ほど、あちこちで、それこそ肩を寄せ合うように暮らしていたそうです。

辺真一(ピョンジンイル)さんの父は韓国の南、済州(チェジュ)島は西帰浦(ソギポ)の生まれ、

出稼ぎのため大阪に渡り、

そこで同じく済州島からやってきた、辺真一(ピョンジンイル)さんのお母さんと結婚されました。

土木作業など日雇い仕事をしていましたが、終戦を機に上京、

進駐軍の余剰品を闇市に流したりしていたようです。

辺真一(ピョンジンイル)さんは

東京都立第一朝鮮人小学校に入学。

なんとお母さんがが1年、早く小学校に入学させてしまい・・

6年間ずっと小さいまま。

入学時の身長が101センチ! 

とても足の速い少年だったそう。

毎年開く同窓会で、

クラスメートはいまでも運動会のことを話題に

「チニリ(真一)かっこよかった」、と言ってくれるそうです。

貧しい家庭に生まれ育ち小学校入学当初から、

真ちゅうやくず鉄などを拾って売り、

小3から納豆売りもされていた辺真一(ピョンジンイル)さん。

幼少期は今では考えられないほどの苦労を重ね

どうして僕は日本に生まれたのか、

どうして韓国に生まれなかったのか、と考えたそう、

でも、これは運命なんだとすぐ思い直し、

僕の古里は三河島なのだと思っているそうです。

辺真一(ピョンジンイル)の出身大学や経歴は?

辺真一(ピョンジンイル)さんの出身大学は

明治学院大学文学部英文学科です。

大学時代には英文学を選考していました。

朝鮮半島問題に関わらなければ、英国のシェイクスピアを研究したかったと語っています。

辺真一(ピョンジンイル)さんは

明治学院大学在学中は演劇部に所属し

当時は俳優の奥田瑛二さんも部員として在籍していたそうです。

俳優の奥田瑛二さんについて辺真一さんは

【後輩には俳優の奥田瑛二さんがいて、

私が演技指導したんですよ。

ところが、彼は立派な俳優になり、

指導した私はしがないジャーナリスト。

どこで運命が分かれるか分からないものですね(笑)】と述べています。

辺真一(ピョンジンイル)さんのは、明治学院大学入学当初には

【青森県八戸市の寒い山奥で、汗水たらして働いている両親からの仕送り】

をしてもらっていたようなので

大学時代にはご両親は青森県八戸市に住んでいたそうです。

明治学院大学を卒業してからは、新聞記者を経てジャーナリストに・・

1980年、北朝鮮取材訪問、

1982年、朝鮮半島問題専門誌「コリア・レポート」創刊、現編集長を務めています。

辺真一(ピョンジンイル)の家族は?妻や子供はいる?

辺真一(ピョンジンイル)さんは過去に、

辺編集長にとって「人生の年輪を重ねること」はどんなことだと思われますか?

というインタビューに対して、

(しばらく腕組みをして)。難しい質問ですね。

この歳まで、自分で言うのもなんですが

一生懸命生きてきたつもりです。

人生を振り返ってみれば、ずいぶん無駄な時間をかけて遠回りしたなということと、

子供の成長をみると比較的いい人生を送ってきたなというのと、

2つの感慨が交錯しています。

と答えています。

辺編集長にはお子さんがいらっしゃるようですが

妻とはいつ結婚されたのか

どんな方と結婚されたのか

お子さんの年齢や性別についてはわかりませんでした。

辺真一(ピョンジンイル)の生い立ちや家族(妻と子供)?日韓のハーフで出身大学や経歴は?まとめ

テレビ・ラジオのコメンテーターとして、

また韓国・朝鮮問題のジャーナリストとして、

そして「コリア・レポート」編集長など、各メディアで幅広くご活躍している辺真一さん。

ご両親が韓国の済州島出身ですが・・

お母さんは秋田県出身の日本人で日韓のハーフです。

辺真一さんの現在のプライベートな情報はあまり明らかになっていませんが

お子さんもいらっしゃるそうです。

交渉は難航することが予想される米朝の関係・・

辺真一さんのコメントにも注目が集まりますね。

スポンサードリンク