金正男氏息子の支援団体(自由朝鮮)の臨時政府発足はなぜ?ハンソル氏の現在は?

北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄で、

マレーシアで暗殺された金正男(ジョンナム)氏の息子、

金ハンソル氏らを救援したとする団体が

住民を迫害する金正恩体制を覆すための

「臨時政府」を発足させたとサイトで表明し

日本でも報道されています。

金ハンソル氏らを救援したとする団体は

「千里馬民防衛」と名乗ってきましたが

「自由朝鮮」と改称しています。

「臨時政府」の拠点がどこかは明らかにしていませんが・・

なぜ、「臨時政府」を発足させたのでしょう?

北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄で、

マレーシアで暗殺された金正男(ジョンナム)氏の息子、

金ハンソル氏の現在は・・?!

どうなさってるのでしょうか?

金正男氏息子の支援団体(自由朝鮮)の臨時政府とは

2017年2月にマレーシアで北朝鮮の金正男氏が殺害された後、

息子のハンソル氏ら家族3人をマカオから安全な場所に移したとする団体

「千里馬民防衛」は

団体名を3月1日から「自由朝鮮」に変更、

金正恩朝鮮労働党委員長による北朝鮮の体制に抵抗する

「臨時政府」の発足を団体のホームページで表明し、

北朝鮮を脱出した人々らに結束を呼び掛けました。

サイトでは、チマ・チョゴリを着て韓国の公園らしき場所で宣言文を読み上げる女性の動画も掲載。

北朝鮮の現体制は、

政府主導の殺人や拷問、思想統制、強制労働といった罪を重ねたと告発し、

「体制下で宣言文を聞いている」と、

北朝鮮国民に対しても圧制者に抵抗するよう呼び掛けています。

朝鮮半島で日本統治からの解放を求めた三・一運動から100年に当たり、

事実上の物別れに終わった米朝首脳再会談の直後である1日に発表をぶつけ、

国際的な注目を集めようとしたとみられています。

金正男(ジョンナム)氏の息子金ハンソル氏の現在は?

キム・ハンソル
金漢率
김한솔

1995年6月16日生まれ(23歳)

北朝鮮、平壌出身

金正男(父)
李恵慶(母)
金日成(曾祖父)
金正日(祖父)
金正恩(叔父)
家族 金ジミー(弟)
金率熙(妹)
金クムソル(異母兄弟)
金率姫(妹)

金正男(ジョンナム)氏の息子金ハンソル氏は

金正男と、2番目の妻である李恵慶(リ・ヘギョン、朝: 리혜경)との間の子として平壌で生まれました。

ディズニーランドを訪れるため日本に密入国した金正男氏の家族の写真に映った

幼い男児がハンソルさんかではないかといわれています。

出典 

ハンソルさんには、

金率熙(キム・ソルヒ、김솔희)という妹がいます。

2011年10月

ボスニア・ヘルツェゴビナのインターナショナルスクールユナイテッド・ワールド・カレッジモスタル校(英語版)に入学。

当初、中華人民共和国香港特別行政区にある李寶椿ユナイテッド・ワールド・カレッジ(英語版)に登録する予定でしたが、

香港当局にビザの発給を拒否されてヨーロッパの学校を通うこととし、

ボスニア行きを決定したとされています。

2013年5月30日に卒業し、

その年の8月にパリ政治学院に進学、

2016年に卒業しています。

2016年9月にオックスフォード大学大学院への進学を予定していましたが、

自身も暗殺される恐れがあることから留学を断念したということが、

2017年2月13日に父・正男がクアラルンプール国際空港で暗殺された後に報じられています。

2017年10月に、中華人民共和国国家安全部によって、

ハンソル氏の暗殺任務を担う北朝鮮工作員が、

中華人民共和国内で逮捕されたと韓国メディアで報じられています。

金正男(ジョンナム)氏の息子金ハンソル氏は将来について

「いつか北朝鮮に帰ることを夢見ています。

38度線をまたいで他のサイドに行けないというのは悲しいことです。

実現するのは遠い未来のことだが、南北統一を果たせるよう一歩ずつ努力したい」

と2017年のインタビューで述べています。

2019年現在はどこで何をなさっているのか・・

金正男(ジョンナム)氏の息子金ハンソル氏の現在については

最新の情報がわかり次第追記します。

金正男氏息子の支援団体(自由朝鮮)の臨時政府とは?ハンソル氏の現在は?まとめ

2017年に金正男氏が殺害された後、

金正男氏の息子ら家族3人を支援した団体が

金正恩氏の体制に抵抗する「臨時政府」の発足を団体HPで表明し、

北朝鮮を脱出した人々らに結束を呼び掛け、「圧制者に抵抗せよ」としました。

金正男(ジョンナム)氏の息子金ハンソル氏は、

2019年現在はどこで何をなさっているのでしょうか・・

1 個のコメント

  • 悪人が国のトップに居るなんて許せません。
    ぜひ、打倒に頑張って欲しい。
      暗殺合戦になる恐れがありますので、注意深く
      活動して、目的を達成して欲しい。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です