岡田真和の顔画像や経歴は?改元詐欺とは何?古い元号のカード使えないと騙す?

スポンサードリンク







「改元にともない書類の変更が必要だ」などとうそをつき、

キャッシュカードをだましとろうとしたとして、

不動産会社役員の岡田真和容疑者(44歳)が逮捕されました。

逮捕された男は逮捕前、報道の取材に対して詐欺への関与を否定していました。

次から次へと出てくる「詐欺」の被害・・

新元号の発表まであと1ヶ月弱

「改元詐欺」とはどんな詐欺なのでしょう?

実態や被害額についても気になりました。

岡田真和の顔画像や経歴は?

「改元にともない書類の変更が必要だ」などとうそをつき、

キャッシュカードをだましとろうとしたとして、

不動産会社役員の男が逮捕されました。

 詐欺未遂の疑いで逮捕されたのは、

東京・豊島区に住む不動産会社役員の岡田真和容疑者(44歳)です。

岡田真和容疑者については顔画像が報道されています。

岡田真和容疑者については現時点で以下のことがわかっています。

岡田真和

住所 東京・豊島区

職業 不動産会社役員

年齢 44歳

改元詐欺とは何?実態や被害額は?

岡田容疑者は今年1月、

横浜市の73歳の女性宛に手紙を送りつけ、

「改元による銀行法改正に伴い、個人情報が書かれた書類の変更や新規作成が必要」などとうそをついて、

暗証番号を記入させた書類とともにキャッシュカードを送らせ、だまし取ろうとした疑いが持たれています。

手紙を送りつけられた女性は8年前に亡くなっていて、

女性の夫がキャッシュカードを入れずに送り返し、

被害にあわずに済んだということです。

 今年1月には横浜市内で改元をめぐる同様の詐欺未遂事件が9件発生していて、

警察は関連があるか慎重に調べを進める方針です。

岡田真和の顔画像や経歴は?改元詐欺とは何?古い元号のカード使えないと騙す?まとめ

「改元による銀行法改正に伴い、個人情報が書かれた書類の変更や新規作成が必要」などとうそをついて、

横浜市の73歳の女性宛に手紙を送りつけ、

暗証番号を記入させた書類とともにキャッシュカードを送らせ、

だまし取ろうとした疑いが持たれている

東京・豊島区に住む不動産会社役員の岡田真和容疑者(44歳)が

詐欺未遂の疑いで逮捕されました。

「新元号」に関することでキャッシュカードなどをだましとる

【改元詐欺】

という詐欺があるのですね・・

「古い元号のキャッシュカードは使えない」といわれたら

信じてしまう方もいるのかもしれません・・

今後もさらに巧妙な詐欺が次々と出てくるのかもしれません・・

この話変だな、、と少しでも疑問に感じたら

家族や知人など信頼できる人にまず相談しないといけないですね・・

スポンサードリンク