橋下徹は事実婚だった?内縁関係でも家族手当を受け取る?妻と入籍し結婚した理由は?

スポンサードリンク







昨年インスタグラムでAV男優のしみけん氏との2ショット「事実婚」を公表して話題になった人気ブロガーで作家のはあちゅう氏が

3月7日放送のAbemaTV『NewsBAR橋下』にゲスト出演し、

事実婚について橋下徹氏と語り合いました。

事実婚といえば・・「はあちゅう」さんというイメージがかなり強いのですが、

実は橋下徹氏も過去に「事実婚」だった時期があるそうなんです。

しかも、「僕は内縁関係で家族手当を受け取った初の司法修習生だった」と告白、

橋下徹さんといえば、お子さんが大勢いらっしゃることでも有名なのですが

やはりお子さんが理由で、今の妻と入籍、結婚されたんでしょうか?

橋下徹は事実婚だった?内縁関係で家族手当を受け取る?

橋下徹さんは、日本のタレントであり、弁護士、元政治家です。

大阪維新の会法律顧問。

大阪府知事、大阪市長、大阪維新の会代表、日本維新の会共同代表、維新の党共同代表、おおさか維新の会代表、

おおさか維新の会法律政策顧問などを歴任してこられたお方でもあります。

今でもテレビで良く見る方ですよね。

今年50歳になられる橋下徹さんは1995年に、現在の妻である

橋下典子さんとご結婚されています。

2人は高校時代(大阪府立北野高校、偏差値76?!)とも言われる超名門校の同級生でした。

橋下徹さんは早稲田大学、典子さん出身大学は神戸女学院大学に進学しますが、

早稲田大学時代にすでに典子さんが東京に来て「同棲」をしていたらしいです。

橋下徹さんと現在の妻の典子さんは結婚をする前から、

いわゆる彼氏と彼女の関係ではなく、内縁関係だったということです。

橋下徹さんは当時のことについて以下のように語っています。

「僕の頃は司法試験に受かると司法研修所で2年間、国家公務員に準じる待遇で給料をもらいながら研修を受けていた。

当時、僕とママはまだ籍を入れていなかった。

事実婚でも家族手当が認められるべきだ!

司法研修所なんだから、これからの時代はそういう権利も守るべきだ!と僕は騒いだ。

そうしたら陳述書にしてくれと言われたので、普通の彼氏・彼女との違いを事細かに書いて提出したら家族手当を出してくれた。

内縁関係で家族手当を取ったのは僕が初めてだった。

でも、よく考えたら税金だから、やりすぎだったかもしれないけれど(笑)。

と語られています。

【内縁関係で家族手当を受け取った初の司法修習生だった】という過去に驚きましたが・・!

さすが橋下徹さん、という感じのエピソードですよね。

橋下徹が事実婚を経て妻と入籍し結婚した理由は?

橋下徹さんは結婚する以前に現在の妻の典子さんと「事実婚」として共に生活していました。

しかし、やがてある程度、生活ができるようになって、

子どもをと思った時に、嫡出子・非嫡出子という、昔ながらの制度を知っているがゆえに、

きちんと結婚しようと思ったそうです。

ある意味、僕も、そういうのに囚われている世代なのかもしれないと橋下徹さんは語っています。

でも法律婚したら、3日後くらいに長女ができちゃった(笑)のだとか・・

そして、橋下徹さんと妻は結婚し、お子さんはなんと7人!

もし僕の娘が事実婚が良いと言ったら、”思っていたのと違う”とならないよう、

ちゃんと説明したいと思っているということです。

橋下徹は事実婚だった?内縁関係でも家族手当を受け取る?妻と入籍し結婚した理由は?まとめ

昨年インスタグラムでAV男優のしみけん氏との2ショット「事実婚」を公表して話題になった人気ブロガーで作家のはあちゅうさん。

今の若い世代だと、事実婚=はあちゅうさんとしみけんさん、というイメージも強いのでは?!

でも、はあちゅうさんが「事実婚」をする前よりもずっと前

司法研修所に在籍していた当時の橋下徹さんも、現在の妻の典子さんと事実婚を選択していたのですね。

【内縁関係で家族手当を受け取った初の司法修習生だった】という過去も!

事実婚の捉え方も今後変わってくるかもしれませんね。

スポンサードリンク