ジュゴンがなくなっていた場所はどこ?絶滅危惧種で3頭の個体Bだった?

スポンサードリンク







国の天然記念物で絶滅する危険性が極めて高い、ジュゴンとみられる生物1頭が、

沖縄本島北部の今帰仁村の沖合で死んでいる状態で見つかりました。

専門家が詳しく調査することにしています。

絶滅危惧のジュゴンはなぜ亡くなってしまったのでしょうか?

亡くなっているのが見つかった場所や、絶滅危惧のジュゴンがあと何頭いるのかも気になりました。

ジュゴンがなくなっていた場所や原因は?

3月18日午後5時すぎ、沖縄県今帰仁村の今帰仁漁港からおよそ200メートルの沖合で、

漁業者がジュゴンのような生物が浮いているのを見つけ、陸揚げしたところ死んでいるのが確認されました。

漁業者などによりますと、体長は3メートルほどで、三角形をした尾の特徴などから国の天然記念物のジュゴンとみられるということです。

3月19日、専門家が詳しく調査することにしています。

亡くなったジュゴンは個体Bだった?

沖縄本島周辺に生息していた天然記念物のジュゴン3頭のうちの1頭とみられる死骸が今帰仁村の運天漁港沖の防波堤付近に漂着。

今帰仁漁業協同組合の組合員が発見し、漁港内で保管しています。

識者によると、古宇利島周辺海域に生息していた「個体B」とみられています。

ジュゴンは日本では沖縄本島周辺だけで確認されています。

 発見されたジュゴンは体長約3メートル。

頭部や顔、胸ビレに傷や出血があり、ところどころ皮がむけているのが確認されています。

生きている個体Bが最後に確認されたのは今年1月8日。

沖縄防衛局による同海域の航空機調査でした。

 漁協組合員は午後5時すぎ、防波堤付近でジュゴンを発見。

尾びれにロープを結び、船で引っ張って漁港内に運び入れ、県と環境省に連絡・

 ジュゴンネットワーク沖縄の細川太郎事務局長は身体的特徴から個体Bと断定。

「沖縄島周辺の3頭の中でも唯一確認できていたジュゴンだった」と残念がっていたそうです。

ジュゴンは絶滅危惧種で日本に何頭いるの?

ジュゴンは暖かい海に生息し海草や藻などを餌としていて、環境省は、近い将来に絶滅する危険性が極めて高いほ乳類に指定しています。

沖縄防衛局の調査によりますと、沖縄本島周辺では数頭(3頭)しか確認されていません。

今帰仁村漁業協同組合の與那嶺好和代表理事組合長は、

「今帰仁村の周辺でたびたび泳いでいる情報を聞いたことはあるが、見るのは初めてだ」と話しています。

ジュゴンがなくなっていた場所はどこ?絶滅危惧種で3頭のうちの個体Bだった??まとめ

国の天然記念物に指定されているものの、絶滅が危惧されているジュゴン

3月18日、ジュゴンとされる生物1頭が沖縄の沖合で死んでいる状態で見つりました。

国の天然記念物に指定されているものの、絶滅が危惧されているジュゴンはこれまで沖縄では数頭しか確認されておらず、

専門家が詳しく調査するということです。

スポンサードリンク