三宅弘城の結婚した妻や子供の年齢は?グループ魂メンバーでピエール瀧の代役?

スポンサードリンク







テクノユニット「電気グルーヴ」のメンバーで、俳優のピエール瀧(本名・瀧正則)さんが出演していた

NHK大河ドラマ「いだてん」で、

ピエール瀧さんの代役が俳優の三宅弘城さんに決定したことが話題になっていますね。

俳優の三宅弘城さんは、ピエール瀧さんと同じ51歳。

NHK大河ドラマ「いだてん」の脚本を務めている宮藤官九郎さんの作品にも良く出てくる

いわゆるクドカンファミリーというイメージのある俳優の三宅弘城さん。

人気劇団「ナイロン100℃」の看板俳優で、「いだてん」の脚本を手がける宮藤官九郎氏(48)と同じ「大人計画」に所属。

ロックバンド「グループ魂」のドラム担当としても知られている三宅さん。

どんな俳優さんなんでしょう?

気になるプライベート(結婚した妻や子供)の情報もチェック!

三宅弘城さんのプロフィール

三宅 弘城

みやけ ひろき

生年月日 1968年1月14日(51歳)
出生地 神奈川県横須賀市
身長 165 cm
血液型 O型
職業 俳優
ジャンル 舞台、テレビドラマ、映画
配偶者 あり(2007年 ‐ )
所属劇団 ナイロン100℃
事務所 大人計画

三宅弘城の結婚した妻や子供の年齢は?

三宅弘城さんは、2007年11月11日に結婚しています。

グループ魂のカウントダウンライブで、結婚したことを発表していいる三宅さん。

今から12年前に結婚しているので、もしお子さんがいるとしたら小学生くらいなのかな?と思いましたが、

三宅弘城さんのお子さんについての情報はありませんでした・・

ネコを飼ってらっしゃるようですね。

奥様が一般の方らしく、ピエール瀧さんと同様奥様やお子さんのプライベートについては情報が流出しないようにしているのかも・・

そんな三宅弘城さんですが・・

以前朝ドラの、「あさが来た」に出演した時には劇中で結婚をしていました。

あさが来た、では番頭の亀助(きすけ)さんを熱演していましたよね・・・

三宅弘城さんが「あさが来た」の劇中で結婚したお相手はなんと・・!

「おふゆ」という若き女中さんを演じていた清原果耶(きよはらかや)さん!

清原果耶(きよはらかや)さんは2002年生まれ。

2019年時点でもまだ17歳の若手女優さん。

三宅弘城さんの年齢は朝ドラ「あさがきた」放送時点で当時48歳。

妻役や子役を演じた清原果耶さんは当時年齢が14歳と年齢差は34歳もあったのです。

そして、「あさが来た」で結婚した三宅弘城さん演じる亀助さんとおふゆちゃんの間にはやがて「ナツ」という娘さんも誕生。

三宅弘城さん演じる亀助さんの娘役を演じたのも、清原果耶(きよはらかや)さんでした・・

三宅弘城がいだてんピエール瀧代役に抜擢の理由は?

三宅弘城さんがいだてんのピエール瀧さんの代役に抜擢の理由は、まだNHKからは正式に発表されていません。

三宅さんは2010年にも、劇団☆新感線舞台「鋼鉄番長」の主演俳優・橋本じゅんが公演中に腰部脊柱管狭窄(きょうさく)症を発症したことを受け、代役を務めたことがあります。

激しいアクションなどが盛り込まれる難しい役だったが、約10日間の稽古で上演を再開。完璧に主役を務め上げ、公演を救ったのが三宅さん。

演技の確かな実力に加え、宮藤氏との信頼関係も厚いことから白羽の矢が立ったとみられています。

NHKはここ数日のうちに、三宅さんに代役を任せることで一本化。

すでに撮影に入っているかどうかは不明ですが、、関係各所との調整を終えたうえで、一両日中に発表する用意を整えているようです。

三宅弘城の結婚した妻や子供の年齢は?グループ魂メンバーでピエール瀧の代役?まとめ

NHK大河『いだてん』のピエール瀧さんに、三宅弘城さんが決定したことが分かりました。

ピエール瀧さんは『いだてん』で、中村勘九郎演じる主人公が信頼を置く重要な役を演じていました。

三宅さんはEテレ『みいつけた!』にも出演中、波瑠主演の朝ドラ『あさが来た』にも出演して

「あさが来た」では34歳の年齢差がある清原果耶さんと結婚・・子供も・・

プライベートでは2007年に一般人の女性と結婚をされています。

三宅弘城さんがどんな風に「いだてん」で存在力を発揮するのかが楽しみですね!

スポンサードリンク