松村匠取締役の経歴や結婚は?とんねるずの番組AD?NGT48山口真帆に謝罪要求?

NGT48の山口真帆さんの暴行事件を受け、運営会社のAKSは22日、新潟市内で記者会見を開きました。

NGT48の山口真帆さんは会見中にツイッターを更新。

「松村匠取締役に謝罪を要求されました」と暴露。

松村氏や劇場支配人の早川麻依子氏について「私の思い込みのように虚偽の説明」と投稿していて波紋を呼んでいます・・

NGT48の山口真帆さんに謝罪を要求した

AKS取締役で運営責任者の松村匠氏とはどんな学歴、経歴の持ち主なのでしょうか?

松村 匠(まつむら たくみ)

1962年11月9日生まれ

56歳

株式会社AKSコンテンツビジネス本部・本部長

AKB48プロジェクトのプロデューサー

主に映像作品のプロデュースを担当。

元フジテレビジョン事業局企画部長。

元編成制作局バラエティー制作センター副部長兼チーフプロデューサー。

大阪府大阪市西成区天下茶屋出身。

大阪府立北野高等学校卒業。

北野高校ラグビー部OB。

慶應義塾大学経済学部卒。

AKS取締役で運営責任者の松村匠氏は1992年、当時フジテレビのADでした。

『とんねるずのみなさんのおかげです』のコントで人力車夫役を演じた際、石橋さんと木梨さんを人力車に乗せ動かした瞬間、松村さんの体重が軽かったため松村自身の体が宙に浮き人力車は、2人を乗せたまま後ろに倒れてしまいます。

坂道から下るシーンを収録した際は、松村さんの体重では人力車を止めきれず、勢いそのままにとんねるずの2人を乗せたまま目の前のセットの壁に激突しました。

2000年夏に『とんねるずのみなさんのおかげでした』で野猿の新メンバー候補になったにもかかわらず惨敗。

『とんねるずのみなさんのおかげでした』のコーナー、「ノリタケーブルTV」の「笑店」(33ch)で野猿メンバーと一緒に出演したり、

「ほんとのうたばん」で「シャングリラ」のPVのパロディに出演したりしていた過去も。

フジテレビを退社してから現在は、AKSに所属しコンテンツビジネス本部の本部長に就任。

AKB48プロジェクトでの仕事やAKB48関連のテレビ番組をプロデュースなどに携わっています。

AKS取締役で運営責任者の松村匠氏について名前検索すると『離婚』というキーワードが出てきます。

かつてとんねるずが松村匠取締役の結婚をいじっていたこともあり・・

結婚していたようですが現在は離婚されているのかもしれません。

松村匠取締役の結婚、離婚については正確な情報が確認できませんでした。

会見の際には左手の薬指に指輪はなかったようです。

(中指には指輪してましたが・・)

松村匠取締役がNGT48の山口真帆さんに謝罪を要求した?

NGT48の山口真帆さんが自身のツイッターを更新。

約2ヶ月半ぶりの投稿で「私は松村匠取締役に1月10日の謝罪を要求されました」などとつづっています。

 「只今、記者会見を行っている松村匠取締役は第三者委員会が行われる前に『繋がっているメンバーを全員解雇する』と私に約束しました。

その為の第三者委員会だと、私も今までずっと耐えてきました。

コミュニケーションも何も、このことに関して聞くと連絡が返ってきません」とツイート。

 「私は松村匠取締役に1月10日の謝罪を要求されました。

私が謝罪を拒んだら、『山口が謝らないのであれば、同じチームのメンバーに生誕祭の手紙のように代読という形で山口の謝罪のコメントを読ませて謝らせる』

と言われました。他のメンバーにそんなことさせられないから、私は謝りました」とつづっています。

会見を行っている3人は「事件が起きてから、保護者説明会、スポンサー、メディア、県と市に、私や警察に事実関係を確認もせずに、私の思い込みのように虚偽の説明をしていました」とし「なんで事件が起きてからも会社の方に傷つけられないといけないんでしょうか」と悲痛な思いを記している山口さん・・

山口さんはツイートで、事件発覚後の劇場での「謝罪」について「(松村氏に)謝罪を要求されました」と訴えたが、松村匠取締役は「劇場の謝罪は要求しておりません」と否定しています。

Twitterの内容はもちろんですが、

とても痩せてしまっていた山口真帆さんが心配ですね・・

松村匠取締役の経歴や結婚は?とんねるずの番組AD?NGT48山口真帆に謝罪要求?まとめ

NGT48の山口真帆さんが2018年末、ファンの男性2人に暴行を受けた問題について

NGT48を運営するAKSが3月22日に記者会見を開きました。

会見中に山口さんはTwitterを更新し

「(記者会見を開いている松村匠取締役は)『繋がっているメンバーを全員解雇する』と私に約束しました」などとツイート。

山口さんはツイートで、事件発覚後の劇場での「謝罪」について「(松村氏に)謝罪を要求されました」と訴えたが、松村匠取締役は「劇場の謝罪は要求しておりません」と否定しています。