岩本真之介(市立和歌山)の出身中学や身長体重は?智弁より公立に進学の理由は?

スポンサードリンク







春のセンバツ高校野球が3月23日(土)に開幕しましたね!

開幕戦は、市立呉と市立和歌山の公立勢同士の対決。

市立和歌山は、打撃力の高さが注目されているチームです。

センバツ出場チーム中、打率.342は7番目!

市立和歌山のエースは新2年生の181センチ長身左腕・岩本真之介選手です。

岩本真之介選は新2年生ということで、1年前の今頃は中学3年生でセンバツを「観る」側だったのではないかと思われる岩本真之介選手。

どんな選手なのでしょうか?

スポンサードリンク







岩本真之介投手(市立和歌山高校2年生)のプロフィール

岩本真之介

(いわもと しんのすけ)

和歌山県 市立和歌山高校 新2年生

ポジション 投手

2002年5月16日生まれ

16歳。

和歌山有田郡広川町出身

身長181cm、

体重71㎏

左投げ左打ち。

制球力が良く、直球と変化球を巧みに使い分ける投球が持ち味。

昨年9 10月に登板した公式戦6試合中5試合で完投勝利を挙げています。

このうち4試合は無失点か1失点と安定しており、1年生エースとしてチームをけん引してきました。

岩本真之介投手(市立和歌山高校2年生)の身長体重は?

岩本真之介投手(市立和歌山高校2年生)は身長181cmと長身のピッチャー。

体重は71㎏ですが、かなり細身の体型です。

岩本真之介投手(市立和歌山高校2年生)は

181センチの長身を生かしたボールに角度のある左腕投手として注目されています。

岩本真之介投手(市立和歌山高校2年生)の野球歴は?なぜ強豪私立の智弁和歌山に進学しなかったの?

幼い頃からテレビでのプロ野球観戦が好きで、小1で野球を始めたという岩本真之介投手。

広川町立南広小学校1年から南広少年野球クラブで野球を始め、

広川町立耐久中学校では和歌山湯浅ボーイズに所属し、

中学3年生の時には和歌山選抜に選出されました。

岩本真之介投手は中学時代、「強豪の壁を乗り越えて甲子園に出たい」と智弁和歌山の難敵の市立和歌山に進みました。

先発完投型として「体力を消耗せず、鋭い球を投げ続けられるようになりたい」と話す岩本真之介投手。

昨秋は近畿大会の龍谷大平安戦で4-5と惜敗、

先発した公式戦で唯一の黒星となり、悔しい思いも経験しています。

岩本真之介投手(市立和歌山高校2年生)の出身中学と過去の所属チームは?

岩本真之介投手は、和歌山有田郡広川町出身

公立の、広川町立南広小学校時代に野球をはじめ、

和歌山県広川町立耐久中学校に進学しました。

広川町立耐久中学校は、和歌山県有田郡広川町にある中学校。

岩本真之介投手(市立和歌山高校2年生)の過去の所属チームは、和歌山県の硬式野球チームである、和歌山湯浅ボーイズです。

岩本真之介(市立和歌山)の出身中学や身長体重は?智弁より公立に進学の理由は?まとめ

春のセンバツ高校野球が3月23日(土)に開幕し、開幕戦は、市立呉と市立和歌山の公立勢同士の対決となっています。

岩本真之介投手は181cm71kgという体格から、MAX135kmの直球とスライダー・カーブ、ツーシームを操る注目の左腕です。

中学時代から活躍していた選手ですが、、和歌山の強豪智弁和歌山高校に進学しなかった理由は

「強豪の壁を乗り越えて甲子園に出たい」から、だったそうです。

岩本真之介投手智弁和歌山の難敵の市立和歌山に進み、センバツに出場。

現在高校1年生(新2年生)の岩本真之介投手。

今後の活躍が楽しみな選手ですね!

スポンサードリンク







スポンサードリンク