担任の懲戒免職を求めた山口県の高校はどこ?教師が暴言や丸刈りを強要した?

スポンサードリンク







山口県の県立高校で1年の男子生徒が、

担任の教諭からバリカンで丸刈り頭にされたり、

授業中に「ばか」などと何度もいわれたりしたと訴え、

同調したクラスの全員が教諭を懲戒免職にするよう求めて嘆願書を提出していたことが分かりました。

【クラス全員が担任教師の懲戒免職求め嘆願書】という事態・・

なぜ高校生たちは担任教師の懲戒免職を求めたのでしょう?

山口県の県立高校とはどこなのでしょうか?

担任教師の懲戒免職を求めた山口県の高校はどこ?

クラス全員が担任教師の懲戒免職求め嘆願書 山口の県立高校とは「山口県立下松工業高校」です。

山口県立下松工業高等学校(やまぐちけんりつ くだまつこうぎょうこうとうがっこう)は、

山口県下松市美里町四丁目に所在する公立の工業高等学校。

総合選択制を取り入れていて、略称は「下工」(くだこう)です。

山口県の高校生が担任教師の懲戒免職を求めた理由は丸刈り強要や暴言?

山口県の県立下松工業高校に通う1年の男子生徒と父親によりますと、

去年10月中旬、担任の40代の男性教諭から

「髪が長い」という理由でバリカンで丸刈り頭にされ、授業中には「ばか」とか「お前は病気だ」などと何度も暴言を浴びせられたということです。

男子生徒はその後体調を崩し、12月に10日間ほど休んだということです。

教諭はほかの生徒に対しても授業や部活動などで日常的に侮辱する暴言を繰り返していたとされ、

クラスの生徒40人全員と保護者39人が安心して学校に通うことができないとして、

先月教諭を懲戒免職にするよう求める嘆願書を県の教育長に提出しました。

その後、学校は今月15日に教育委員会の同席のもとで説明会を開き、教諭本人がクラス全員と保護者に謝罪したということです。

下松工業高校の高橋等校長は、男子生徒をバリカンで丸刈り頭にしたことを教諭本人から報告を受けたので丁寧に指導するよう口頭で伝えたことを明らかにしました。

そのうえで生徒やほかの教諭などから苦情や報告がなかったため改善されたと考えたとしています。

一方でクラス全員の嘆願書が提出されるまで学校側は一連の問題行為について教育委員会に報告していませんでした。

嘆願書が提出されたあとの今月15日、

校長と教育委員会の担当者、それに男性教諭が出席してクラスの生徒と保護者を対象に説明会を開き、

バリカンで丸刈りにしたことや暴言を繰り返したことについて謝罪したということです。

来月からの新年度には男性教諭に担任を持たせないことを含めて対応を検討しているということです。

山口県立下松工業高等学校の教師の暴言内容とは?

2019年3月22日、山口県立下松工業高等学校の1年生の担任を務める40代の男性教諭に問題行動があるとして、

懲戒免職を求める嘆願書を県教育委員会に提出していたことが発覚。

男性教諭は、ある特定の生徒に

「お前は病気だ、精神科に行け」といった内容の事を言い、

2018年12月には「お前が来るのは学校ではなく病院だ、受けるのは授業ではなく治療だ」などといった暴言を繰り返していたそうです。

この他、この生徒に関しては2018年10月に、髪が長いという理由でバリカンを使って生徒を坊主頭にした上、

その後もこの生徒一人だけに掃除をさせるなど、「いじめ」ととれる行動が続き精神的に追い詰めたと指摘されていました。

その他の生徒に対しても「ボケ」「アホ」などとした発言が日常的に繰り返されていたようです・・

担任の懲戒免職を求めた山口県の高校はどこ?教師が暴言や丸刈りを強要した?まとめ

2019年3月22日、山口県立下松工業高等学校の1年生の担任を務める40代の男性教諭に問題行動があるとして、

懲戒免職を求める嘆願書を県教育委員会に提出していたことが発覚。

嘆願書を提出したのは、クラスの生徒40人と保護者39人だとうことです。

クラスの全員が教諭を懲戒免職にするよう求めて嘆願書を提出するとう事態に・・

校長の話によると、教諭本人もことばが不適切だという自覚を持っていて反省の態度を示していたということですが・・

こんな学校に子供を通わせたくない、、と考えてしまいますね。

スポンサードリンク