萩原健一が死去した原因(病名GIST)とは?結婚と離婚は何回?逮捕歴も?

スポンサードリンク







俳優・萩原健一=本名・萩原敬三=さんが3月26日に亡くなっていたことがわかりました。

68歳でした。

萩原さんは1967年、「ザ・テンプターズ」のボーカリストとして、16歳でデビュー。

ドラマ「傷だらけの天使」など俳優として圧倒的カリスマ性を発揮。

“永遠の不良”と呼ばれ

嵐のように生きた生涯に幕が下ろされました・・

自身でも「嵐のように激しく生きてきた」と振り返っていたように、波乱に満ちた人生を送ったショーケンこと萩原健一さん。

結婚、離婚は何回?

4度の逮捕歴のある萩原健一さんですが、過去にどんなことがあったのでしょうか?

ショーケンこと萩原健一さんが2011年から公表をせず闘病していた【GIST(消化管間質腫瘍)】とはどんな病気なのでしょうか?

スポンサードリンク







萩原健一が亡くなった原因は何?

 ドラマ「太陽にほえろ!」「傷だらけの天使」「前略おふくろ様」など数々の作品で知られる俳優で、グループサウンズ「ザ・テンプターズ」のボーカルも務めた萩原健一(はぎわら・けんいち)さんが

3月26日午前10時30分、GIST(消化管間質腫瘍)のため都内の病院で死去したことが28日、所属事務所の発表によってわかりました。

GIST(消化管間質腫瘍)とはどんな病気?

GIST(ジスト:Gastrointestinal Stromal Tumor)は、

胃や腸の消化管壁の粘膜下にある未熟な間葉系細胞に由来する「肉腫」の一種とされ、いわゆる「がん」とは異なります。

発症には男女差がなく、胃に最も多く見られ、序で小腸、その他の消化管になります。

出典 GIST(消化管間質腫瘍) | 希少がんセンター – 国立がん研究センター

萩原さんはGIST(消化管間質腫瘍)で2011年から闘病中で、都内の病院で治療を受けていましたが、

本人の強い希望で病名の公表を控えてたが、容体が急変。

モデルのリカ(本名・理加)夫人に看取られて息を引きとったそうです。

国立がん研究センターが運営する「がん情報サービス」によると、

GISTは消化管間質腫瘍を示す英語Gastrointestinal Stromal Tumorの略称。

胃や小腸などの消化管の壁にできる悪性腫瘍の一種で、粘膜から発生する胃がんや大腸がんとは異なる性質を示す。

発生頻度は10万人に1~2人と少なく、希少がんの1つに位置付けられているということです。

萩原健一(はぎわら・けんいち)さんは埼玉県出身

「ショーケン」の愛称で親しまれ、一時代を築いた俳優さんでした。

容体が急変し、妻に看取られて息を引きとった萩原さん。

68歳でした。

葬儀は、家族葬として営まれ、27日に荼毘(だび)にふされたということです。

萩原さんは、今月18日に、内田裕也さんが亡くなった際に所属事務所を通じて

「非常に残念です。近々、企画書をもって裕也さんと共演することを楽しみにしていましたが、奥様のご不幸があり、タイミングを逃しました。心よりご冥福をお祈りします」とコメントを発表していました。

さらに、2011年に結婚したモデルの冨田リカさんが3月24日に更新したブログでも、冨田さんとともにバランスボールに乗るなどジムに通う様子が伝えられていました。

萩原健一の結婚と離婚歴は?

萩原健一さんは私生活では1980年に結婚、

1984年に離婚した女優・いしだあゆみさんらと、過去に3度、離婚を繰り返し、

2011年2月、モデルの冨田リカ(57」)=現・萩原リカ(本名理加さん)=と4度目の結婚。

2011年にリカ夫人と“4度目婚”後は、物腰も柔らかくなり、あちこちで「ショーケンが丸くなった」と言われるようになった萩原さん。

恋人つなぎで会見に表れるなど、周囲の人がうらやむほどアツアツで

「今まではジェットコースターのような人生だったけど、今はメリーゴーラウンドのようだね」「愛してます」などと穏やかな笑顔で話していました。

萩原健一が過去に逮捕された理由とは?

自身でも「嵐のように激しく生きてきた」と振り返っていたように、波乱に満ちた人生だった萩原健一さん。

1983年には大麻取締法違反(所持)で逮捕。

1984年に飲酒運転で人身事故を起こし、逮捕。

2004年10月にも人身事故を起こして逮捕されています。

2005年には降板した主演映画の出演料をめぐるトラブルにより、恐喝未遂容疑で逮捕。

2005年6月に懲役1年6ヶ月、執行猶予3年の有罪判決を受け、事実上活動を休止し、2008年に活動を再開しました。

萩原健一が死去した原因(病名GIST)とは?結婚と離婚は何回?逮捕歴も?まとめ

俳優の萩原健一(はぎわら・けんいち、本名敬三=けいぞう)さんが

3月26日午前10時30分、GIST(消化管間質腫瘍)のため東京都内の病院で死去していたことがわかりました。

68歳でした。

ドラマ「傷だらけの天使」「太陽にほえろ!」など俳優として圧倒的カリスマ性を発揮。

“永遠の不良”と呼ばれた「ショーケン」が嵐のように生きた生涯に幕が下ろされました。

ご冥福をお祈りします。

スポンサードリンク







スポンサードリンク