野球部でいじめがあったのは県立久留米筑水高校?南福岡大会を出場辞退していた?

去年6月、福岡県久留米市にある県立高校の男子生徒が、ほかの生徒からいじめを受けていたことをうかがわせるメモを残して自殺し、県の第三者委員会はいじめがあったと認定したうえで、自殺はいじめが原因だったとする報告書をまとめたことがわかりました。

福岡県久留米市にある県立高校は「久留米市の県立久留米筑水高校」であるようです。

男子生徒は所属していた野球部の部員から日頃から嫌がらせを受けていて、集団で服を脱がされたりスマートフォンなどを隠されたりしたほか、通信アプリのLINEを使った部内のグループから自分だけ外されたということです。

高校野球部で集団いじめの結果、高校2年生の男子生徒が自ら命を絶つというとても痛ましい事件がおきてから9ヶ月・・

男子生徒の自殺を受け県の教育委員会は、専門家などによる第三者委員会を設置し、野球部の部員や教員から聞き取りを行うなどして報告書にまとめ、3月26日までに保護者に伝えたということです。

福岡県立久留米筑水高校野球部でいじめ?

久留米市の県立久留米筑水高で昨年6月、

当時16歳(2年生)の男子生徒がいじめを苦に自殺していたことがわかりました。

男子生徒は野球部に所属しており、自宅でなくなっていたということです。

男子生徒は、

無理やり服を脱がされる、

スマートフォンを隠される、

LINEの野球部内グループからはずされるなど・・

野球部員から日常的にいじめや嫌がらせ行為を受けていたようです。

いじめられていた野球部の男子生徒が残したスマホのメモの内容とは?

男子生徒は、自殺した当日の日付で自分のスマートフォンに遺書のようなメモを残していました。

メモは「みんな今までありがとうgood-bye」という文章で始まり、野球部員の数人の生徒の名前とともに「毎日色々言われてもう限界やった」と記しています。

そのうえで「迷惑かけてごめんね。俺がこの世界のいるだけで邪魔だったね生きているだけで苦痛だったよ」と結んでいます。

福岡県立久留米筑水高校野球部のいじめを第三者委員会が認め南福岡大会出場辞退も?

去年、福岡県久留米市にある県立高校の男子生徒が、ほかの生徒からいじめを受けていたことをうかがわせるメモを残して自殺し、県の第三者委員会はいじめがあったと認定したうえで、自殺はいじめが原因だったとする報告書をまとめたことがわかりました。

野球部でいじめがあった久留米市の県立高校は、福岡県立久留米筑水高校野球部ということです。

福岡県立久留米筑水高校野球部は2018年夏の全国高校野球選手権大会・南福岡大会の出場を辞退していました。

その理由について「主力選手が死亡したことによる部員の動揺が大きいため」としています。

野球部でいじめがあったのは県立久留米筑水高校?南福岡大会を出場辞退していた?まとめ

去年6月、久留米市の福岡県立久留米筑水高校の野球部の2年生(当時16歳)の男子生徒がいじめが原因で亡くなっていたことがわかりました。

男子生徒は自分のスマートフォンに亡くなった当日の日付でメモを残していて、

野球部員の数人の生徒の名前とともに「毎日色々言われてもう限界やった」

「生きているだけで苦痛だったよ」などと記しています。

県の第三者委員会はいじめがあったと認定したうえで、自殺はいじめが原因だったとする報告書をまとめたことがわかりました。

高校2年生、16歳、野球部というと・・青春まっただ中というイメージがありますが・・

集団によるいじめを苦にしてなくなってしまうことを選ぶとは・・

とても追いつめられていて他の選択肢(野球部をやめる、学校をやめる、他の高校に転校する、通信制高校に編入など)

を想像することもできなかったのかもしれませんね。

10代で保護者のもとで生活していることもあって、学校や部活をやめることが「悪」だと思ってしまっていたのかもしれません・・

男子生徒の父親は

「生徒たちには反省してもらいたいというのが建て前で、本音を言うと本当に許せないです。それしかないです」と話しています。

亡くなられた生徒の方のご冥福をお祈りします・・