ウラン売買関与の男子高校生とは?名古屋の元大学生と情報交換も?ヤフオクに出品?

高性能爆薬の四硝酸エリスリトール(ETN)を製造・所持したとして火薬類取締法違反(無許可製造など)容疑で書類送検された東京都内在住の男子高校生(16)が、

インターネットのオークションサイト(ヤフオク)でウランが売買されていた事件に関与した疑いがあることがわかりました。

男子生徒は昨年8月19~20日、自宅でETNを含む結晶約2.4グラムを製造したなどとして、8日に書類送検されていました。

16歳の男子高校生が・・ウラン売買関与という衝撃的なニュースですが・・

16歳の男子高校生はSNS(ツイッターやLINE(ライン)を通じて、今年3月に名古屋地裁で爆発物取締罰則違反などの罪で実刑判決を受けた名古屋市の元大学生と知り合い、ETNの製造方法などを尋ねていたそうです。

ウラン売買関与の男子高校生とはどんな人物なのでしょうか?

動機などはわかっているのでしょうか?

ウラン売買関与の男子高校生とは?ヤフオクに出品したり同級生に渡した?

爆薬を製造したとして書類送検された東京都内の16歳の男子高校生が、インターネットのオークションサイトでウランが売買された事件に関与した疑いがあることがわかりました。

関与したとされるのは、ヤフーのオークションサイトで「ウラン99.9%」などとして放射性物質が出品されていた事件。

この事件は去年、インターネットオークションにウランとみられる物質が出品されたもので、鑑定の結果、物質はウランと確認されています。

少年は自宅で濃縮ウランの原料になる「イエローケーキ」を精製して同級生に渡したほか、インターネットオークションに出品し販売したとみられ、警視庁は原子炉等規制法違反の疑いを視野に捜査を進めています。

爆薬製造・ウラン売買に関与した男子高校生については現在で以下の情報がわかっています。

16歳(2019年4月10日時点)

東京都内在住

高校2年生

爆薬製造・ウラン売買に関与した男子高校生については現時点で年齢が16歳、昨年の時点でも高校生だったことから

2019年4月に高校2年生に進級していると思われます。

TBSの報道では「都内に住む高校2年生の男子生徒」となっていました。

爆薬製造・ウラン売買に関与した男子高校生は名古屋の元大学生と情報交換も?

爆薬「四硝酸エリスリトール(ETN)」を無許可で製造、所持したとして書類送検された男子高校生は容疑を認め、「化学が好きなので、知識として知っておきたかった」と話しているということです。

男子高校生は、爆薬「過酸化アセトン(TATP)」などを製造して爆発物取締罰則違反などの罪に問われ、懲役3~5年を言い渡された名古屋市の元男子大学生(19)とツイッターやLINE(ライン)を通じて知り合い、ETNの製造方法について、2人は情報交換していたということがわかっています。

男子高校生は名古屋市の元大学生にETNの製造状況をSNSで逐次報告していたようです。

高校生は化学に興味がある複数の人物とツイッターやLINE(ライン)で連絡を取り合っていたといい、公安部は元大学生はその一人だったとみています。

高校生は「元大学生とは昨年6月ごろ知り合った」と話しているが、直接顔を合わせたことはないとみられています。

ウラン売買関与の男子高校生とは?名古屋の元大学生と情報交換も?ヤフオクに出品?まとめ

春から高校2年生になったと思われる16歳男子高校生が・・

威力の強い爆薬「ETN(四硝酸エリスリトール)」を自宅で製造し、所持していたり

ウランの売買に関与していたという衝撃的な事件・・

ETNの製造方法については、すでに実刑判決を受けた名古屋市の元大学生と情報交換もしていたようです。

容疑を認め、「化学が好きなので、知識として知っておきたかった」ということですが・・

一歩間違えてしまえば・・と思うとこわいですね。