ノートルダム大聖堂火災の原因ははんだごて?バラ窓は無事?テロの可能性は?

フランスのパリを代表する観光名所でユネスコの世界文化遺産にも登録されているノートルダム大聖堂で、現地時間の15日夜、日本時間の16日未明、大規模な火災が発生し大聖堂の中央部分が崩れ落ちたほか正面の塔にも火が燃え移り消火活動が続いています。

午後7時50分(日本時間午前2時50分)ごろ、寺院の尖塔上部が、屋根全体に広がった炎の中に崩れ落ちると、群集からは悲鳴が上がり、その直後に尖塔の残りが崩れ落ちました。

消防は大聖堂の屋根裏付近から火が出たとみていますが、詳しい原因はわかっておらず、地元の検察当局は失火の疑いで捜査を始めたことを明らかにしました。

大聖堂では建物の周りに足場を組んで修復などの工事が行われていたということです・・

ノートルダム大聖堂の火災はなぜ発生したのでしょうか?

放火やテロの可能性はあるのでしょうか?

現在の状況や消火活動はどうなているのでしょうか?

スポンサードリンク







ノートルダム大聖堂の火災の原因ははんだごて?

フランス・パリ中心部にある観光名所のノートルダム大聖堂で15日午後6時50分(日本時間16日午前1時50分)ごろ、大規模な火災が発生し、高さ約90メートルの尖塔(せんとう)が崩落しました。

大聖堂を象徴する南北の塔は崩落を免れています。

当時は閉館時間帯で観光客らはいなかったようですが、消防士1人がけがをしたとの情報があります。

改修工事中の失火の可能性があるとみられていて、火災は16日未明に鎮圧されています。

「ノートルダム大聖堂」の火災の原因が「はんだごて」である可能性が浮上しているという情報がありましたが・・

大聖堂は修復工事中でその作業中にはんだごてが使われていた?

「作業員がはんだごてを置いたまま、その場を離れた」などという情報がSNS上で飛び交っているようですが・・

この情報はまだ不確実です。

ノートルダム大聖堂の火災で薔薇窓は無事?尖塔が崩壊?

フランスを代表する観光名所、パリのノートルダム大聖堂で大規模な火災が起き、中央部分の屋根が崩壊し、高さ約90メートルの尖塔(せんとう)が焼失しました。

大聖堂は昨年から大規模な改装工事に入り、尖塔を囲む銅像の移転作業が行われたばかり。

「バラ窓」と呼ばれる丸いステンドグラス、重さ13トンの大鐘「エマニュエル」などで知られています。

パリのノートルダム大聖堂の「バラ窓」については

「バラ窓ステントグラスは高熱で爆発した」

「3つのバラ窓うち1つは崩壊。」という情報がTwitter上にありました。

ノートルダム大聖堂火災はテロの可能性はある?

ノートルダム大聖堂の火災は改修工事が原因との情報があり、

テロの可能性は低いと見られているようです。

現時点ではテロや放火の可能性はかなり低いということのようです・・

ノートルダム大聖堂火災の原因ははんだごて?バラ窓は無事?テロの可能性は?まとめ

フランス・パリ中心部にあるノートルダム大聖堂で大規模な火災が発生。

築850年になるゴシック様式の大聖堂は、フランスでも特に有名な名所のひとつです。

消防隊が消火に当たっていますが、すでに尖塔と屋根が崩落。

パリ消防当局の関係者によると、大聖堂の主要部分は無事だということです。

炎が屋根を突き破ると共に、大きな爆発音が続き、有名なステンドグラスの窓(バラ窓)も破壊されたそうです。

消防当局は、大聖堂内の美術品の救出と北塔の崩落を阻止しようと尽力しています。

出火原因はまだ明らかになっていませんが、消防当局は改修工事との関連が考えられるとみています。

スポンサードリンク