大原昌裕の顔画像は?静岡の新東名を210キロで走行した理由や車種はアウディ?

スポンサードリンク







静岡県内の新東名高速道路で、制限速度を90キロ上回る時速210キロで走行したとして、20歳の男が逮捕されました。

逮捕されたのは、静岡市葵区田町の無職大原昌裕容疑者(20)です。

警察によりますと、大原容疑者は、3月24日の午後10時ごろ、新東名高速道路の静岡県内の上り線で、制限速度を90キロ上回る時速210キロで走行した疑いが持たれています。

この場所を含むおよそ50キロの区間は、先月から最高速度が試験的に時速120キロに引き上げられ、安全性などの確認が進められています。

違反した車はドイツのメーカーの輸入車で、警察が、スピード違反を取り締まる装置に記録されていたナンバーをもとに捜査を進めていました。

警察によりますと、調べに対し、容疑を認めているということです。

静岡県内の新東名高速道路で、制限速度を90キロ上回る時速210キロで走行した大原昌裕容疑者・・

20歳という若者ですが・・無職なんですね。

新東名のどのあたりを時速210キロで走行したのでしょう?

そもそも、時速210キロで走行することができる車となると・・輸入車ですよね!?

大原昌裕容疑者が乗っていたのは「ドイツのメーカーの輸入車」ということですが無職なのに輸入車に乗っていた?

なぜ、新東名高速道路の静岡県内の上り線で、制限速度を90キロ上回る時速210キロで走行したのかが気になりますね・・

大原昌裕の顔画像は?

新東名高速道路の試験的に最高速度を120キロに引き上げている区間で、乗用車を時速210キロで運転したとして、静岡市葵区田町の無職、大原昌裕容疑者(20)が道交法違反の疑いで逮捕されました。

速度違反自動監視装置(オービス)が違反車両を検知。

写真を解析し、ナンバープレートなどから大原容疑者を特定したということです。

大原昌裕(おおはら まさひろ)

年齢 20歳

住所 静岡県静岡市葵区田町

職業 無職

静岡市葵区田町の無職、大原昌裕容疑者の顔画像はニュースで報道されていました。

静岡市葵区の「大原」という表札のある一戸建てに住んでいたのでおそらく両親や家族と同居しているのかもしれないですね。

静岡の新東名を210キロで走行した理由とは?場所はどこ?

警察によりますと、静岡市葵区田町の無職、大原昌裕容疑者は3月24日の午後10時ごろ、最高速度が時速120キロに引き上げられている、新東名高速道路の静岡県内の上り線の区間で、制限速度を大幅に上回る時速210キロで乗用車を運転したとして道路交通法違反の疑いが持たれています。

警察によりますと、乗用車はドイツのメーカーの車で、警察が「オービス」と呼ばれる自動取り締まり装置に記録されていた速度や車両のナンバーをもとに、運転していた人物の特定を進めていました。

調べに対し、大原容疑者は「速度違反をしたことは間違いありません」と容疑を認めているということです。

新東名を210キロで走行した具体的な理由については不明です。

わかり次第追記します。

静岡県内の新東名高速道路では、3月1日から、新静岡インターチェンジと森掛川インターチェンジの上下線およそ50キロの区間で、最高速度が120キロに引き上げられていて、安全性などが検討されています。

大原昌裕容疑者が210キロで走行した場所は、

「新静岡インターチェンジと森掛川インターチェンジの上り線およそ50キロの区間」ということですね・・

上り線を走行していたということなので、静岡市葵区田町に住んでいる大原昌裕容疑者が、

静岡県の西部方面から、自宅のある静岡市方面に向かって新東名を走行中に210キロというスピードで走行をしていたようです。

大原昌裕が静岡の新東名を210キロで走行した車の車種はアウディ?

大原昌裕が静岡の新東名を210キロで走行した車の車種はアウディと特定されているようです。

「車はアウディのセダンタイプで、速度違反自動監視装置(オービス)

で発覚したという。」ことですが・・

20歳で無職の男性が、ドイツのメーカーの車(アウディのセダンダイプ)を購入し維持しているとは考えにくいので

家族(親)名義の車?なのかもしれませんね。

大原昌裕の顔画像は?静岡の新東名を210キロで走行した理由や車種はアウディ?まとめ

新東名高速道路を時速210キロで走った疑いで、無職の20歳の男が逮捕されました。

逮捕されたのは静岡市葵区田町の大原昌裕容疑者で、3月24日夜、静岡県内を走る新東名の制限速度120キロの試行区間を、90キロ超える210キロで走った疑いです。

警察によりますと自動速度取締装置通称・オービスに、セダンタイプ(アウディ)の車を走らせる大原容疑者の姿が映っていたということです。

大原容疑者はスピードを出しすぎたことを認めているということです。

アウディのセダンタイプに乗っていたと見られている大原昌裕容疑者。

ドイツのメーカーの輸入車の性能を試したかった?

単純に急いでいた?

などいろんな理由が考えられますが、新東名を210キロで走行した理由については不明です。

新東名の制限速度120キロの試行区間だとほとんどの車がかなりのスピードを出して走っているとは思いますが・・

さすがに210キロで走行は・・危険ですね・・

スポンサードリンク