佐藤可惟(かい)の中学校はどこ?今後は留学?家族は母親と姉?バレエ登竜門で2位に!

若手バレエダンサーの登竜門の1つ、「ユース・アメリカ・グランプリ」がニューヨークで開かれ、福島県いわき市の中学1年生、

佐藤可惟(かい)君が2位に入りました。

「ユース・アメリカ・グランプリ」は、スイスの「ローザンヌ国際バレエコンクール」と並んで、若手を対象にした最大規模の国際コンクールです。

世界11か国での予選を勝ち抜いたダンサーが参加して、今月12日からアメリカ・ニューヨークで本選と最終審査が行われ、19日、結果が発表されました。

このうち、9歳から11歳の「プリコンペティション」部門では、福島県いわき市の中学1年生、佐藤可惟くん(12)が2位に入りました。

2019年春にいわき市の中学校に入学したばかりの中学1年生、佐藤可惟(かい)君が若手バレエダンサーの登竜門のコンクールで見事2位に!

佐藤可惟(かい)君が通っている中学校とは?

ご家族は?

どんなスーパ−中学生なんでしょうか?!

佐藤可惟(かい)君の通う中学校はいわき市のどこ?

若手バレエダンサーを対象にした国際コンクール「ユース・アメリカ・グランプリ(YAGP)」の審査結果が19日、米ニューヨークで発表され、9~11歳の男子部門で福島県いわき市の小名浜第二中1年、佐藤可惟君(12)が2位になりました。

1位はベルギーのマティス・レベンスさんでした。

佐藤可惟君は 時差ぼけで演技中は少し眠かったが、緊張はしなかったということです。

取材に対して「1位を取りたかった。少し悔しい」と語っています。

ただ、トロフィーを受け取った瞬間は「本当にもらっていいのかな」と思ったというエピソードが・・初々しいですね・・!

演技を評価され、ベルリンのバレエ学校で学ぶ奨学金を得たため、今夏から約1年間、留学するということです。

佐藤可惟

さとうかい

福島県いわき市在住

いわき市小名浜東小学校卒業

いわき市 小名浜第二中学校 1年生に在学中

2006年か2007年生まれ

東日本大震災後(4歳か5歳当時)家族と札幌に移住

9歳の時にいわき市に戻る

9歳から姉の影響でバレエを始める

佐藤可惟(かい)君の通う中学校はいわき市の「小名浜第二中学校」ということです。

佐藤可惟(かい)君の経歴は?家族は母親と姉がいる?

佐藤可惟(かい)君は現在12歳(福島県いわき市の小名浜第二中1年)

9歳から姉の影響でバレエを始め、今回の大会では「パキータ」という作品で、恋に落ちたフランス人将校を演じました。

「将来は、どんな役でもできる、人を楽しませるダンサーになりたい」と笑顔で話していたそうです。

バレエをはじめてまだたったの3年?!

もっと幼い頃からバレエをはじめたのだと思ってました・・!

天才ですね!

佐藤可惟(かい)君は東日本大震災で被災後、家族で札幌市に移住していたそうです・

その後いわき市に戻って9歳でバレエを始めました。

「きれいに、丁寧に、笑顔で」を心がけたという佐藤可惟(かい)君。

賞金300ドル(約3万3600円)については「友だちにお土産を買いたい」とはにかんで答えてくれたそうです。

佐藤可惟(かい)君のご家族は、同じくバレエをやっていたお姉さん、そしてお母さんのようです。

東日本大震災で被災後、家族で札幌市に移住したということですが、3年前、9歳の時にいわき市に戻られています。

佐藤可惟(かい)の中学校はどこ?今後は留学?家族は母親と姉?バレエ登竜門で2位に!まとめ

若手バレエダンサーを対象にした国際コンクール「ユース・アメリカ・グランプリ(YAGP)」の審査結果が19日、米ニューヨークで発表され、9~11歳の男子部門で福島県いわき市の小名浜第二中1年、佐藤可惟君(12)が2位になりました。

演技を評価され、ベルリンのバレエ学校で学ぶ奨学金を得たため、今夏から約1年間、留学するということです。

表彰式のあと、「本番で失敗してしまって、本当に賞をもらっていいのかなという感じでしたが、とてもうれしかったです。どんな役でもできて人を楽しませるようなダンサーになりたいです」と話していたそうです。

まだ12歳の中学1年生・・!

今後の活躍に期待が高まりますね!