西田哲也(経産省キャリア官僚)の役職や年収は?アメリカから薬物を密輸?

スポンサードリンク







警視庁は29日までに、麻薬特例法違反容疑で、経産省キャリアの男を逮捕したと発表しました。

逮捕されたのは、経済産業省製造産業局自動車課課長補佐の西田哲也容疑者(28歳)で、

西田哲也容疑者は経産省のキャリア官僚とみられています。

国際郵便でアメリカから到着した不審な荷物があり、税関で調べたところファッション雑誌のページの間から、粉末が入った袋が見つかり・・

その郵便物を受け取りにきたところを現行犯逮捕されたという、西田哲也容疑者。

28歳で「経済産業省の課長補佐」ということで・・キャリア組の中でもエリートコースを歩いていたと思われる西田課長補佐、

西田哲也(経産省キャリア官僚)の現在の役職や年収は?

薬物を自分で使うために「密輸」した・・ということなんでしょうか・・

スポンサードリンク







西田哲也(経産省キャリア官僚)の現在の役職や年収は?出身大学はどこ?

氏名 西田哲也

年齢 28歳

職業 経済産業省製造産業局自動車課課長補佐

住所 東京都足立区綾瀬3丁目

西田課長補佐の学歴やくわしい経歴については

「西田課長補佐は平成25年入省」だということがわかっています。

現在入省して6年目ということなので、大学にもストレートで入学、卒業し新卒で入庁しているものと思われます。

経産省のキャリア官僚ということで「東京大学」などの難関大学を卒業している可能性が高いと思われます。

「西田哲也」と検索すると、

「東京大学工学部システム創成学科 平成25年3月卒業 現資源エネルギー庁」という同姓同名の人物が検索結果に出てきます。

しかし、現在はインタビュー記事等を見ることができない状態になっています。

28歳で経産省キャリア官僚という優秀さなので、東大にストレート入学し、東大の工学部システム創成学科を卒業しているという可能性も高そうですね・・

キャリア官僚の出身大学は、東京大の372人が最多で、京都大182人、早稲田大123人、大阪大83人、北海道大82人と続いています。

(2017年度)

西田哲也容疑者(経済産業省製造産業局自動車課課長補佐)の自宅のある「東京都足立区綾瀬3丁目」から

勤務先の経済産業省(東京都千代田区霞が関1-3-1)までは、東京メトロ千代田線で1本でアクセスできます。

綾瀬駅から霞ヶ関までは東京メトロ千代田線で約40分ですね。

西田哲也容疑者は経産省のキャリア官僚とみられています。

現在の役職は「経済産業省 製造産業局 自動車課課長補佐」だということです。

「課長補佐」で28歳である西田哲也容疑者の年収は、600万円台〜700万円台ではないかと思われます。

キャリア官僚20代後半になると係長に昇進しますが、その時点での年収は約500万円ということです。

30代には課長補佐まで昇進し、年収も750万円にまで上昇する、ということですが西田容疑者は28歳です。

キャリア官僚の中でも能力が高く、出世も早い、エリートコースを歩いていたのかもしれませんね・・

キャリアとして採用された場合、この課長補佐までは一律に出世していきます。

ちなみに課長補佐が一番忙しい時期といわれ、残業時間も相当な数字になるようです。

出典 キャリア官僚の年収

警視庁は西田課長補佐が自分で使用するため薬物を入手したとみて調べているということですが・・

28歳で「経済産業省製造産業局自動車課課長補佐」という肩書きを手に入れていることに驚いている方も多いようです・・

それほどまでに優秀なキャリア官僚がなぜ違法な薬物に手を出してしまったのでしょうか・・

西田哲也(経産省キャリア官僚)はアメリカから薬物を密輸しようとした?

西田哲也課長補佐(経産省キャリア官僚)は米国から覚醒剤を密輸しようとしており、泳がせ捜査していた捜査機関が中身を入れ替えた郵便物を受け取った疑いが持たれているとのことです。

西田哲也容疑者は

「受け取ったが、覚醒剤が入っているとは知らなかった」

と容疑を否認しているということです。

組織犯罪対策5課によると、逮捕容疑は自宅マンションで27日、覚醒剤が入っていると知りながら国際スピード郵便物を受け取り、所持したというもの。

荷物は米・ロサンゼルスから送られたファッション雑誌1冊で、一部が袋とじ状にされ、中に袋入りの覚醒剤約20グラム(末端価格約120万円)が入っていたそうです。

荷物は15日に日本に届き、東京税関が検査で覚醒剤を発見。

17日に警視庁に通報し、合同で調べていました。

荷物の宛先は西田容疑者宅ではなかったが、西田容疑者が自宅に届けるよう郵便局に連絡。

受け取ったところを逮捕したということです。

出典 朝日新聞デジタル

西田哲也(経産省キャリア官僚)の現在の役職や年収は?アメリカから薬物を密輸?まとめ

経済産業省の28歳の課長補佐が、覚醒剤およそ20グラムを国際郵便で密輸したとして逮捕されました。

逮捕されたのは、経済産業省のいわゆるキャリア官僚で製造産業局自動車課の課長補佐西田哲也容疑者(28)です。

西田課長補佐は覚醒剤22.1グラム、末端価格でおよそ130万円相当を密輸したなどとして麻薬特例法違反の疑いが持たれています。

国際郵便でアメリカから到着した不審な荷物があり、税関で調べたところファッション雑誌のページの間から、粉末が入った袋が見つかったということです。

宛名には別の住所が書かれていましたが、西田課長補佐が自宅に届けるよう郵便局に連絡していたということで、27日、受け取ったところを逮捕しました。

警視庁は西田課長補佐の自宅を捜索して携帯電話やパソコンなどを押収するとともに、自分で使用するためだったとみて調べています。

西田課長補佐は調べに対して、「郵便物を受け取ったのは間違いないが、覚醒剤が中に入っているとは知らなかった」などと供述しているということです。

経済産業省では「職員が逮捕されたことは、誠に遺憾です。捜査に最大限協力し、全容の解明を踏まえて、厳正に対処します」と話しています。

スポンサードリンク