鈴木彩艶(ざいおん/浦和ユース)はハーフで出身は浦和?中学高校はどこ?父親や母親は?

日本サッカー協会(JFA)は7日、今月23日からポーランドで開催されるU-20ワールドカップに出場するU-20日本代表メンバー21人を発表しました。

メンバーリストには主力候補だった5人の名前がありませんでした。

6月のコパ・アメリカでA代表初招集が見込まれる

FW久保建英(FC東京)、

MF安部裕葵(鹿島)、

GK大迫敬介(広島)が招集を見送られたほか、

DFリーダーの橋岡大樹(浦和)、

GK谷晃生(G大阪)

も負傷のため大会に間に合わず、選外となりました。

昨年10月に行われたU-19アジア選手権を戦った世代屈指のGK3人中2人が抜ける形となり、高校2年生のGK鈴木彩艶(すずき・ざいおん・浦和ユース)が最年少でサプライズ招集!!

高校2年生のGK鈴木彩艶(ざいおん)選手はハーフですが・・

お父さん、お母さんはどんなお方?

どんな選手なのでしょうか?

鈴木彩艶(ざいおん)はハーフ?父親や母親は?出身は浦和?

鈴木 彩艶

スズキ ザイオン

所属:浦和レッズユース

背番号:25

ポジション:GK

2002-08-21生まれ

さいたま市立木崎中学校卒業

16歳

高校2年生

身長188cm

体重90kg

彩艶(ざいおん)というとてもめずらしいお名前の鈴木選手、

名前は聖書に登場する聖なる丘、「Zion」に由来しているということです。

彩艶(ザイオン、Zion)の名を「気に入っていますね」と微笑む守護神。

世界での活躍を目指してより高い意識を持って、力を磨いています。

2002年生まれの鈴木彩艶(ざいおん)選手、

ガーナ人の父と日本人の母を持つハーフです。

幼稚園でサッカーを始め、小学生からGK一筋。

1世代上のU-16日本代表でアピールを続けていましたが、2017年7月に行われた国際ユースin新潟で2世代上のU-17日本代表に初招集。

185cmの恵まれた体躯を生かしたプレーが「将来性豊か」と森山監督の心をつかみ、GKの3枠に滑り込みました。

GK鈴木彩艶(ざいおん、浦和ジュニアユース)選手は唯一、中学生でU-17日本代表に選出された注目GK。

その才能は早くから花開き、浦和レッズジュニアチーム時代には小学5年時に一学年上の試合に出場。

サプライズのU-17日本代表“飛び級”選出にも「上でやるのは慣れている」と物怖じすることなく、チームに溶け込んでいます。

ガーナ出身の父と日本人の母を持ち、埼玉で浦和レッズに憧れて育ったという鈴木彩艶(ざいおん)選手

具体的な出身地

通っている高校

現在在籍している高校(高校の学年だと2年生)については情報がありませんでしたが・・

浦和レッズジュニアチーム時代には小学5年時に一学年上の試合に出場していることから、おそらく浦和市周辺の出身ではないかと思われます。

追記

 鈴木彩艶(ざいおん)選手は「アメリカ生まれ埼玉育ち」

 鈴木彩艶(ざいおん)選手の出身中学校は、埼玉県さいたま市浦和区瀬ヶ崎二丁目にある公立中学校である

「さいたま市立木崎中学校」

であるようです。

GK3枠目は16歳鈴木彩艶が最年少でサプライズ招集!!

5月7日、公益財団法人日本サッカー協会から発表があり、浦和レッズユースの鈴木彩艶選手が、FIFA U-20ワールドカップポーランド2019に出場するU-20日本代表メンバーに選出されました。

以下は鈴木彩艶選手のコメントです。

「FIFA U-20ワールドカップポーランド2019に出場するU-20日本代表に選出いただき、大変光栄に思います。

これまで自分の成長を支え、関わっていただいたみなさんに感謝いたします。

そして、積み重ねてきた技術や身体、精神面など、今の自分にできることをしっかりと発揮し、どんな立場であってもチームの勝利に貢献できるよう全力を尽くします。

応援、よろしくお願いします」

出典 浦和レッドダイヤモンズ育成オフィシャルサイト

鈴木彩艶(ざいおん/浦和ユース)はハーフで出身は浦和?父親や母親は?U-20日本代表に!まとめ

高校2年生のGK鈴木彩艶(ざいおん)選手が最年少でサプライズ招集されました。

ガーナ人の父と日本人の母を持つ鈴木彩艶(ざいおん)選手はU-17ワールドカップにも唯一、中学生で選出されていた経歴があります。

今後の活躍が本当に楽しみな選手ですね!