坂井宏朗医師(戸田市さかい皮膚科院長)の経歴は?無資格のバイトがレーザー脱毛?

脱毛用の医療レーザー機器を、扱う資格のない職員に使わせて患者にけがを負わせたなどとして、埼玉県警は9日、埼玉県戸田市にあるクリニック「さかい皮膚科」の男性院長、坂井宏朗医師(74)を業務上過失傷害と保健師助産師看護師法違反(無資格者による診療補助行為)の疑いで書類送検しました。

坂井医師は2015年12月、診療所でアルバイトの女性にレーザー脱毛を行わせ、客の男性の顔にやけどを負わせた疑いが持たれています。

戸田市にあるクリニック「さかい皮膚科」の院長、坂井宏朗医師はなぜ、看護師や准看護師の資格がないパート、アルバイト従業員にレーザーを使った脱毛の施術を行わせていたのでしょうか?

スポンサードリンク







坂井宏朗医師(さかい皮膚科院長)の経歴は?

埼玉県戸田市の診療所で、アルバイトの女性にレーザー脱毛を行わせ、客の男性にけがをさせたなどとして、警察が74歳の男性医師を書類送検したことが分かりました。

業務上過失傷害などの疑いで書類送検されたのは、戸田市で診療所「さかい皮膚科」を経営する坂井宏朗医師(74)です。

坂井医師は2015年12月、診療所(「さかい皮膚科」)でアルバイトの女性にレーザー脱毛を行わせ、客の男性の顔にやけどを負わせた疑いが持たれています。

坂井宏朗院長は、平成27年10月からおととし4月にかけて、看護師や准看護師の資格がないパート従業員に指示し、患者4人にレーザーを使った脱毛の施術を行わせていたとして、保健師助産師看護師法違反などの疑いが持たれています。

警察は、3年前、ひげの脱毛の施術を受けた男性から、顔にやけどをしたと相談を受けて捜査を進めていました。

捜査関係者によりますと、このクリニックでは、平成29年までの3年間におよそ900人に対して違法な施術が行われ、代金としておよそ940万円を得ていたということです。

現時点でわかっている坂井宏朗院長や、埼玉県戸田市にある「さかい皮膚科」の情報です。

坂井宏朗

職業 医師(皮膚科医)

年齢 74歳

「さかい皮膚科」(埼玉県戸田市下戸田1丁目7−16)を経営

医師1名 事務12名

診療科目 皮膚科、アレルギー科、レーザーしみ治療、ケミカルピーリング

皮膚科クリニックで無資格のバイトがレーザー脱毛?

埼玉県戸田市にある「さかい皮膚科」の坂井宏朗院長は2015~2017年、40代の女性ら4人の足や腕に脱毛施術をする際、無資格の女性職員らに計16回、レーザー機器を使わせたほか、2015年12月には無資格の職員による施術で40代の男性の顔にやけどを負わせた疑いがもたれています。

「さかい皮膚科」では2015~2017年に約900人にレーザー脱毛の施術をしていたということです。

厚生労働省によると、レーザー機器による脱毛は、医師か、医師の指示を受けた看護師ら資格者しかできません。

しかし、「さかい皮膚科」で施術した職員らは、こうした医師や看護師などの資格者ではなかったということです。

埼玉県戸田市にある「さかい皮膚科」の坂井宏朗院長は

「看護師を募集したが集まらず、レーザー脱毛は簡単なので誰にでもできると判断して行わせていた」

と供述しているということです。

坂井宏朗医師(戸田市さかい皮膚科院長)の経歴は?無資格でバイトがレーザー脱毛?まとめ

埼玉県戸田市の皮膚科クリニックの、「さかい皮膚科」の坂井宏朗院長が、看護師の資格がないパート従業員にレーザーを使った脱毛の施術を繰り返し行わせていたとして書類送検されました。

書類送検されたのは、「さかい皮膚科」の坂井宏朗院長とパートの女性従業員ら合わせて5人です。

警察は、3年前、ひげの脱毛の施術を受けた男性から、顔にやけどをしたと相談を受けて捜査を進めていました。

 「(夫には)醜い傷痕が残ってしまったんですけど、他人にけがをさせて後遺障害を負わせたのならば、真摯に素直に反省をしてほしい」と被害者の妻の方は語られています。

何の資格もないアルバイトががレーザー脱毛の施術とは・・

人手が足りなかったといえ、かなり危険ですね・・