久保健治(尼崎市少年サッカー監督)の顔画像は?応援の中学生を殴った理由はなぜ?

12日午前、兵庫県尼崎市の中学校で、少年サッカーチームの監督が男子中学生(3年生)の顔を殴り、鼻の骨を折るなどの重傷を負わせたとして逮捕されました。

傷害の疑いで逮捕された尼崎市の会社員・久保健治容疑者(52歳)は、12日午前10時15分ごろ、少年サッカーの大会が行われていた尼崎市内の中学校で、応援に来ていた別の学校の中学3年生の男子の顔を拳で殴ったなどの疑いが持たれています。

中学生は鼻の骨を折るなど、全治1か月の重傷です。

少年サッカーチームの監督が、応援に着ていた中学生を殴って・・しかも「重傷」を負わせています・・

久保健治容疑者はなぜ、応援に来ていた他校の中学生に重傷を負わせるほど殴ってしまったのでしょう・・

久保健治(少年サッカー監督)の顔画像は?

兵庫県尼崎市でサッカーの試合の応援に来た中学3年生の男子生徒を殴るなどしたとしてサッカーチームの監督を務める会社員の男が逮捕されました。

傷害の疑いで逮捕されたのは尼崎市の少年サッカーチームで監督を務める尼崎市の会社員久保健治容疑者(52)です。

氏名 久保健治

年齢 52歳

住所 尼崎市

職業 会社員  尼崎市の少年サッカーチームで監督を務める

久保容疑者は12日午前10時15分頃、尼崎市内の中学校で行われたサッカーの試合後、応援に来ていた中学3年生の男子生徒(14歳)に殴る蹴るの暴行を加え、鼻の骨を折るなどの重傷を負わせた疑いが持たれています。

試合後のミーティング中に中学3年生の男子生徒を殴が知り合いの選手に話しかけていたため、久保容疑者が注意をして口論になったということです。

警察の調べに対し久保容疑者は容疑を認めているということです。

尼崎市のサッカーチームで監督を務める尼崎市の会社員久保健治容疑者(52)の顔画像は現時点で報道などで公開はされていませんでした。

情報が入り次第追記します。

久保健治(少年サッカー監督)が応援に来た中学生を殴った理由はなぜ?

久保健治容疑者は12日午前10時15分頃、尼崎市内で開かれた少年サッカーの大会で、応援に来ていた中学3年の男子生徒(14)の顔を殴ったり蹴ったりした疑いがもたれています。

男子生徒は鼻の骨を折るなど重傷です。

久保容疑者は参加チームの監督で、試合に敗れた後に選手を集め「次がんばろう」と話をしていた時に、被害に遭った男子生徒がポケットに手を入れ、声をかけてきたということです。

久保容疑者は「生徒を注意したところ『はあ?』『何言うとんねん』と言われ、カッとなった」と容疑を認めているということです。

久保健治(少年サッカー監督)の顔画像は?応援に来た中学生を殴った理由はなぜ?まとめ

少年サッカーチームの監督・久保健治容疑者(52)は12日、兵庫県尼崎市で開かれた大会で応援に来ていた中学3年の男子生徒(14)の顔を殴ったり蹴ったりした疑いが持たれています。

男子生徒は鼻の骨を折るなど重傷です。

久保健治容疑者が監督を務めるチームが試合に敗れた後、久保容疑者が選手を集めて話をしていたところ、\

被害に遭った男子生徒がポケットに手を入れて声を掛けてきたため注意したところ、トラブルになったいうことです。

久保容疑者は「『はあ?』『何言うとんねん』と言われてカッとなった」と容疑を認めているということです。

試合後のミーティング中に無関係の他校の応援の生徒が話しかけてきた態度(ポケットに手を入れる、ミーティング中に話しかける)などを注意しようとして・・

生徒の対応に「キレて」しまったようです・・