服部葵の顔画像は?名探偵コナン80冊万引き?動機は付録狙い?鈴鹿市の書店の場所は?

スポンサードリンク







人気マンガ「名探偵コナン」の単行本80冊を万引きしたとして25歳の男が逮捕されました。

逮捕されたのは三重県鈴鹿市の無職・服部葵容疑者(26)です。

無職の服部葵容疑者・・

女性のようなお名前ですが、男性なんですね。

いくらコナンが好きだからって・・書店で「80冊」も万引きしたら・・捕まりますよね・・

26歳で無職ということですが、名探偵コナンが好きだからというだけでなく

「(コナンの単行本や付録を)売ってお金に換えようと思った」と供述しているようです。

お金に困っていたのでしょうか・・

服部葵の顔画像は?

人気マンガ「名探偵コナン」の単行本80冊を万引きしたとして25歳の男が逮捕されました。

逮捕されたのは三重県鈴鹿市の無職・服部葵容疑者(26)です。

服部葵容疑者の顔画像が気になりますが、まだ報道などで公開されていませんでしたのでわかり次第情報を更新します。

氏名 服部葵 (はっとり あおい?)

年齢 26歳

住所 三重県鈴鹿市

職業 無職

名探偵コナンw080冊も万引き?したの動機は付録(映画の公開記念ノート)目当てだった?

三重県鈴鹿市の無職・服部葵容疑者(26)は4月10日から13日までの間に、3回に分けて鈴鹿市内の書店から人気マンガの「名探偵コナン」の単行本80冊、販売価格あわせておよそ3万7000円を万引きした疑いが持たれています。

書店で客が不審な動きをしていた服部容疑者に気づき、店員が防犯カメラを確認したところ、単行本10冊から20冊をまとめてカバンに入れて立ち去る様子が映っていたということです。

服部容疑者は容疑を認め「名探偵コナンが好きだった。売ってお金に換えようと思った」と供述しています。

服部容疑者が万引きしたとみられる単行本には「名探偵コナン」の映画の公開記念として付録の小型ノートが付いていて、警察はこれを狙って販売目的で万引きしたとみて調べています。

『劇場版名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)』公開記念で、人気8キャラクターのパスポート風ノートが対象コミックスを買うともらえる!というキャンペーンを開催中だったみたいですね。

26歳無職の服部葵容疑者・・

一度に80冊ものコナンの単行本を万引きしたわけではなく3回に分けていたんですね・・・!

「10冊から20冊をまとめてカバンに入れる」って、書店員さんから見たら絶対に目立ちそうです・・

それでも初回で見つからなかった?ということなんでしょうか・・

服部葵が「名探偵コナン」の単行本80冊を万引きした鈴鹿市の書店の場所は?

三重県鈴鹿市の無職・服部葵容疑者(26)が「名探偵コナン」の単行本80冊を万引きした場所は

「鈴鹿市内の書店」

だということです。

「鈴鹿市の書店一覧 」で検索すると7件の書店の検索結果が出てきます。

中には大手のチェーンの書店もあるので、在庫が豊富なそういったお店で万引きしたのでしょうか・・?

服部葵が「名探偵コナン」の単行本80冊を万引きした鈴鹿市の書店の場所については、ニュースの映像などで特定でき次第情報を更新します。

服部葵の顔画像は?名探偵コナン80冊万引き?動機は付録狙い?鈴鹿市の書店の場所は?まとめ

三重県鈴鹿市の書店で、人気マンガの「名探偵コナン」の単行本80冊(約3万7000円相当)を万引きしたとして、

26歳の無職、鈴鹿市の服部葵容疑者が逮捕されました。

服部容疑者が万引きしたとみられる単行本には「名探偵コナン」の映画の公開記念として付録の小型ノートが付いていたことがわかっています。

服部容疑者は容疑を認め「名探偵コナンが好きだった。売ってお金に換えようと思った」と供述しています。

スポンサードリンク