飯塚幸三は事故後に新車購入を検討中?車種は何?免許は返納せず運転ミスも認めない?

スポンサードリンク







東京・池袋で車が暴走し母子2人が死亡した事故で、車を運転していた元通産省工業技術院の飯塚幸三元院長(87)がなんと・・

「池袋の暴走事故を起こしたあとに新車の購入」を検討していたとことが明らかになったようです・・

87歳の高齢ドライバーで、

もともと足が悪く「運転を控えるように」と言われていたともされている飯塚幸三元院長・・・

運転免許を返納する考えもないのだそうです・・

東京・池袋で旧通産省工業技術院の飯塚幸三元院長(87)の乗用車が暴走した事故では、

松永真菜(まな)さん(31)と長女莉子(りこ)ちゃん(3歳)なくなり、松永さんの会社員の夫(32)は今までに2度も会見を開いて

「少しでも運転に不安がある人は運転しないという選択肢を考えてほしい」と訴えていました・・

しかし・・飯塚幸三元院長は自分の運転ミスを認めないような供述もしているとのこと・・・

飯塚幸三は事故後に新車購入を検討?車種は何?

4月19日、東京・豊島区の交差点で、飯塚幸三元院長が運転する車が暴走し、自転車2台をはね、ゴミ収集車と衝突。

この事故で、松永真菜さん(31)と娘の莉子ちゃん(3)が亡くなり、10人が重軽傷を負いました。

飯塚元院長は事故後に足を悪くして通院していたが運転免許を返納する考えはなく、事故を起こした4月中に新車の購入を検討していたということがわかりました。

【事故を起こした4月中に新車の購入】って・・

事故を起こしたのが4月19日・・

当時飯塚幸三元院長が乗っていた車の車種は「プリウス」でしたが・・車は事故でおそらく廃車になったのだと思われます。

飯塚幸三元院長は「ブレーキをかけたが利かなかった。アクセルが戻らなかった」と事故は車の不良が原因だった?というような供述もしているので

プリウスやトヨタ車のことは信頼していないのかもしれませんね・・

他のメーカーの乗用車や、高級車といわれるような車を新車で買うことを検討していたのかもしれません・・

飯塚幸三は池袋暴走事故後も免許を返納する意志はない?運転のミスも否定?なぜ?

任意聴取では「ブレーキをかけたが利かなかった。アクセルが戻らなかった」とも説明している飯塚幸三元院長。

事故を起こしたことは認めましたが、運転ミスを否定しています。

また、飯塚元院長は足を悪くして通院していたものの現在退院、「運転免許を返納する考えはない」ということです・・

飯塚幸三元院長は事故から1ヶ月経った現在もなお

・運転免許は返納する考えはない

・プリウスで事故を起こし、4月中に新車の購入を検討していた

・自分の運転ミスが原因で起きた事故ではない

と・・今後も日常生活で車を運転する?と思われるような供述をしているそうです・・

池袋での暴走事故で車に不具合は見つからず 運転席のペダル周辺に障害物はなく、エアバッグも正常に作動していたということがわかっていますが・・

それでも「ブレーキをかけたが利かなかった。アクセルが戻らなかった」と説明しているという点にも不安を感じます・・

池袋で事故を起こした時には助手席には妻が乗っていて、日常生活での買い物などに車を使っていたようですが・・

「車がないと(買い物などに)不便」

「足が悪いから車がないと移動が大変」

というような理由で今後も新車を購入して運転を続けるつもりなのでしょうか?

飯塚幸三元院長の自宅マンションは「板橋区弥生町」ということで東京23区内にあり、

飯塚幸三元院長ほどの財力があれば、運転手を雇ったりすることもできそうなのに・・

飯塚幸三は事故後に新車購入を検討中?車種は何?免許は返納せず運転ミスも認めない?まとめ

東京・池袋で車が暴走し、母子2人が死亡した事故で、加害者である飯塚幸三元院長87歳がが、事故を起こした4月中に新車の購入を検討していたことが分かりました。

任意聴取では、事故を起こしたことは認めたが、運転ミスを否定していて「運転免許返納」の考えもないとのことです・・

松永さんの夫が、会見を開いて訴えた言葉を聞いていなかったのでしょうか・・?

松永真菜さんの夫は、飯塚元院長に「厳罰」に処してほしいとも言っていました・・

その言葉を聞いてもまだ、新車を購入し運転を続けるつもりなのでしょうか・・

スポンサードリンク