東京駅八重洲口に乗り上げたタクシーの運転手は誰?事故の原因は腹痛?ケガや現場は?

 26日午後9時25分ごろ、東京都千代田区丸の内の東京駅八重洲口の歩道に、60代の男性運転のタクシーが乗り上げ、40代の女性と接触する事故がありました。

女性は軽傷ということです。

タクシーを運転していた男性は事故当時、意識がなかったという情報もあり、警視庁が事故原因を調べています。

日曜日の夜という時間帯に、東京駅八重洲口で多くの人がタクシーを待つ列に突然タクシーが突っ込んできた・・

ということで現場は騒然となっていたようです。

タクシーを運転していた60代の男性・・なぜ事故を起こしてしまったのでしょうか?

東京駅八重洲口に乗り上げたタクシーの運転手は誰?

26日午後9時25分ごろ、、東京都千代田区のJR東京駅八重洲口のタクシー乗り場付近で、走行中のタクシーが歩道に乗り上げた事故、

タクシーは歩行者の40歳代女性をかすめて駅の壁面手前で停止。

タクシー待ちの列の最後尾にいたという女性は転倒しましたが、けがはない模様で、タクシーに乗客はいませんでした。

タクシーの60歳代の運転手は「腹痛で意識がもうろうとしていた」と話しており、丸の内署が事情を聞いているということです。

当時は女性のほかにもタクシー待ちの客がいて、女性は最後尾に立っていました。

タクシーは女性をかすめるように歩道に乗り上げ、すぐに停車したということです。

東京駅八重洲口に乗り上げたタクシーの運転手の方については、氏名は公表されいませんでした。

事故当時は意識がなかったとみられていてその理由は「腹痛」だったそうです・・

運転中に急激な痛みに襲われて意識がなくなってしまった・・ということなのでしょうか?

タクシーが補導に乗り上げた場所は東京駅のどの付近?

60代の男性運転のタクシーが乗り上げ、40代の女性と接触する事故があった場所は、JR東京駅・八重洲口のタクシー乗り場です。

事故当時、歩道にはタクシーを待つ人の列ができていて、列の最後尾にいた40代の女性がタクシーと接触し、軽傷を負いました。

乗客を乗せるためロータリーに入ってきたタクシーが、そのまま歩道に突っ込んだということで、目撃者の方は

「縁石を乗り越えて、手すりポールをなぎ飛ばして。外国人が並んでいたんですよ、その列に突っ込んでいって、悲鳴『あー』いうんで、それでドンという音」がした、と

事故当時の状況を証言されています。

東京駅八重洲口に乗り上げたタクシーの運転手は誰?事故の原因は腹痛?ケガや現場は?まとめ

26日午後9時25分ごろ、東京都千代田区丸の内の東京駅八重洲口の歩道に、60代の男性運転のタクシーが乗り上げ、40代の女性と接触しました。

女性は転倒したものの、ケガの程度は軽傷のようです。

男性は事故当時「腹痛で意識がもうろうとしていた」と話していて、意識のないままタクシー乗り場の歩道に乗り上げていってしまったようです・・

もしも、多くの人が待つ列にそのまま・・と考えるとかなり怖いですね・・