末広雅洋(ビーイング社長)の経歴や学歴!結婚した妻や家族(子供)は?愛車はベンツ?

スポンサードリンク







去年12月、三重県津市の国道でタクシーと乗用車が衝突し、乗客ら4人が死亡した事故で、津市の元会社社長の男が時速120キロを超える速度で乗用車を運転していたとして危険運転致死傷の疑いで逮捕されました。

 逮捕されたのは、三重県津市白山町二本木の元会社社長・末広雅洋容疑者(56)です。

津市白山町二本木、無職末広雅洋容疑者と報道されていますが、

末広雅洋容疑者は事件当時「ビーイング」というソフトウェア会社の社長でした。

どんな経歴を経て社長になっていたのでしょうか?

津市本町の国道23号線で法定速度60キロのところ時速140キロを超える速度でベンツを運転し、国道を横切ろうとしたタクシーに衝突したとされている末広元社長。

事故についてどのように供述しているのでしょうか?

スポンサードリンク







末広雅洋(ビーイング社長)の経歴や学歴は?

末広 雅洋(すえひろ・まさひろ)

住所 三重県津市白山町二本木

1962年(昭和37年)6月生まれ

年齢 56歳

1981年(昭56年)三重県立白山高校卒業 (偏差値37)

1988年ビーイング入社。

2003年取締役。

2011年3月ビーイング社長に就任。

三重県出身。

社長就任当時の年齢は48歳

末広雅洋(元ビーイング社長)の学歴は「三重県立白山高校卒業 」が最終学歴で大学には進学していないようです。

三重県立白山高校は「リアル・ルーキーズ」のキャッチフレーズで2018年夏に野球部が甲子園に出場した高校として有名ですね。

偏差値もあまり高くないため、「ルーキーズ過ぎる!」と話題になったようです・・

末広雅洋(元ビーイング社長)のは27歳の時にビーイングに入社する前は、違う職業(硝子屋さん)アパレル系(洋服屋)などに勤務していた経験があるということです。

株式会社ビーイング(英: Being Co., Ltd.)は、三重県津市に本社を置く建築・土木工事積算ソフトウェアなどを開発販売する企業。

なお音楽制作会社のビーイングや、リクルートの転職情報誌『B-ing』等とは何の関係もない。

2018年12月29日 – 代表取締役社長(当時)の末広雅洋が運転する乗用車が津市内の国道23号でタクシーと衝突する交通事故を起こし、タクシーの運転手と乗客計4名が死亡。

2019年1月6日 – 末広雅洋が「一身上の都合」により代表取締役社長を辞任。

末広雅洋(ビーイング社長)に結婚した妻や家族(子供)はいる?

ビーイング元社長の末広雅洋容疑者は2011年のインタビューで次のように語っています。

2011年3月、48歳でビーイング社長に就任

27歳の時にビーイングに入社

入社した当時のビーイングは自分を入れて6人だった

地元の中学、高校(白山高校)を出て硝子屋さんへ就職

アパレル系(洋服屋)などに勤務経験がある

アパレル関係の職業に就いていた時に前社長(津田能成社長)と知り合う

家内1人と娘21才、19才の2人で4人家族

家内は高校の同級生で看護師

とプライベートについても語っています。

ビーイング元社長の末広雅洋容疑者は結婚していて8年前の時点で21歳と19歳の娘さんもいたのですね・・

2人の娘さんは2019年時点では29歳、27歳前後とすでに20代後半・・

妻は白山高校の同級生だということです。

末広雅洋(ビーイング社長)は愛車のベンツで国道を140kmで走行?

ビーイング元社長の末広雅洋容疑者は昨年12月29日午後9時50分頃、

津市本町の国道23号で、制御が困難なスピードで乗用車を運転し、国道沿いの飲食店駐車場から反対車線へ出ようとしていたタクシーと衝突して運転手(当時44歳)と乗客3人を死亡させ、1人に重傷を負わせた疑いがもたれています。

現場の制限速度は時速60キロでしたが、末広容疑者の車は時速約140キロで走行していたことがわかっています。

末広容疑者は、事故を起こしたことを認めていますが、速度超過については「当時のことはよく分からない」と話しているということです。

付近を走っていた車のドライブレコーダーの映像を解析するなどし、末広容疑者が衝突を回避できないほどの猛スピードで運転していたと判断されています。

末広雅洋容疑者の愛車は「白いベンツ」だったそうです。

末広雅洋(ビーイング社長)の経歴や学歴は?結婚した妻や家族(子供)は?愛車はベンツ?まとめ

三重県津市で2018年12月、乗用車とタクシーが衝突し4人が死亡した事故で、警察は乗用車を運転していた男を危険運転致死傷の疑いで逮捕しました。

 逮捕されたのは津市白山町二本木の無職(元ソフトウェア会社社長)の末広雅洋容疑者(56)です。

警察によりますと末広容疑者は2018年12月29日、津市の国道で乗用車を高速で運転し、国道を横断しようとしたタクシーと衝突して乗客ら4人を死亡させたなどの疑いがもたれています。

現場は片側3車線の直線道路。

県警は周辺を走っていた車のドライブレコーダーの映像などから、乗用車(ベンツ)が事故の直前、法定速度(時速60キロ)を大幅に超える時速140キロ程度で走行していたとみています。

元ソフトウェア会社(ビーイング)社長の末広雅洋容疑者は事故を起こしたことは認めたものの「当時の速度についてはよくわかっていない」と供述しているということです。

スポンサードリンク