登戸通り魔事件の犯人(麻生区の51歳男)は誰?カリタス小児童をバス停で襲う?

スポンサードリンク







28日午前7時45分ごろ、川崎市多摩区登戸(のぼりと)新町の路上でスクールバスを待っていた私立カリタス小学生らに男が近づき、刃物で次々と刺すという事件がありました。

この事件では小学生16人と近くにいた成人2人の計18人が襲われ、小学6年生の女児と別の小学生の保護者とみられる30代男性の計2人が亡くなられています。

病院に搬送された40代女性1人、小学生女児2人の計3人が重傷を負っています1。

110番で駆けつけた神奈川県警の警察官が、刺したとみられる男を確保。

男は自分の首を刺しており、搬送先の病院で死亡が確認されました。

現場の状況から通り魔事件の可能性があり、県警は殺人の疑いで捜査しています。

通学時間帯に、川崎市多摩区登戸新町の路上でスクールバスを待っていた小学生や大人が男に次々と包丁で刺された事件・・

犯人の男はどんな人物なのでしょうか?

登戸通り魔事件の犯人(麻生区の51歳男)は誰?

28日午前7時45分ごろ、川崎市多摩区登戸新町の公園近くの路上で「複数人が刺された」と警察に通報がありました。

この事件で小学生16人と大人の男女2人の合わせて18人が男に次々と包丁で刺されて病院に運ばれ、このうち小学6年生の12歳の女の子と39歳の男性が死亡しました。

ほかの16人も重軽傷を負ったということです。

警察は現場付近にいた男の身柄を確保しましたが、男もみずから首を刺して意識不明の重体となり、その後、搬送先の病院で死亡しました。

警察官が現場東側の植え込みの横で体から血を流して倒れている男を発見。

男はスクールバスを待っていた小学生らに両手に包丁を持って近づき、次々と襲う様子が目撃されているということです。

男が倒れていた場所の近くに血が付着するなどした包丁2本が落ちており、県警は事件に関与したとみています。

男は川崎市麻生区に住む51歳の男とみられ、他にも2本の包丁を所持していました。

県警が身元や動機の解明を急いでいます。

現時点でわかっている死亡した犯人の男についての情報です。

氏名 不明

年齢 51歳

職業 不明

住所 川崎市麻生区(所持していた保険証から)

黒のTシャツに、黒のジーンズのような服装。

頭はスキンヘッド

がっちりした体系

麻生区の51歳男がカリタス小児童をバス停で襲う?

事件発生当時、付近にいた川崎市多摩区の会社員の方の話しよると、男は「ぶっ殺してやる」と叫び、包丁を振り回している状態だったのだそう・・

現場は騒然となり、「怖い」などという児童の悲鳴が響いていたということです・・

事件が起きたのは登戸駅から西におよそ200メートルほど離れた住宅街の一角で、登戸第一公園がある付近です。

この公園の近くには現場からおよそ1.3キロ離れた川崎市多摩区にあるカリタス小学校に到着する通学バスのバス停があり、事件が起きた時間は児童の登校時間帯だったということです。

麻生区に住む51歳の男は、なぜカリタス小学校の児童らを次々と刺したのでしょうか・・

男は付近で身柄を確保されましたが、自ら首を刺して搬送先の病院で死亡しており・・本人の口から動機が語られることはなくなってしまいました・・

「小学校1年生だけが乗る時間帯のバスであった。全員を乗り込ませようとしていた時に、男が乗ってきて児童に襲いかかった」

という保護者の方による目撃情報もあります。

被害に遭われたカリタス小学校のお子さんたちの中には6歳から7歳の1年生の女の子のお子さんが複数います・・

カリタス小学校の児童らを襲った麻生区の51歳の男は「頭はスキンヘッド、がっちりした体系」であるという目撃情報があります。

自分よりも弱い小学生を狙って襲ったということなのでしょうか・・

登戸通り魔事件の犯人(麻生区の51歳男)は誰?カリタス小児童をバス停で襲う?まとめ

28日午前7時45分ごろ、神奈川県川崎市の登戸駅付近で「路上の小学生が刺されました」「犯人の男は40代から50代くらいで坊主頭」などと通報がありました。

事件の現場では、大人と子ども合わせて18人が男に刃物で刺され、カリタス小学校6年生の女の子1人と39歳の男性(保護者と見られる方)の1人の合わせて2人が亡くなられました。

また、カリタス小学校の小学生の女の子2人を含む3人が重傷だということです。

刺した男は警察に身柄を確保されたが、自ら首を切っていて、その後、死亡が確認されました。

男は所持品(保険証)などから川崎市麻生区に住む51歳の男とみられています。

男の氏名、職業などは現時点では不明です。

新たな情報が入り次第更新します。

スポンサードリンク