91歳男性が孤独死の明石市の老人ホームはどこ?名前や場所は?職員や入居者は何人?

スポンサードリンク







兵庫県明石市の介護付き有料老人ホームの個室で暮らしていた90代男性が今月22日に死亡しているのが見つかり、死後十数日経過していたことが31日にわかりました。

施設には24時間スタッフが常駐していますが、気付いたときには死後約2週間が経過していたそうです・・

明石市が安否確認できていなかった経緯を調べているということですが・・

なぜ?!

90代の男性が亡くなっていることに10数日(2週間近くも?!)気づかなかったの?!

職員は一体何をしていたのでしょう?!

「兵庫県明石市の介護付き有料老人ホーム」の場所や名前は明らかになっているのでしょうか?

90代男性が孤独死の老人ホームはどこ?名前や場所は?

兵庫県明石市の介護付き有料老人ホーム「パーマリィ・イン明石」の個室で暮らしていた男性(91)が5月22日に死亡しているのが見つかり、死後十数日経過していたことが31日、わかりました。

22日、明石市の介護付き有料老人ホーム「パーマリィ・イン明石」で91歳の男性が自分の部屋で死亡しているのを職員が見つけました。

施設には24時間スタッフが常駐していますが、気付いたときには死後約2週間が経過していたそうですが、

91歳の男性は死後2週間ほど経っていて、腐敗も進んでいたということです。

明石市は施設職員が孤独死に気付かなかった経緯を調べています。

兵庫県明石市の介護付き有料老人ホーム「パーマリィ・イン明石」や明石市によると、防犯カメラ映像から、男性は9日に買い物に出掛けた後は外出していませんでした。

22日午前、男性が2階にある部屋から出てこないことに事務職員が気付き、室内を確認して倒れているのを見つけています。

医師の検案では死因不明だったが、10日ごろに死亡したということです・・

90代男性が孤独死の老人ホームは・・

「兵庫県明石市の介護付き有料老人ホーム「パーマリィ・イン明石」であると明らかになっています。

住所は  兵庫県明石市大久保町八木486 です。

「パーマリィ・イン明石」の公式サイトをみてみると・・

「明石・須磨・新神戸・緑地公園の阪神間4ケ所で介護付有料老人ホームを運営するパーマリィ・グループ。

「アットホームな手づくり介護」をモットーに、高齢者介護の専門企業として介護サービスを提供しております。」

とあるのですが・・

なぜ入居している男性が亡くなってから2週間近くも気づかなかったのでしょう?!

「パーマリィ・イン明石」は入居一時金が2000万!!という高級老人ホームのようですが・・

老人ホーム居室で90代男性「孤独死」 死亡2週間後に発見?なぜ?職員や入居者の人数は?

兵庫県明石市の介護付き有料老人ホーム「パーマリィ・イン明石の居室で、入居者の90代男性が死亡から約2週間後に発見されたことが市などへの取材で明らかになった。

男性は体調不良を訴えていたが、施設側は居室訪問などをしていなかった。

市は「孤独死」の経緯や発見が遅れた理由などを詳しく調べる。

市やホームの運営会社によると、今月22日午前、男性が個室で倒れているのを職員が発見した。

医師の検案で今月10日ごろに亡くなったと推定されたという。

 男性は妻と約20年前にホームに入居。

妻が約10年前に亡くなった後は、1人で暮らしていた。

ホームにはヘルパーやスタッフが常駐するが、男性は介護の必要がない「自立」で、介護保険サービスを使っていなかった。

施設のレストランではなく、自らの部屋で調理して食事を取り、室内の清掃サービス(週1回)も受けていなかったという。

 一方、男性は今月4日、面会した家族に体調不良を訴え、施設側も把握していた。

ただ、数日後に男性が施設のロビーにいるのを職員が見かけたため、定期的に部屋を訪れるなどの対応はとっていなかったという。

市は家族から連絡を受けて、施設から事情を聴取。

ホームの運営体制やマニュアルに問題がなかったかを調べている。

施設の担当者は「すぐに発見できず反省している。ご家族に申し訳ない」とコメントした。

 施設によると、ホームの入居一時金は約2000万円。

入居者は約100人で、うち介護が必要な人は約70人という。スタッフは清掃や調理を除いて約60人。

出典 毎日新聞

「パーマリィ・イン明石」の個室で暮らしていた男性(91)が5月22日に死亡しているのが見つかり、死後十数日経過していた・・

一体職員は何をしていたのだろうか・・と思ってしまいましたが・・

91歳の男性は、介護の必要がない「自立」できている状態で老人ホームに入居していたため、職員の方も定期的に部屋を訪れたりはしなかったようですね・・

亡くなった91歳男性は介護の必要がない「自立」で、介護保険サービスを使っていなかった。

施設のレストランではなく、自らの部屋で調理して食事を取り、室内の清掃サービス(週1回)も受けていなかった。

(職員が)定期的に部屋を訪れるなどの対応はとっていなかった。

ということなんですが・・

それにしても・・10日も2週間近くも全く姿を見なかったら少しは「あれ・・◎◎さん最近見かけないけど大丈夫かな?」と思わないんでしょうか・・

91歳男性が孤独死の明石市の老人ホームはどこ?名前や場所は?職員や入居者は何人?まとめ

兵庫県明石市の介護付き有料老人ホーム「パーマリィ・イン明石」で今月、90代の入居男性が死亡し、10日以上たって見つかっていたことがわかりました。

「パーマリィ・イン明石」側は男性の家族から見守りを求められていたといい、市は経緯を調査しています。

明石市や「パーマリィ・イン明石」によると、施設には24時間スタッフが常駐し、介護や清掃などのサービスが受けられるということです。

しかし、男性は介護の必要がないため利用せず、食事も自分で作るなど自立生活をしていたということです。

家族が今月上旬、男性から体調不良と聞かされたため、様子を見てほしいと「パーマリィ・イン明石」に依頼。

しかし、「パーマリィ・イン明石」側は居室を小まめに訪問するなどの対応を取っていなかったとみられています。

「入居者は約100人で、うち介護が必要な人は約70人という。スタッフは清掃や調理を除いて約60人。」という老人ホーム、パーマリィ・イン明石・・

なぜ・・誰も・・2週間近くも91歳の入居者の方が亡くなっているのに気づかなかったのか・・

「パーマリィ・イン明石」の運営体制やマニュアルに問題がなかったかを調べているということです・・

スポンサードリンク