幸田領平の顔画像は?兄の正伍さん(材木会社カクマル社長)刺し東南アジアへ出国?

東京都江東区のビルで3月、材木会社社長(35)が腹などを刺され重傷を負った事件で、警視庁深川署は1日までに、殺人未遂容疑で弟の幸田領平容疑者(32)=同区豊洲=を逮捕しました。

幸田領平容疑者は。調べに対し、「殺そうという気持ちはありませんでした」と殺意を否認しているということです。

幸田領平容疑者は3月5日午後6時半~6時40分ごろ、江東区東陽のビル内で、あ社長の腹などを持参した果物ナイフで複数回刺し、重傷を負わせた疑いがもたれています。

幸田領平容疑者は兄の会社で働いており、

「雇用関係でトラブルがあり、給与の支払いでもめていた」

と供述。

事件翌日に東南アジアに出国し、5月31日に帰国したところを逮捕されたということです・・

社長の兄を刺し東南アジアへ逃走していたと見られる幸田領平容疑者・・・

材木会社社長の兄は、幸田正伍さんというお名前で株式会社カクマルという、木材系建材製造業界の会社を経営していたようです。

兄弟の間にどんなトラブルがあったのでしょう・・

 

社長の兄刺し東南アジアへ逃走…帰国の弟、容疑で逮捕 事件の概要は?

材木会社社長の兄(35)をナイフで刺して殺害しようとしたとして、警視庁深川署は、殺人未遂の疑いで、江東区豊洲の無職、幸田領平容疑者(32)を逮捕した。

警視庁深川署によると、幸田容疑者は兄の会社で勤務していたが、給与をめぐりトラブルになっていたという。

「刺したことは間違いないが、殺そうという気持ちはなかった」と供述している。

逮捕容疑は3月5日、東京都江東区東陽のビル内で、兄の腹部や背中など十数カ所を果物ナイフで刺し、殺害しようとしたとしている。

男性は重傷を負い、現在も治療中。

警視庁深川署によると、幸田容疑者は兄を刺した翌日に東南アジアへ出国。

5月1日に帰国したため逮捕した。

出典 産経新聞

幸田領平の顔画像や職業、年齢は?

東京都江東区のビルで3月、材木会社社長(35)が腹などを刺され重傷を負った事件で、警視庁深川署は1日までに、殺人未遂容疑で弟の幸田領平容疑者(32)=江東区豊洲=を逮捕しました。

幸田領平容疑者については、逮捕時の映像などで顔画像がわかり次第情報を更新します。

氏名 幸田領平

年齢 32歳

住所 東京都江東区豊洲

職業 無職 (兄の会社で勤務していたが、給与をめぐりトラブルになっていた)

幸田領平は材木会社(カクマル)社長の兄(正伍さん)刺し東南アジアへ出国?

幸田容疑者は兄を刺した翌日に東南アジアへ出国。

5月31日に帰国したため逮捕されています。

事件があったのは、江東区東陽7丁目のビル内。

「東京都江東区東陽7丁目1−10」にあるビルの中に、幸田領平容疑者兄の経営していた材木会社、(株)カクマルが入っています。

1階には「ローソン 東陽7丁目店」があります。

「東京都江東区東陽7丁目1−10」の(株)カクマルについて調べてみると、代表者に「幸田正伍」とありました。

幸田正伍さんが、幸田領平容疑者の兄で材木会社経営の社長(35歳)であるようです。

株)カクマル

代表者 幸田正伍

住所〒135-0016 東京都江東区東陽7-1-10

取扱品目 米加・原木製品・北欧北洋材・中国挽製品

出典 組合員一覧|東京木材問屋協同組合

幸田領平の顔画像は?兄の正伍さん(材木会社カクマル社長)刺し東南アジアへ出国?まとめ

社長の兄を刺し、東南アジアへ逃走していた弟が帰国、警視庁に逮捕されました。

逮捕されたのは、江東区豊洲の無職、幸田領平容疑者(32)です。

幸田容疑者は兄の会社で勤務していたが、給与をめぐりトラブルになっていたのだそう。

「刺したことは間違いないが、殺そうという気持ちはなかった」と供述しているということです。