清武忠弘(甘木朝倉消防本部消防士)の顔画像や車種はポルシェ?基準値の7倍で飲酒運転?

1日午前、筑紫野市で酒を飲んだ状態で車を運転したとして、甘木・朝倉消防本部の消防士、清武忠弘(きよたけ ただひろ)容疑者、56歳が酒気帯び運転の疑いで逮捕されました。

甘木・朝倉消防本部の消防士、清武忠弘容疑者は1日午前8時50分ごろ、筑紫野市古賀の県道で酒を飲んだ状態で運転したとして酒気帯び運転の疑いが持たれています。

清武忠弘容疑者は1県道のカーブを曲がりきれず直進して道路脇のバス停をなぎ倒したあと、前方に停車していた車に衝突する事故を起こしたため警察が調べたところ、呼気から基準値の7倍近いアルコールが検出されたということです。

警察の調べに対し、「前日31日の夜9時ごろまで酒を飲んでいたが、アルコールは抜けたはずだ」などと供述し、容疑を否認しているということです。

現役の消防士が・・「前日の午後9時まで焼酎やビールを6杯ほど飲んで」飲酒運転・・

でも当時は「アルコールは抜けていたはず」と話しているんですね・・

甘木・朝倉消防本部の消防士、清武忠弘容疑者が運転していた黒い車についても気になりました。

飲酒運転で駐車中の車に突っ込む 消防士を逮捕 「飲酒運転をしたつもりはない」 事件の経緯は?

福岡県筑紫野市で、飲酒運転で衝突事故を起こした消防士の男が、現行犯逮捕されました。

酒気帯び運転の現行犯で逮捕されたのは、甘木朝倉消防本部の消防士で課長補佐の、清武忠弘容疑者(56)です。

清武容疑者は1日午前9時前、筑紫野市古賀の県道で、カーブを曲がりきれずに住宅の駐車場に止めてあった無人の車に衝突しました。

警察が清武容疑者を調べたところ、呼気から基準値の6倍を超えるアルコールを検出し、酒気帯び運転の現行犯で逮捕しました。

調べに対し清武容疑者は「31日午後9時ごろまで飲んでいた」と話す一方、

「飲酒運転をしたつもりはない」と、容疑を否認しているということです。

出典  テレビ西日本

清武忠弘(甘木朝倉消防本部消防士)の顔画像や車種は?

酒気帯び運転の現行犯で逮捕されたのは、甘木朝倉消防本部の消防士で課長補佐の、清武忠弘容疑者(56)です。

氏名 清武忠弘 (きよたけ ただひろ)

年齢 56歳

住所 不明 (甘木朝倉消防本部管内?)

職業 甘木朝倉消防本部の消防士 課長補佐

清武忠弘容疑者の顔画像については逮捕時の映像などでわかり次第更新します。

清武忠弘容疑者は黒い乗用車に乗っていました・・

車種は「ポルシェ」のように見えますが・・

清武忠弘容疑者が乗っていた黒い乗用車の車種が特定でき次第追記します。

清武忠弘(甘木朝倉消防本部消防士)から基準値の7倍を超えるアルコールが検出される

甘木・朝倉消防本部の消防士清武忠弘容疑者(56)は午前10時50分ごろ、筑紫野市の県道で酒を飲んで普通乗用車を運転した疑いがもたれています。

清武容疑者が運転する車がバス停にぶつかったあと、近くの住宅に停められていた車に衝突する事故を起こし、駆けつけた警察官が調べたところ基準値の7倍を超えるアルコールが検出されたということです。

この事故によるけが人はいませんでした。

警察の調べに対し、前日の午後9時まで焼酎やビールを6杯ほど飲んでいたと話していますが「飲酒運転をしたつもりはない」と容疑を否認しています。

清武忠弘(甘木朝倉消防本部消防士)の顔画像や車種はポルシェ?基準値の7倍で飲酒運転?まとめ

1日午前8時50分ごろ、筑紫野市古賀の県道で乗用車がバス停をなぎ倒した後、近くの民家の駐車場に突っ込み、とめてあった車2台が壊れました。

事故当時、バス停や民家の駐車場には人はおらず、ケガ人はいませんでした。

車を運転していた男の呼気から基準値の6倍を超えるアルコールが検出され、警察は甘木・朝倉消防本部の課長補佐、清武忠弘容疑者(56)を逮捕しています。

清武容疑者は「飲酒運転をしたつもりはない」と容疑を否認しています。

甘木・朝倉消防本部は「事実関係を確認の上、厳正に対処したい」としています。