熊沢英昭元事務次官がコミケで売り子をした?息子(英一郎さん)のイラストを販売?

 6月1日、東京都練馬区早宮4丁目の自宅で「息子を刺した」と自ら110番して逮捕された元農林水産事務次官、熊沢英昭容疑者(76)。

死亡した長男・英一郎さん(44、無職)は、ひきこもり傾向があったことや、ツイッターに膨大な投稿をしていたことが連日報道されています。

十数年前に1度家を出て1人暮らしをしていたという英一郎さは現在は無職で、ほぼ引きこもり状態だったということですが・・

英一郎さんのSNSによれば、人気の「ドラクエ10」というオンラインゲームが趣味だったようで、ドラクエ10界隈では有名だったのだそう・・

そんな英一郎さん、過去にはコミケ(コミックマーケット)で父親の元農林水産事務次官、熊沢英昭容疑者に「売り子」をさせ、

自身のイラストを販売していた?とTBSのビビッドなどが伝えています。

熊沢英昭元事務次官がコミケで売り子をした?

元農林水産省事務次官の熊沢英昭容疑者(76)に刺されて死亡した長男、熊澤英一郎さん(44)

同姓同名を名乗るアカウントがインターネット上に存在し、盛んに更新もされていたことから、人物像をめぐる憶測が飛び交っています・・

同姓同名を名乗るツイッターアカウントには

「もし、私が父親を通じて、役所を動かしたら(中略)ドラクエ10のサービスを強制終了される可能性もあります」

「庶民が、私の父と直接会話なんて、1億年早いわヴォケ!!!! w 立場を弁えろ!! ! 私は、お前ら庶民とは、生まれた時から人生が違うのさw」

「私のやらかしの後始末は父親がしてくれます…」

「元事務次官の愚息であります」

など「父」に関する書き込みが多数・・

そして・・亡くなった英一郎さんは、

「ドラクエ10ステラ神DQX(熊澤英一郎)」という実名入りアカウントで2011年7月から3万6840件ものツイートをしていたことなどがわかっています。

そんな中、TBSのビビットが

「農水省元次官事件の被害者(熊澤英一郎さん)はコミケ(コミックマーケット)に参加していた

熊澤英一郎さんは、イラストをコミケで売っていた・・

そしてそのコミケで「売り子」をしていたのが・・元農林水産事務次官、熊沢英昭容疑者だと報道・・

また、漫画家などとして活動する能町峰子みね子さんは

練馬の事件、本人のミクシィがあるし、マイミクの人が「過去にコミケに出てて、そのときに売り子をしてた人を『お父さん』と紹介されたことがある」と書いてる・・と。

中学校時代から家庭内暴力があったという元農林水産事務次官、熊沢英昭容疑者の長男、英一郎さん・・

コミケに自分の父親、しかも「元農林水産事務次官」という国家レベルの超エリートなお父さんと共に参加し、元農林水産事務次官が「コミケの売り子」をしていたということが衝撃的すぎます・・

熊沢英昭元事務次官がコミケで英一郎さんのイラストを販売?

熊沢英昭元事務次官は、コミケで息子の英一郎さんが書いたイラストを販売していたようです・・

その時の熊沢事務次官と英一郎さん親子の様子は・・

会話がなく黙ったままだったということですが・・

英一郎さんがコミケで買い物をしている時、熊沢英昭元事務次官がお店番をして、

親子で英一郎さんの書いたイラストを販売していたようですね・・

熊沢英昭元事務次官がコミケで売り子をした?息子(英一郎さん)のイラストを販売?まとめ

亡くなった息子、英一郎さんのSNS投稿に見える“いびつな親子”関係が伝えられている熊沢英昭元事務官の事件・・

元事務官というトップエリートが・・コミケで息子さんの書いたイラストの「売り子」をしていたという衝撃的な情報をTBSのビビットなどが伝えています。

中学生時代から家庭内暴力があったとされている熊沢英一郎さん・・

当時から父親や母親は暴力で支配されていた・・ということなのでしょうか・・