余根田渉(向日市地域福祉課職員)の顔画像や年収は?ケースワーカーで生活保護を扱う?

スポンサードリンク







京都府警向日町署は12日、京都府向日市のアパート駐車場に女性の遺体を捨てたとして死体遺棄の疑いで、アパートの住人で職業不詳橋本貴彦容疑者(55)と、向日市地域福祉課主査の余根田渉容疑者(29)を逮捕しました。

2人は11日午前11時20分ごろ、向日市上植野町藪ノ下のアパートの駐車場に、女性の遺体を遺棄した疑いがもたれています。

橋本容疑者は生活保護を受給し、余根田容疑者が担当のケースワーカーということです。

遺体は成人とみられ、全身が白い粘着テープで巻かれ、腐敗が進んでいました。

2人は「女性の死体を運び出して駐車場に遺棄したことは間違いない」と容疑を認めています。

京都府日向市の職員が逮捕されるという・・かなりショッキングな事件ですね。

しかも、

「橋本容疑者は生活保護を受給していて、余根田容疑者は橋本容疑者を担当するケースワーカー」なんだそうです・・

ケースワーカーと生活保護の受給者がなぜ・・

女性の遺体を遺棄するようなことをしてしまったんでしょうか?

スポンサードリンク







京都・向日市のアパート駐車場に女性遺体  駐車場で 市職員ら2人逮捕 事件の概要は?

11日午前11時ごろ、京都府向日市上植野町薮ノ下のアパート「寿荘」で、近隣住民から「2階の部屋で異臭がする」と110番があった。

京都府警向日町署員が駆け付けたところ、アパート駐車場で成人とみられる女性の遺体が見つかった。

遺体は腐敗が進み、全身に白い粘着テープが巻かれていた。向日町署は12日未明、死体遺棄の疑いで、

現場近くにいたアパート住人の職業不詳橋本貴彦容疑者(55)と

向日市役所地域福祉課主査の男(29)=京都市西京区川島野田町=の2人を逮捕した。

 向日町署によると、いずれも容疑を認め、「2人で一緒に遺体を部屋から駐車場に運んだ」などと供述しているという。同署は女性の身元の特定を急ぐとともに、12日に遺体を司法解剖して死因を調べる。

 逮捕容疑は共謀し、11日午前11時20分ごろ、同アパート駐車場に女性の遺体を遺棄した疑い。

 向日町署の説明では、通報を受けた署員がアパートを訪れ、部屋の中を確認しようとしたが、施錠されていて立ち入れなかった。

このため現場をいったん離れ、大家に立ち会いを求めた上で再びアパートを訪問したところ、駐車場で女性の遺体を見つけた。

1度目の来訪時、この場所に遺体はなかったという。署員が近くにいた両容疑者に事情を尋ねると、2人は「関係ない」と話したという。

 地域福祉課主査の男は生活保護を取り扱う部署に在籍するケースワーカーで、受給者のアパート住人の男を担当していたという。

 アパート関係者によると、アパート住人の男は1階の居室で生活。今月上旬、2階の部屋も借りたいと申し出があり、賃貸契約を結んだという。

向日町署は、現場の状況などから、両容疑者がこの部屋から遺体を運び出したとみている。

出典 京都新聞

現場となったアパート、京都府向日市上植野町薮ノ下の「寿荘」は

阪急西向日駅から南に600メートル余り離れた住宅地です。

余根田渉(向日市地域福祉課職員)の顔画像や年収は?

 11日、京都府向日市で全身に粘着テープのようなものが巻かれた女性の遺体が見つかり、警察は男2人を逮捕しました。

 死体遺棄の疑いで逮捕されたのは無職の橋本貴彦容疑者(55)と向日市の職員・余根田渉容疑者(29)です。

氏名 余根田渉

職業 京都府向日市地域福祉課主査(日向市職員)

年齢 29歳

住所 京都市西京区川島野田町

向日市の職員・余根田渉容疑者の顔画像などについては逮捕時の映像でわかり次第更新します。

余根田渉容疑者は日向市の職員で、現在は「 京都府向日市地域福祉課主査 」だということです。

橋本容疑者は生活保護を受給していて、向日市で橋本容疑者の生活保護に関して担当していたケースワーカーが余根田容疑者だということです。

市役所職員の平均給料・給与 41万円

市役所職員の平均年収 502万円~661万円

20代の給料:28万円

余根田渉容疑者は現在29歳、

大学、大学院卒業後に入庁だとすると、現在勤続5〜7年目あたりでしょうか・・

まだ20代ということもあり、年収は400万円前後ではないかと思われます。

市役所などの公共機関は、それぞれが独自の階級(役職)を設けていることから、上の「主事・主任・主査・主幹・主務」の全部がそろっている役所は少ないかもしれません。

しかし、主事や主任という役職はほぼどこの公共機関でもみられる役職です。

主事・主任・主査・主幹・主務の5つの役職の上下関係はおおむね下の図のとおりとなっています。

公共機関の役職

主事 < 主任 < 主査 < 主幹 < 主務

主査(しゅさ)は、中央省庁・地方公共団体や各種の公的な機関、民間企業などの組織における職名の一つです。中央省庁では、一般に主査は係長級の職名として使用されていることが多いです。

地方公共団体では、おおむね係長級のスタッフ職の職名として一般的に使用されていますが、課長補佐級である場合(多くの地方公共団体では主幹とよんでいる職に相当する)や係長級より下層に位置づけられる職名である場合もあります。

出典  主事・主任・主査・主幹・主務・専門幹の役職はどちらが上?役割(職務)を解説します。 不動産実務TIPS

余根田渉(向日市地域福祉課職員)の顔画像や年収は?ケースワーカーで生活保護を扱う?まとめ

11日午111時すぎ、京都府向日市上植野町藪ノ下のアパートで「2階の部屋から異臭がする」と近隣住民から警察に通報があり、警察官が駆けつけたところ、アパートの駐車場で、全身を白いビニールテープで巻かれた女性の遺体を発見しました。

 警察は、この遺体を遺棄したとして、同じアパートの1階に住む職業不詳の橋本貴彦容疑者(55)と向日市役所地域福祉課の余根田渉容疑者(29)の2人を逮捕しました。

橋本容疑者は生活保護を受給していて、余根田容疑者は橋本容疑者を担当するケースワーカーだということです。

スポンサードリンク