加藤紘貴は山形大医学部でなく人文学部4年?矢口智恵美さんとの関係や強い殺意の理由は?

スポンサードリンク







山形県東根市さくらんぼ駅前3丁目のマンションで住人の眼科医矢口智恵美さん(50)が殺害されているのが見つかった事件で、村山署捜査本部は12日、殺人と住居侵入の疑いで、山形市東原町1丁目、山形大4年加藤紘貴容疑者(23)を逮捕しました。

山形大4年加藤紘貴容疑者は5月19日早朝、矢口さん宅に侵入し、矢口さんの頭を鈍器で殴り、殺害した疑いがもたれています。

県警によると、矢口さんの死因は頭を強打されたことによる頭蓋内損傷。

頭の骨が陥没するほど何度も殴打されていたことから、県警は容疑者が強い殺意を持って矢口さんを襲ったとみて調べていました。

室内からは血の付いたゴルフクラブのパターも見つかっており、凶器となった可能性があるということです・・

隣の村山市にある眼科クリニックの院長で医師の矢口智恵美さん(50)と・・

逮捕された山形大4年加藤紘貴容疑者(23)は、親子のような年齢差があります・・

でも「早朝に家に入れていた」ということは・・

矢口智恵美さんは自宅に加藤紘貴容疑者に心を許していた、ということなのでしょうか・・

山形大学には医学部もあるため、逮捕された加藤紘貴容疑者と眼科医でクリニック院長の矢口智恵美さんとの接点は「医療関係」なのかな、と思いましたが・・

加藤紘貴容疑者は山形大学の人文社会学部の学生のようです。

なぜ、27歳も年が離れている医師の矢口智恵美さんに「強い殺意」を抱いていたのでしょうか・・

加藤紘貴は山形大医学部でなく人文社会学部4年?

山形県東根市のマンションで眼科医矢口智恵美さん(50)が殺害された事件で、県警村山署捜査本部は12日、殺人と住居侵入容疑で山形大生の加藤紘貴容疑者(23)=山形市東原町1丁目=を逮捕しました。

山形市東原町1丁目から、山形大学の人文社会学部のキャンパスまでは徒歩圏内(歩いて3〜4分ほど)です。

山形大生の加藤紘貴容疑者は、山形大学進学のために近くで1人暮らしをしていたかもしれませんね。

山形が地元ではなく、出身地や出身高校は他県や東北地方以外の可能性も考えられると思います。

加藤紘貴容疑者は5月19日早朝、東根市さくらんぼ駅前にある矢口さんの自宅マンションに侵入し、頭などを何らかの鈍器で多数回殴り、殺害した疑いがもたれています。

山形大生の加藤紘貴容疑者の自宅、山形市東原町1丁目から・・

東根市さくらんぼ駅前にある矢口さんの自宅マンションまでの距離は・・

約22km、電車や車で30分ほどです。

山形大学の学生で、山形市東原町1丁目に住む加藤紘貴容疑者は23歳、

23歳という年齢は、4年制大学をストレートで入学している場合ならすでに卒業している年齢です。

ただ、医学部の場合は6年なので23歳でもまだ大学生ですね。

山形大学には、医学部や医学部付属病院もあるため、医学部の学生で医師(眼科医矢口智恵美さん)と知り合ったのかと思いましたが・・

山形大学によると、加藤容疑者は人文社会学部4年生だということです。

23歳という年齢なので1年か2年浪人か留年、休学などをしていたのかもしれないですね・・・

加藤紘貴(山形大人文社会学部4年)と矢口智恵美さんとの関係や強い殺意の理由は?

山形県東根市のマンションで眼科医の矢口智恵美さん(50)を殺害したとして、山形県警は12日、山形市東原町1丁目の山形大生、加藤紘貴容疑者(23)を殺人と住居侵入の疑いで逮捕し、発表しました。

加藤容疑者は5月19日早朝、東根市さくらんぼ駅前3丁目のマンション2階の矢口さん方に侵入し、矢口さんの頭などを鈍器で繰り返し殴って殺害した疑いがもたれています。

現場は、山形新幹線の停車駅でもあるJR奥羽線のさくらんぼ東根駅の東約300mです。

19日午後5時50分ごろ、矢口さんと事前に約束があって訪ねた福島県に住む40代の弟が、居間で頭から血を流して倒れている矢口さんを発見し、110番通報して発覚。

その後の司法解剖の結果、矢口さんの死因は頭部を強く殴られたことによる頭蓋(ずがい)内損傷だったことが判明しています。

室内からは、血の付いたゴルフクラブのパターが見つかったほか、付近の防犯カメラには、矢口さんの死亡推定時刻の19日早朝にマンションに出入りする人物が映っていました。

 【矢口さんの死因は頭部を強く殴られたことによる頭蓋(ずがい)内損傷】

【場からは凶器とみられるゴルフのパターが見つかっていた】

ということなどから、逮捕された山形大生、加藤紘貴容疑者はかなり強い殺意を持っていたのではないかと思われます。

警察は12日午後1時半から記者会見を開くことにしていますので、逮捕された山形大生、加藤紘貴容疑者と

村山市にある眼科クリニックの院長で医師の矢口智恵美さん(50)との関係、なぜ強い殺意を抱いたのかなど事件の真相が明らかになっていくかもしれません。

山形大学の人文学部4年生の容疑者と亡くなった50代の女性医師・・

どこに接点があったのでしょうか・・

2人の関係などについてはわかり次第追記します。

加藤紘貴は山形大医学部でなく人文社会学部4年?矢口智恵美さんとの関係や強い殺意の理由は?まとめ

山形県東根市のマンションで女性の医師が殺害された事件で、警察は、山形大学の学生の男を殺人などの疑いで逮捕しました。

先月19日、山形県東根市のマンションの部屋で、隣の村山市にある眼科クリニックの院長で医師の矢口智恵美さん(50)が殺害されているのが見つかりました。

頭を何度も激しく殴られ、骨は陥没していて、警察は強い殺意があったとみて、付近の防犯カメラの映像を解析するなどして捜査してきました。

その結果、山形大学の学生で、山形市東原町に住む加藤紘貴容疑者(23)が事件に関わった疑いがあるとして取り調べ、殺人と住居侵入の疑いで逮捕しました。

加藤紘貴容疑者は、山形大学4年生で人文社会学部の学生だということです。

スポンサードリンク